« スタンディング | トップページ | チューブ替えてみました »

2008年10月12日 (日)

トレール整備

Cimg8057暑い間一度も足を踏み入れなかった裏山へ、トレールの草刈りに登った。

技の練習ばかりでこの夏を過ごしてしまったが、いよいよ涼しくなったから整備に行かなきゃ。

ノコギリ、鎌、ケレン。さらに残りわずかの虫除けのスプレーボトルもザックに入れた。MTBのハンドルにクマ除けの鈴を付けて林道に入った。

しばらくは調子良し。ぐんぐん登って行く。しんどくなり途中から最小速度に。
林道からシングルに変わる入口の草丈はそうとうなもの。道が全く見えない。バイクを立てて草をかき分けながら進む。入ってしばらくはわざと草も雑木も刈らずにそのままにしておく。人を誘引しないように。

コースが見えなくなっている箇所もあったがそれほど草深くはなかった。夏前までのスカンポ退治とクズツタ刈りが効いたのか、トレール全体が明るい感じがした。

草刈りを始めたらそれまで明るかった空が暗くなり風が強く吹き始めた。雨までポツポツと落ちて来た。下界と違って山らしい感じに演出されているようで面白い。

草の実がいっぱい袖に付く。胸や腹にまで付く。ゴム長には付かないがジーパンの裾にもいっぱい付いている。草刈りも花を見ると切るのが忍びなくなり切り残してしまう。やっぱり女に甘いんだね、オレは。

作ったはずの水路はほとんど土砂で埋まり水が意図通りに排水されていない場所をケレンで引っ掻いて土木工事、トレールに転がり落ちている石の片付けなど。色々やることがある。

Cimg80682時間かけてコース半分もできなかった。

虫はほとんどいなかったし、汗もかかない。これなら楽なもんだ。

いつの間にか空は晴れていた。MTBでゆっくりと下る。

水路をまたぐところは小さなバニホでピョン。技練が効いた瞬間(画)

|

« スタンディング | トップページ | チューブ替えてみました »

裏山トレール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スタンディング | トップページ | チューブ替えてみました »