« のんびりだらだられっすん | トップページ | 動けな〜い(^^;) »

2008年9月30日 (火)

グリップに工夫

Cimg7811Cimg7896グリップには少し困ってる。

技練を始めたらとにかく手が痛くて仕方がない。強く握り過ぎるのかも知れないが、まずは手の平の部分にスポンジのある手袋で対処してはいる。

まずは上の画像で説明します。

<ショップで売れ筋というの(画像で一番上のグリップ)は、細めだしゴムがしなやかで感じは良い。BMX用ということだ。エンド部に少し厚みがあってエンドキャップも兼ねていた。
ところがここを小指で強く握るとグニュグニュして頼りない。それでその部分を切り落としプラスチックのエンドキャップをはめて使用。ところが針金で縛っても回転してしまう。エンド部が無くなったせいでハンドルの内側へ回りながら移動して行くのを止められない。さらに手の痛みも再発。bearing

<<ボルトオンタイプのグリップは今やボロボロだし。これゴムがめっちゃ減り易いと思う。

<<<仕方ないのでもとからついていたグリップにもどした。改めて使ってみると硬いから小指の握り込みは良いが、内側に回って移動し易いのはこっちの方がひどい。針金で縛っても同じだった。ng

sign01***そこで一計を案じたのが下の画像。
ロックオングリップのエンド部だけノコギリで切って別のグリップの端に留めた。リサイクル。これなら小指での握り込みにも違和感なし。グリップ全体の回転移動もなくなり、使用感良好でしたーnote(画)

|

« のんびりだらだられっすん | トップページ | 動けな〜い(^^;) »

mtb用品」カテゴリの記事

コメント

乗るだけではなくて 自転車いじりも楽しんでいらしゃいますね。
僕もそうゆうの好きです。
一人であ~だこ~だ言いながら 細工して
上手くいくと 一人で感心したり(笑)
きっと 傍から見てると 面白いだろうと思うのですが。
近いうち 通勤自転車の組み換えをしようと思っています。
自転車いじりしたいです。

トラちゃんが最後まで 盛り上げてくれちゃってますね。

投稿: ニコ | 2008年10月 1日 (水) 01:30

自転車いじりはほんとに楽しいですね。ただプロに任せた方が良いところも何とかかんとかやりたくなってしまうのが困った性分なのですが(^^;)
ところでニコさんはやっとMTBを箱から出したそうじゃないですかぁ。ブレーキ効くようになりましたか?
そう言えば最近わたしのMTB、ディスクがやたらにギーギー言います。ギュッと握れば大丈夫ですが握りが甘いとわずかに動くのかそれがフレームに伝わって鳴るらしいです。トラ技に凝り始めたらガッツリブレーキが欲しくなるのも分かりますわ。

もう一方のトラに関しては、もちろん優勝に決まってるし、とマッチレースなんてどこ吹く風という態度に決めてます(ちょっと汗)

投稿: ガハク | 2008年10月 1日 (水) 02:53

私が愛用しているグリップは「ODI クロストレーナーグリップ」
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/odi/crosstraner.html
使い始めこそ、ウィリーなどやると、細かいヒダヒダが 僅かに手前にたわんで、グリップがずれるような感覚がありましたが、ほんの数分で慣れました。
デメリットはそれくらいで、実は この細かいヒダヒダが握った感触もよく、しかも掌に優しい。 それに、ウィ練を始めてから「グリップってこんなに消耗するものなんだ!?」と驚いていたのですが、見た目とちがって、これまで使った どのグリップよりも長持ちしています。

投稿: Danhan | 2008年10月 1日 (水) 08:26

またまた良い情報をありがとうございます。
>どのグリップより長持ち
自分としてはボルトオングリップが一番好きなんですが使ったものがとっても減りが早くて驚いてしまったんです。ODIので別のタイプならショップに置いてありましたが、店長の「やっぱり減り早いですよ」のひと言で購入には至らずでした。
タイヤに続いてグリップもこれで決りか(^^!!!

投稿: ガハク | 2008年10月 1日 (水) 10:26

> タイヤに続いてグリップもこれで決りか(^^!!!

先にお話しした タイオガFS100と言うタイヤは、ストリート パークライド そして何より 私の知る限りでは ウィリーには最高ですが、山も走られるガハクには、ちょっと不向きかもしれません。
なにしろトレッドパターンが ヤスリ目と言うか、ほとんどスリックです。
http://www.tiogausa.com/international/mountain-bike-tires-urbanfreestyle.html

なので、とりあえず安価に前輪まわりを重くするのにオススメなのは、チューブ交換でしょう。
パナレーサー DHスーパーチューブ(430g)
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/panaracer/dh-tube.html

投稿: Danhan | 2008年10月 2日 (木) 23:00

え〜!!そうなの〜!!??いや、、、そうだったんですかぁ。何かサイコロパターンみたいに見えちゃって(無知者とはこんなもの^^;)確かに山には×ですね。
ところで、空気圧を下げる→タイヤ接地面が広くなる→ブレーキ効果
となれば、空気圧を下げられるこのチューブは後輪にも最適、となりませんか?(また質問しちゃった^^;)

投稿: ガハク | 2008年10月 2日 (木) 23:46

本来、リアに装着すべきチューブでしょう。
私も、ハードテイルで年に1~2回行く富士見パノラマダウンヒルでは、後輪に装着してます。
むしろ 前輪のみに装着などと言うのは、ウィリーに特化した 特殊な使い方だと思います(^_^;)。

投稿: Danhan | 2008年10月 3日 (金) 08:47

おお!! DanhanはDHにも行かれるんですねnote←新しい情報^^)b
昨日のウィリー練では換えたタイヤのせいか、また少し距離が伸びた気がしました。ただ以前のタイヤより硬く、前が落ちたとき手に来る衝撃が強いのでアップハンドルの角度を換えたりして試行錯誤中です。

投稿: ガハク | 2008年10月 3日 (金) 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« のんびりだらだられっすん | トップページ | 動けな〜い(^^;) »