« モモンガが飛び交う道 | トップページ | 泥の川を眺めながら »

2008年8月15日 (金)

Fアップにはペダル踏み込み

Cimg7133午後から雷雨。おかげで暑さが和らいだが電車が止まったほどだからひど過ぎるのも困る。でも夕刻には雨も上がり練習には支障なし。

あれ〜世はお盆真っただ中だよ〜。。。ガハクには関係なし!!!(キッパリ)。

フロントアップ後ろ跳び。
2回まではちょくちょく跳べるようになった。キーは、前足プッシュだった。

今までFアップした瞬間に前ペダルが上に上がってしまったのは、後方移動を後ろ足(後ろペダル)中心にしていたからだ。前後輪をブレーキロックしていても、後ろペダルに力をかければペダルが逆に回ってしまう。

この悪いクセを直そうと考えて、ジャックナイフ時から前足ペダルの踏み込みを意識。Fアップにも前ペダルを踏む力を意識。すると、踏んばっていた方がFが上がっている時のバイクコントロールがし易いのが分かった。

新発見でした
今までFを上げるのに拔重するもの、と思い込んでいた。確かに拔重するには違いないが、ペダルの踏み込みとは実は矛盾しない、ということが初めて体感できた。

今までペダルをしっかり踏んでいなかったから、バイクコントロールがアバウトになって出たとこ勝負状態だったということも理解できた。しっかり踏んでると後ろへジャンプのタメもできる。ジャンプは今んとこ2回までだけども。

バニホのFアップでも同じだと思って意識してみたが、???だった。この技は複雑過ぎるのか?
ウィリーでは。。。こっちも???(画)

|

« モモンガが飛び交う道 | トップページ | 泥の川を眺めながら »

mtbダニエルへの道0」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モモンガが飛び交う道 | トップページ | 泥の川を眺めながら »