« ハンドルの角度 | トップページ | ジャックナイフ90!(動画) »

2008年10月23日 (木)

ウィリー村への道(2)

Cimg8079前で書いたようにグリップ位置を少しずつ変えてみている。

ライザーバーはアップ(ライズ)率とベンド角度の両方があり、そこへまたアップしながらせり上がって行く角度というのも加わるので最適な位置を見つけるのが難しい。

でもウィリーでのベスト位置は見つかったようだ。少し遠目だが、フロントが上がった時の上体の姿勢に無理が無い感じ。腕が自然に伸ばせる感じだ。成功率と安定感が今までで一番だった。

とうとうウィリー村への道を歩き出した気が、、、する。

終ったはずのウィリーウィーク、実はまだ終ってなかった!!!。これからだよこれから!!!
本格的にウィリーを始めてもう11ヶ月になろうとしている。一周年には何とかしないと

「そうね、オレできるのウィリーくらいかな?」とか言えるようになりたい、マジで。(画)

|

« ハンドルの角度 | トップページ | ジャックナイフ90!(動画) »

ウィリー08」カテゴリの記事

コメント

どうも久々です。

今まで黙ってましたが?実はウイリーやりやすいポジション(ハンドル位置)ですが、一般的には高く近いほうがいいなんて言われてます。
しかし個人的な感想ですと、ハンドルは低く遠い位置、つまり長距離をはしりやすいポジションのほうがウイリーも長距離やりやすいんじゃないかと思います。
確かに高く近いほうが簡単に持ち上がるのですが、持ち上げた後はどうかというと上半身がそっくり返る感じなので腕への負担が強くなります。
ハンドルはある程度遠いほうが、上げた後は上体がまっすぐ起きてサドルで体を支えられるので腕が楽になり、結果それは腕の力みが減りリラックスできるのかな?
なんてことなんじゃないかと思ってます。

投稿: manuocki | 2008年10月23日 (木) 20:24

manuockiさん。
やっぱり!でしたか?!!どうもそうじゃないか、と思ってました。黙ってたなんて人が悪いでもそんな段階に自分も来たと思えば嬉しいもので。
確かに上げ易いのと上げてからのコントロールがし易いのとは別なんですね。
>長距離をはしりやすいポジションのほうがウイリーも長距離やりやすい
良いなあ早く長距離ぼくもやりたいですぅ

投稿: ガハク | 2008年10月23日 (木) 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンドルの角度 | トップページ | ジャックナイフ90!(動画) »