« お山の季節 | トップページ | 秋の夜のどしゃ降り »

2008年10月 4日 (土)

ウィリーウィーク

Cimg7948にしようかな来週は。

****今日のウィリー相、まずまずでした。

1<尻でサドルを押す。
2<ペダリングでバランスをとる。
この二つをリアタイヤのトラクションを感じながらできればウィリーは安定する。

と言うかこれら全てはみんな同じひとつのことらしいです。腰でバランスをとる、というのはこんな感じらしい。

3<手の力は抜け。
フロントアップを焦って手に力が入ると、前輪が思った位置まで上がり難いのと、上がってもその途端に左右のバランスが崩れ易い。尻とペダルで押して行く感覚を持つことができれば手はハンドルを支えているだけの仕事をしている。

力が抜けていれば微妙な左右のバランスの崩れが分かり、それが肩から腰へと伝わるのか?

****さて、練習始めの方がうまく行くのは何故なんだろう?
「これなら今日は良いぞ!」と思ってさらに続けて行くと次第に失敗が多くなり、ついには「最初の成功はどうして??」と分からなくなってしまう。

何故なんだろう?体力的なものでは無さそうだ。となると「心」の問題なんだろうか?

できそうだ、と思うと、はやる気持ちが先に立って要らぬ力が入ってしまうんだろうか?

立ちコギウィリーは、ある一定の距離だけで比べれば成功率は座ったウィリーより高い。左右バランスはとり易く前後バランスの維持が難しい。何故だろう?

****夕方の広場はだいぶ暗い、突然、顔馴染みのゴンタ君がすごい勢いでこっちに駈けて来るのが見えた(画)

|

« お山の季節 | トップページ | 秋の夜のどしゃ降り »

ウィリー07」カテゴリの記事

コメント

おっ、ゴンタくんに羽が生えた?
ふむ、シッポか、、、
練習してると犬が駆け寄って来るなんて良いな〜。

投稿: Kyoちゃん | 2008年10月 4日 (土) 09:45

始めまして。
「ツーキニスト」では反応ありがとうございます。

チョイ乗り用にMTB乗ってます。
テクニック編、解説がわかりやすく勉強になります。

インストラクターの説明より、出来ない人の習得して行く過程も書かれていて(失礼^^)

投稿: Major | 2008年10月 4日 (土) 10:59

Majorさん。
>出来ない人の習得して行く過程
おっしゃる通りですよ。
ただこれも上手くなっていかないと絵にならないのと、
できるようになるまで生きてられるかが問題なんですけども。

投稿: ガハク | 2008年10月 4日 (土) 11:15

> さて、練習始めの方がうまく行くのは何故なんだろう?

はじめのうちは、諸々注意深くやるから。
で、何度か上手くいくと、キチンとやるべき様々なことが、上手くいっていたからこそ、疎かになるから・・・ではないでしょうか。
(未だに私も その傾向が・・・ ^_^;)

調子を崩したら、もう1度 基本を意識して、ひとつひとつチェックしなおすことも必要かと思います。

投稿: Danhan | 2008年10月 4日 (土) 18:44

>はじめのうちは、諸々注意深くやる
>もう1度 基本を意識して
どちらもその通りだと思います。それと疲れもあるかな?精神的な疲れで注意散漫になる、とか。
ただウィリーに関してはまだ「まくれる恐怖」というのがどこかにあるらしいんです。意識してないんですけど。うまく行く時ってうまく前が上がっている時でしょ?そのポジションにイマイチ経験の少なさで自信がない。
だからその恐怖を逆に意識に上げるように、自分に「それあるの?ダイジョウブ怖くないよね」って言ってみたらうまく行ったりするんですね。

投稿: ガハク | 2008年10月 4日 (土) 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お山の季節 | トップページ | 秋の夜のどしゃ降り »