« 縄文時代の地面に立つ | トップページ | バックダニエル3回跳び、できた! »

2008年9月12日 (金)

漕ぎ上げダニエルに挑戦

頂いたアドバイスに従って『漕ぎ上げダニエル』の練習を始めた。

体重移動でしか今までやって来なかったので、ブレーキ解除とペダルを漕ぐタイミングが合わない。それでブレーキなしの漕ぎ上げをしばらくやって、再度トライ。

何度かやっているうちに何となく掴めて来た。漕いでフロントが上がる、その高さがちょうど良いところになったらリアをブレーキロックしてV字バランスをとれば良い。要するにフロントタイヤの高さを変えないようにしてバランスがとれれば良いじゃん。これなら何とかできそう、と満足して帰宅。

Cimg7669しかしどうやらこの方法ではダメらしい。このサイトで見せてもらった。
漕ぎ上げてリアをホップさせ、着地の瞬間にV字バランス。それでないと次のリアホップの段階に進む体勢をとれないということだ。

そう言えばフロントアップの瞬間に意識的に前に腰を出すとリアがホップしていたなあ、と思い出した。あの方が良いのか、、、。また練習しなきゃ

さらに、今まで練習していたフロントアップから後ろ跳びの連続を『バックダニエル』と呼ぶということ。
漕ぎながら前に両輪ホップして進む技を『オットピ』と言ってこれができなきゃダニエルできないとか。
そーかー、オットピ、って?変な名前だけどもー、やってみよ。山道でも使えそうじゃんか。

ああ、何だかどんどんトライアルに向かって進むガハクである。山を走るのにトラ技は有効だと思って始めたことなのに、それ自体の面白さに止まらない〜

いやその前に始めたのがウィリーだったっけ。今日はそうとう良い感じでしたぜー!Danさ〜ん。manuさ〜ん。でもまだ15〜20mが最高かなあ(画)

|

« 縄文時代の地面に立つ | トップページ | バックダニエル3回跳び、できた! »

mtbダニエルへの道0」カテゴリの記事

コメント

ウィリー。最近調子を落としてます。いいとこ50~60mという ていたらく
タイヤを、タイオガ FS100(800g少々)から シュワルベ テーブルトップ(500g少々)に、チューブもパナのスタンダード(200g少々)から マキシスのフライウェイト(100gくらい)に、と軽量化したら、予想通りウィリーが安定しなくなって・・・。
やはりバランスをとるためのオモリは、そこそこ重量が多い方がよろしいようで。
ただ普段使いには 圧倒的に走りが軽いので、現在 軽量タイヤ&チューブのままで ウィ練 継続中。

投稿: Danhan | 2008年9月13日 (土) 07:48

そうですか、重量で違いますか。バランス感覚とは微妙なものなんですねえ。
タイオガのはBMX用なんですね。ブロックが連続している。キャラメルパターン?。。。シュワルベはずっと走り用になってるように見えます。
ぼくも次のタイヤ考えてます。やってることを考えるとキャラメルパターンのようなのが良いかなとは思っているんですが(゚ー゚)

投稿: ガハク | 2008年9月13日 (土) 11:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 縄文時代の地面に立つ | トップページ | バックダニエル3回跳び、できた! »