« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の記事

2008年12月31日 (水)

大晦日もジテツー

や、や、や、大晦日でございます。
世間のみなさまはどう過ごされていらっしゃいますでしょうか?

Cimg9498

しかし彫刻家には暮れも正月もないw。いつものようにお出かけのKyoちゃん。
そこで彼女について行ってジテツールート途中の神社でパチリcamera

ここは新年迎えの準備はもうお済みのようです。

     */*/*/*/*/*/

【MTBerにも暮れや正月はないのか?】

ディスクブレーキ。

最近なんか調子ワルイ。1度直したつもりだったけどまだギーギー鳴いたり、乗ってる途中で制動力が変わったり。

1度ダニエルやろうとして跳んだらリアブレーキが滑って効かず後ろに思いっきりひっくり返った。それ以来いつもリアブレーキの調子が気になるようになった。

リアに拘らずブレーキが効かないバイクは手に力が要るせいか操作感がものすごく重い感じがする。トライアラーがブレーキに強力なものを求めるのは安全の為だけではないんだろう。

Cimg9495そこで<大掃除>

ローターを中性洗剤と歯ブラシでゴシゴシ。
パッドも洗った。真っ黒の泡がブクブク。水洗いをくり返すと新品のようなメタルの色がもどって来た。パッドの裏側に薄くグリスを塗っておく。

ブレーキレバーをポンピングしながらキャリパー内のピストンの動きを見てたらリアのピストンが何か変。ギシギシいったりして動きに偏りがある。
グリス(チタンスプレー)を塗って押し出し運動をくり返したらスムーズに動くようになった。

オレもいっぱしのメンテナーだぜ!みたいな気分。

ホイールをはめて位置調整。
しかしいざバイクを動かしてみたらこれがまったく制動が悪い。どころか段々効かなくなって来るような感じ。

ありゃ〜sweat01
いやダイジョーブ。少し走らせたら完璧に戻りましたがな。音もしなくなった

新年を迎える準備OK!!!!(画)

| | コメント (2)

速く!!お正月

Cimg9352少し暖かかったかな?冬至から一週間。陽射しにも強さが戻って来たような。

さて迫って来たねえお正月。

♪お正月には凧上げて
♪コマを回してあそびましょう
♪は〜や〜く〜来い来いお正月。。。

【断続的に練習】

昨日の反省に立って身体の『動きを速く』する、が目標。
ジャックナイフからのフロントアップには確かに有効だった。ほぼうまく行く。

でも困ったことに、いざコギ上げダニエル!となるとそのイメージがすぐに消えてしまう。速く身体を動かそうとしても身体が言うことを聞いてくれない。何かが邪魔してる。

スタンディングが安定しないのが大元の原因かな?
地上で2本足で立っている時にはバランス自体を意識してない。その無意識バランス状態で身体の動きをイメージしても、バイクに立ち上がって静止しようとしている(セットの)瞬間には、バランスをとるのに一所懸命。その後が続かない。

逆にできもしない技でもこうやって練習していること自体、バランス訓練になってる訳だから焦っても仕方ない。とにかく乗ってる時間の量も必要ってことか。

ウィリーだって長い間練習してやっとここまで来たんだから。ダニエルだろうと同じことでしょう。

なんだ当たり前の結論になっちまった。

この歳になると、これから死ぬまでやって行きそうなことと、そうでないことが見えて来るんですw。
大晦日もGガハクは練習にいそしみますです。(画)

| | コメント (0)

2008年12月30日 (火)

年末の過ごし方

Cimg9440や〜さぶ〜いweep

昨日走ったMTBガハク号の轍だけが残っていた。この道は資材置き場への通路なのでいつもならトラックがよく通る。作業もしばらくの休みに入ったんだろう。

我が家はこの時期どこにも行かない。家にこもりっ放しだ。と言うかいつもと同じ暮らし方をするだけ。特別な事は何もしない。松飾りもしない。今年は年賀状も書かなかった。まあ掃除くらいはちょっとするかな。

テレビも見ない。新聞も読まないし。
今日はVideonews.comというインターネットの報道番組を見た。面白かった。

朝の9時頃から見始めて途中犬の散歩に出た以外、Kyoちゃんとパソコンの画面をずっと見ていた。見終わったのは2時過ぎ。何と全部で4時間を越えていた(!)

ジャーナリスト:神保哲生と社会学者:宮台真司が延々と二人だけでしゃべる討論番組。でもこれがねえ。久しぶりに面白いものを見た。ちょっと興奮しましたですよ。

 新しい世界にコミットしちゃった〜って感じ^^)v。

Cimg9472  【夕練】相変わらずできないダニエル。

でもその前にジャックナイフターンとホッピング練習。

ホッピングはリアタイヤがけっこう上がるようになって来たし、ジャンプの繰り返しに余裕が。。。さらに回転も左右往復一回なら何とか。だからちょっと上達。

ジャックナイフターンは90度以上回れることしばし。こっちも上達。

ダニエルができない理由は、セットが不完全で溜めがうまくできないのもあるが、基本的に動作がノロくさいんだよ。
溜めからパッと上げる。ポンと跳ぶ。ピシャッと立つ。
このどれもがふんわりゆっくり。ノロくさい。だから力が無為に抜けて行く。おと〜さ〜ん。(画)

| | コメント (0)

2008年12月29日 (月)

寒い日はクルクルペダリング

Cimg9434先日ショップの店長のブログ見たら、ロードレース平均ケイデンス98〜121で走った、とのこと。

その数字に刺激されて、久しぶりに私もケイデンスを意識して走ってみようと今日はできるだけ早く漕いでみました。

でも私のサイコンのケイデンスを計る部品は壊れているので、libra計測機は自分のカンです。

ウィリーとかの技練を始めた去年の冬にSPD→平ペダルに付け替えています。さてデカペダルでどこまで回転数を上げられるのでしょうか?

ハアハアゼエゼエしながらも、いつもより2分ほど早く着きました。顔も背中も汗だくになったので、汗が冷えないうちに背中にタオルを入れました。帰る時までタオルはそのまま。

 帰りはずっと下り勾配なのでほとんど漕がなくても走れるのですが、今夜の気温は零下、軽くブレーキをかけながらクルクルペダリングで身体を温めましたが、指先だけは冷たいですねwobbly

bicycle今日のケイデンス、たぶん最高80くらいだったと思います。
明日もやるぞ〜!クルクルペダリングtyphoon(K)

| | コメント (0)

2008年12月28日 (日)

左右ブレ@ウィリー

Cimg9427久しぶりのウィリー練。

してない間にダニエルに近づく為のステムに換えてポジションも変わったのでちょっと心配もあったが、これがけっこう順調。

10m以下を失敗ウィリーと自分では勝手に考えている。その失敗がほとんどなく、30mを越えたのが2回。

いちばん良かったのはバイクが左右に蛇行する傾向がぐんと減ったこと。

いつもはもう少しずれるのが通常なのに、目標になるグランドに引いた線上のかなり近くを一輪走行して行けた。これもしかしたら今回が初めてだったかも。

要するに左右のバランスが良くなったということだろう。これはウィリーで鍛えたのではなく、ホッピングやシーソースタンディング、マニュアルアップなどを練習していた成果がこういうところに出たということに違いない。

けど身体に余分な力が入っているように思えてならない。そしてなかなかそれが抜けない。無理に抜こうとするとダランと締まりが無くなるだけ。腰にのみ力を入れてあとはリラックス、と言い聞かしても最後までうまく行かずに終った。

Cimg9428  グランドの隅で見つけた→→

水と風と冷気の共同作業でしょうかね。

冬至を過ぎてグランドも陽のあたる場所が増えて来たし、地面は乾いて走り易くなっていた。表土のすぐ下は硬く凍っている。(画)

| | コメント (3)

2008年12月27日 (土)

仕事納めにMTB?

Cimg9419寒いし風強いし。
こんな日はウィリーには不適。

ということで練習は自宅練習場にて(庭です)。

課題は主に
【ジャックナイフからのフロントアップ→まくれて後ろに立つ】

>前進からブレーキロックで小さなジャックナイフ。
>リアが落ちると同時に後ろ荷重でフロントアップ。
>バイクがまくれたら後ろ足から地面に着く。

この、前から後への身体移動が早いほど前タイヤはスムーズに上がってくれる。ノロノロしてると全然ダメだ。しかし早く動くには、ジャックナイフでの前への「溜め」がうまくできないといけない。

もう一つ。自分なりの課題は前ペダルに乗り続けること。
後ろ足に乗って後傾する悪いクセがあるんで。

さて今日は御用納めか。
今年は回りがずいぶん静かな気がするんだけどなあ。

その場ホッピングや静止からのジャックナイフターンを意識的に前ペダルに乗ってやってみている。身体のどこでバイクに乗っているのか分かってないといけない。

回りが静かなのでわたしも静かに練習。庭をあっちに行ったりこっちに来たり。小一時間はやったようだ。ひどく寒い中でもうっすら汗ばんだ。

夜になって仕事場のKyoちゃんから電話。簡易トイレの排気ファンが壊れたからこれから街まで新しいのを買いに行くんだって。やっぱり年の瀬だ。強制的に大掃除をさせられる。(画)

| | コメント (0)

2008年12月26日 (金)

前ペダルに乗る

Cimg9373ステムを長く低くしたおかげでフロントアップは若干やり難くなったが、力を溜められるせいか後輪ジャンプはし易くなった。

しかしここんとこ、練習グランドの状態良くないし、かつ用事もあり集中練習ができない。

まあ、だって年の瀬だもんなあ。

忘年会、大掃除、年賀状書きなんかはまだ良い方で、世間にはもっとうんと悲惨な目に遭ってる人もいるんだ。

ところがガハクは相変わらず自転車のことばかり。
去年はどうしてたかなあ?ブログを見たら、やっぱりウィリー練習をしていた。ちっとも今と変わらない。変わってると言えば練習場の空地のコンディションが今年よりずっと良かったということだ。乾いて走り易いと書いてあった。

ダニエルの姿勢にどうしても入れないので、庭でジャックナイフからフロントアップしてそのままハンドルにぶら下がり続けてまくれたら後ろに立つ、という練習をしてみた。

ジャックナイフでリアが極端に左右に振れないことと、リアタイヤ方向に真っすぐ身体を引けないとしっかりフロントアップできず、真後ろにまくれない。30回やってきれいにまくれたのは5,6回。他は充分に前が上がらないか左右にぶれて終わりだった。

しかし気がついたことがひとつ。
まくれた時に(真後ろにまくれず左右にブレたとしても)余裕を持って足を出すには、前ペダル側の足に乗っていないとできない、ということ。

そこでハハ〜ン、と。
ジャックナイフからフロントアップする時、よく前ペダルが上がってしまったのはここに原因があったんだあ。と納得。

説明は省くけど、これを修正するべく前ペダルに乗り続けることを意識した。そうできればまくれた時に楽に足が出る。ボクの場合は左足が前なので、左ペダルに乗り続けて右ペダルから右足を離し地面に出せば無理なく後ろに立てるわけ。

この練習、明日もやろっ!。(画)

| | コメント (2)

2008年12月25日 (木)

イヴのR299

Cimg9361歯医者までMTBで行く。川筋の道を約20分。行きは全体的に下り。

まず自転車で出かけようとして戸惑った。
え〜と、何を用意すれば良いんだっけ?
そんなことさえ忘れていた。実は最近片道6キロほどの距離さえ走ってない。いつも庭や広場で技の練習。裏山へクライム。近くのポタリングコース。プロテクターくらいは付けて行っても、着替えも工具も水さえ持って行かない。

そんな横着が身についてしまっていたから、急にライトだとか替えチューブだとかインフレーターだとか、、、頭が回らない。

暗くなりかかった国道を走り出す。先日首回りが寒かったので首元まで締まるウィンドブレーカー。手袋はイボイボ軍手。風が通るからどうかと思ったが寒くはなかった。

走り出して気づいた。タイヤの空気圧が超最低。規定の3分の1程度。いつもの技練のままだった。面倒なのでそれで走り続けた。パンク運が良い(悪い?)おいらはほとんどパンクに会ないのが特徴なのだー!

医院に着いて思ったのは、やっぱり歯医者だから緊張してた、てことだった。別に痛くなんかないんだよ。怖いことなんか何にもないのよ。それなのにやっぱり緊張しちゃうんだよね。だって地獄の責め苦のような歯医者の過去の記憶がどうしても消えないんだからしょうがない。

Cimg9368治療(歯のお掃除)が済んですっかり暗くなった国道を帰る。

クリスマスイブなので沿道のあのきらきらしたイルミネーションがどれだけあるかと思いながら走った。

しかしなぜだかあんまり見つからない。

これって子どもが減ったのか、不景気のせいか。

「へん、クリスチャンでもないのにこんな時だけ雰囲気に浸っちゃって」といういつもの斜め目線も、返ってこうなると寂しさの方が募ってしまう。

みんなあ、こんな時こそ元気ひねり出してやってこうよお!。(画)

| | コメント (0)

2008年12月24日 (水)

玄関出たらサイクルロード

Cimg9195近所の知人からパソコン相談。年賀状がうまく刷れないという。

自転車で出かけた。川沿いの道を走り出したら襟元から冷たい風がシューシュー入って来る。最近ステムを換えて以前ほどではないにしてもまた身体が前に被り気味、そのせいもある。

たまらないので手をハンドルから離し上体を起こす。要するに手放し運転。もちろん前後をきょろきょろ。交通量ゼロなのでそのまま300mほど先のお宅まで。そう言えばこの前これやってたら小学生が「スゲッ」って目を丸くしてたっけ。村ではMTBerは簡単にヒーロー。

伺ったお宅はWindows。うちは最初からMacなのでWindowsに触るのはほんの数えるほどの機会しかない。それでも問題解決、年賀状は刷れた。色々お土産を頂いて帰る。
「パソコン相談室でも開いたら食ってけるかな」などと調子良いことを考えながら走り出す。

ところが来る時に調子良かった手放し走行が不安定。??。右手に下げたレジ袋がどうやらその原因らしい。そんなに重くないのにそれでも左右バランスを変えるらしい。さらに向かい風を受けて袋がバタバタ。バランスって微妙なもんだなと再認識しました。

最近ジャンプ運動を続けているおかげで少し身体にバネが戻って来たようだ。

と言ってもゼロから数値を上げるようなものだから当然かもしれないけど。面白いもので両足で立って前を見て、あそこまでは跳べそうだな、と思うとほとんど間違いなく跳べる。跳べてもあそこまでだろう、という予想もたいてい当たる。

不思議だ、と自分では思う。そんな微妙な感覚がいつの間にか戻っている。

50過ぎても大丈夫。鍛え直すことはできるようですよ、みなさん。その気になりさえすればねnote(画)

| | コメント (0)

2008年12月23日 (火)

とにかく両輪でホップ(動画)

Cimg9252冬になってからはまだ裏山トレールの頂上まで登っていなかった。秋の草刈りもあと150mという地点で止まっていたのでその後がどんな具合かと気になっていた。

犬が久しぶりに登ろうという顔をしたので、脚を伸ばすことにした。

こうして来てみると陽当たりの悪い場所のせいもあるのだろう、大して草も伸びていない。この下までの様子とは全く違っていた。安心と言うか拍子抜けと言うか。これならいつでもまたMTBで上がって来れるな。

でも全体に水が多くてウェットな状態。秋までに整備したはずの水路も、山側から転がり落ちた新しい石が水路を塞いだり壊したりしていた。山道のあちこちに流水跡の溝ができていたり。

*/*/*/*/*/*/*/*

久しぶりの動画。テーマは【両輪ホッピング】

ガチャガチャうるさい技だなあ。それに疲れるうsweat01肩に力が入ってるなあ〜。。。
徐々に後ろに体重がかかって後輪が上がらなくなって来る^^;)。
もっと前目に重心して普段から乗ってみよう。
フロントアップよりもジャックナイフの方がうまくできないのは、こんなところが原因か?

でも前よりうまくなってる、と思おう。↓ま、試しに見てやってください。(画)

| | コメント (6)

2008年12月21日 (日)

冬至の夜もジテツーで!

08z21night夜がいちばん長〜い冬至のジテツー。

annoy赤色灯をピッカピッカさせながら走っていると、いくつかの家の窓にクリスマスのイルミネーションがshineピッカピッカ。

ハンドルの熊避けのベルは昼間は上向きなんですが、bellクルッと回してぶら下げリンリン鳴らしながら通過。

気温がマイナスで風のある日は、ヘルメットの前面にラップを張ります。これなら反射テープもよく見えるしね。帰りの走行時間はわずか15分くらいなのですが、下り勾配でスピードも出るし頭がキンキン。わたしは血圧も高めだからちょっと気にしてます。

昨日、歯を磨いていたらポロッと小さな欠片が出て来たので、歯医者さんに行って来ました。ごく初期の虫歯だったので、簡単な治療(コリコリほじって消毒充填)で済みました。あのシュイーンという機械ニガテなんです、怖いですよね〜sign04ブルブル

この歯医者さん、1年前にショップでクロスバイクを買ったんです。治療が終ると早速自転車談義。
「そろそろ走り込みをしなくちゃならないのでバイシクルはお休みしてるんですよ」
また青梅マラソンの10キロコースにエントリーしたそうです。

3年前健康のために始めたジョギングが面白くなった先生、
 マラソン大会初参加
 →膝の故障hospital
  →クロスバイク購入bicycle
   →大雪で先の大会中止snow
    →復活!fuji
このところ医院の昼休みに、毎日10キロrun走っているそうです。(K)

| | コメント (0)

ホッピング練習

Cimg9229犬の方が上手にホッピングしてるなあ^^;。

<進歩。
だいぶ立ったままでいられるようになって来た。
タメてジャンプ。うまくかみ合えば大きくも跳べる。
連続ホッピング、調子良ければ小さくもできる。


<<ところが。
跳んでいるうちに徐々に反発力が無くなり、上がってるのはフロントタイヤだけ。

<<<原因。
バランス維持に気を取られて跳躍に必要なムーブが足らなくなってしまう。要するに、肩や背中や腕に不要な力が入って、関節が硬くなり動きが小さく。特に膝(→伸びたまま)や足首(→固定)

<<<<課題。
バイクをリードしようとし過ぎ?バイクに身体を預ける感じ。地面にしっかり立つ。でどうだろう?

noteま、リラックス、リラックス。
楽しく愉快にやりましょう\(^o^)/(画)

| | コメント (2)

2008年12月20日 (土)

男女の相性

Cimg9215なかなかイチョウの実も落ち切らないもんだね。いつまでも変わらずびっしりと枝先についてるように見えてしまう。

この大イチョウのすぐ隣にもう1本大きなイチョウがあって、それぞれ葉の落ちる時期が違う。もちろん秋になってからだがそっちの方がずっと早く落ち始め、丸裸になった頃ようやくこっちの木の葉が落ち始める。

こっちがメスであっちがオスの木なのだ。

オスは子を身ごもらしたらすぐに葉を落とし始め、メスはしっかり子(ギンナンの実)を育て上げてから葉を落とすということらしい。男と女。その結婚というシステムを残酷と見るか合理的と見るか。。。

今年のカレンダーもうすぐ終わりだねえ、ということで12月の最終ページの裏側を見たら、干支の占い(よくあるやつですがな)が書いてあった。それで見ると、Kyoちゃんは「二黒」ガハクは「三碧」となっている。

男女の相性というやつが出ていた。ん?

「二黒」にとって「三碧」は大凶〜うsign01
「三碧」にとって「二黒」は凶〜sign02。あ〜れ〜(\w/;;)

「こんなのあなたの同級生はみんな同んなじ運勢になっちゃうじゃないの」とKyoちゃんは言うけども。我が胸に手を当てて振り返れば、、、全く的外れとも言えないような、、、^_^;;。

*/*/*/*/*/*話変えよcat

トラトラ道場の新ページ『ホッピングターン』出たよ。デモンストレーションも大変だ。

でもどういうわけかな?改めて昨日から練習し始めたシーソースタンディング。全然うまく行かないのでホッピングしてみたら、これが前より軽くなっていたということがあった。なぜかまたまたグッドタイミング。この前は『リバース』続いて『バニホ』そして今度の『ホッピングターン』と。

どれも未だにできゃしないけど知りたいことばかり。目標がいっぱいできて楽しい。延々と続くMTBのお話。「二黒」にとってMTBは???(画)

| | コメント (2)

2008年12月19日 (金)

フロントアップ>ジャックナイフ

Cimg9204Kyoちゃん、今日もジテツーでご帰宅。

直前まで暖かい部屋の中で居眠りしていた犬が飛び出してお出迎え(前タイヤの向こうにちょっと見えてます)。

赤い点滅ライトをヘルメットとサドル、
右腕にはバンド式の点滅灯。
ハンドルにはフラッシャーと1Wのダブルライト。
ヘルメットとザックの反射テープ。
前後ホイールに反射板。
夜間走行の装備として、これで万全というものはないでしょうが。

Gおいらの夕練は、基本に立ち返るつもりで
【シーソースタンディング&ホッピング】

 まずは<シーソースタンディング>
フロントアップ時に前ペダルが上がってしまう悪いクセがある。これが出ると、揺り返しのジャックナイフがうまくいかない。そこで意識して前ペダルに体重を載せてフロントアップ。

「タイヤの上がりはちょっとでも可」なんだが、上がっている時間が少ないと体重移動の時間も少なく、バイクの挙動について行けない。かと言って大きく浮かせばそれだけバランスを崩し易い。ムズカシーwobbly

どうしてうまくいかないのか考えながら練習。

フロントアップよりジャックナイフの方がニガテなようだ。これってみんなそうなのかな?ジャックナイフなしのフロントアップだけでバランスをとれというのならできそうな。。。

 <ホッピング>
その場跳び(ホッピング)は身体がけっこう動くようになっていた。トライアラーがするような細かいのはまったくお呼びじゃないが、大きく跳ぶなら5回連続くらいはできる。前後や左右に意識して跳んだり。。。ちょっと面白かった。

シーソーできなきゃダニエルできるわけねえ、特練必至だね。(画)

| | コメント (0)

2008年12月18日 (木)

プチ峠

Cimg9091家からだと舗装路の急坂。緩傾斜の砂利道。そこから眼下に西武鉄道の線路と国道299を望む山の斜面をトラバースするシングルトラック。自転車なら5分はかからない場所だ。

峠直下は崖になっていて下に流れている川まで30mくらいはあるだろうか。

下り始めるとけっこう傾斜があり細いし途中に露岩もあって緊張する。それにペダルに立ち上がった姿勢は目線が高くなるので崖を意識すると恐怖心が起き易い。

以前この下の川でヤマセミという鳥を見た。

バードウォッチングに凝っていた頃であっちこっちと歩き回っていたから、その鳥を双眼鏡のなかに発見した時は驚喜したものだ。川に張り出した木の枝に止まって下の川面を見張っているようだった。

大きくハデな鳥だし、特徴的なその姿は1度見れば誰も忘れないと思うが、地元でも知らない人がいる。興味ない人には見えないものなんだね。

ところで後日、野鳥の写真集でその鳥の写真を見ていた。写真家が撮った場所のデータを見て、さらに写真そのものもよく見てみると、撮影場所がボクがみたちょうどその場所であるのが分かった。

川の流れ、岩の形、枝の張り出し方、全てがその通りだった。何と言う偶然!それとも知る人ぞ知るスポットなんだろうか?

あれ以来1度もここでヤマセミを見ていない。バードウォッチングよりもMTBで駆け抜けるようになってしまった。(画)

| | コメント (0)

2008年12月17日 (水)

日が照るまでの辛抱や

Cimg9180練習場にしている空地の一隅で撮影。

冷蔵庫の中を覗いてるみたい。これだけまっ白になってるのに、さて温度が上がればまた生き返るんだから植物とは不思議な生命体だ。

ここは今の時期一日じゅう陽が当たらない。
けど冬至まであと一週間弱。それが過ぎれば春になる。そこからはどんなに寒い北風が吹いて寒くても、どんなに雪が降って積もっても、どんどん陽が長くなって行く。そりゃもう確実に春に向かって行く。だからわが家では冬至がやって来るのを毎冬心待ちにしてるんだ〜note

広場は霜のおかげで地面が乾かない。陽が落ちるのが早くてすぐ暗くなるし、冷たく濡れた土の上での練習は何となくモチベーションも上がらない。

先日のダニエル練習中、甘くなってたブレーキのおかげで後ろにひっくり返って以来、リアブレーキがイマイチ信頼できなくてわたくし腰抜け状態。実際の腰の痛みの方はほとんど治ったからこれからだというのに。。。

impactほんまもうどうしようもおまへんなあ、オトコならもちっとしっかりしなはれ。

良いんじゃよ。陽が出るまでの辛抱や。お日さんが出たらそこからはもうこっちのもんやでえ。それまではじっと我慢の子や、女房のくせにじゃかーしやい小春。ってあんたどこの誰なん?(画)

| | コメント (1)

2008年12月16日 (火)

復活した悟り

Cimg9013川沿いのクルミの木。すっかり葉も落ちて丸裸だ。無数に落ちていたクルミの黒い実も増水する度に下に流されたのかさっぱり見つからない。

このちょっと手前に道から川辺にドロップオフできそうな場所がある。1〜2mの高さ。思い切ってやればやれそうだが今はまだ勇気なし。

「物欲が自分には昔からあんまりなかった」というのをあるウェブサイトで読んだ。良い素質を持ってる人だなあ、美しいと思った。

【物欲について考える】(これわたしの物欲かしら?)

「新しいタイヤ欲しいなあ。もう少し太くて反発も良く、低圧でもしっかりしているようなヤツ。チューブを厚くて丈夫なのに換えたらさあ、相当低圧にしてもけっこういけるし、ここでタイヤが頑丈になればもっとバネもバランスも良くなるよ、きっと」

すぐじゃなくても良いよ。今のタイヤを使えるだけ使ってお釈迦になったり不満になったら、その時にで良いんじゃない?まだ遊ぶ時間はたっぷりあるよ。

「ぼくさあトラ車に乗ってみたいのよ」

今のバイクでやれるだけのことをしてからの方が、本当の価値が分かるんじゃない?

*/*/*/*/*/*/*
あのねえ。子どもの頃大変なことに気づいたんだった。それを今思い出している。

ある時苦しいくらいにどうしても欲しい物があって、寝ても覚めてもその物のことばかり考えていた。子どもの時によくあるあれだ。オレだけ?みんなそうじゃなかった?親の金を盗んで買っちゃったり。あん時はごめんね母ちゃん。

そんな物欲(?)の連続だった。それがある時のこと。手に入らず口惜しい思いをしていた物が、時間が経ったらそれほど欲しいものじゃなくなったのだ。その心の変化に自分でも驚いたことをよく覚えている。

それからは自分の欲望に一定の距離を置いて見れるようになった。今思えばコリャモウ一種の悟りじゃね。

いつの間にか忘れていたものだったが、なぜか最近またこの時のことを思い出した。
お金もない不景気な身の上に、こりゃまたグッドタイミングな『悟り』の復活じゃありませんか。笑(画)

| | コメント (4)

2008年12月14日 (日)

ダンシングでポタリング

Cimg9086

自転車で川沿いの道を走っていたら夕焼け。

練習場が雨でぐちょぐちょなので、近くをポタリング。一日に一度は自転車に乗らないといけない。いけない、と決まったものではないがまあ「乗りたい」わけです。

最近Kyoちゃんがジテツールートに入れた小さな峠を越えた。バランスが良くなるに従ってバイクの通る道が広くなるし傾斜も緩くなって来るから面白い。

峠を越え、次に工事中断中の林道を登る。緩やかな上り坂。ここまで全てダンシングで来た。足の踵を充分に下げることに注意してペダリングしていると、右足首の方がやや硬いのに気がついた。

右足君、どうやらペダルにかけた靴の中で体重を預けるのがイマイチ不安らしい。

たぶんキミの方が利き足だよね。
利き足と言えば得意な足。ここ一番で頼りになる足。仕事の最前線で頑張る。でも実は、キミ、支えるとか見守るとかいうような仕事はニガテなんだよね。もう少し他人を信頼して任せることも覚えなきゃ。そうすれば左足君と組んでいるキミのチームはもっと強力になれるんだよ。

Cimg9089上を見たら暗くなった空にぽつんと小さく光り輝く物が見えた。

音も無くどんどん東に動いて行く。視界から消えかかった頃やっとジェット機の爆音が聞こえて来た。

音速は1秒間に340mだったっけ?空気の湿度とか温度とかで変わるんだよね。

子どもの頃、<空を飛ぶ飛行機を見つけるには音が聞こえた方の回りを見ろ>なんて記事を漫画雑誌のコラムで見た覚えがある。けっこうそんなところで得た知識で今も生活してたりするんだよな。

同じ道を帰り、また峠を越えた。最後のギャップのところをセクションに見立てて何回か段差登りの練習。フロントアップからバイク押し出しのテクニック。1度もクリアできず。ここみたいに徐々に傾斜がきつくなり最後に大きなギャップがある、というような場合はどう乗り切るんだろう?

帰宅するまで全部ダンシングだった。尻の筋肉にちょっと来たみたい。(画)

| | コメント (0)

基本の筋肉

Cimg8912今の季節だとどこもかしこもびしょびしょだ。

北向の裏山もその例外じゃない。林道をダンシングでゆっくり登る。バイクを真っすぐ立て、ペダル踏み込みに合わせてハンドルを真っすぐ引き、リアにいっぱいトラクションをかけるようにしてリズミカルに登る。

シングルに入って傾斜がきつくなり地面の凸凹のバリエーションが増えて来るとつい足つきが出てしまう。

坂道発進もスタンディングから。何でも練習だ。前はミドルギア(と言ってもアウターは外してある)後ろはローか、その上ぐらい。ダンシングだと最軽のギアではトラクションをうまくかけられない。

(><;)ここでちょっと問題発生。
シートに座ったままの坂道発進では右足から踏み込むのが習慣だった。スタンディングはいつも左前なので、そうなると逆足前での発進になってしまう。少し戸惑った。でも何のことはない、こういう時のスタンディングは右足前で練習すれば良いわけだ。\(^o^)/

【最近の課題は、ペダル足の踵を下げること】
慣れないとけっこう難しい。何となく足元が不安、ペダルから外れそうに思えるのか足首を壊しそうに感じるのか?
実際には重心が下がり安定する。足首が軟らかく動けば身体も大きく使える。基本だろう。でもその基本ができるにはやっぱりそれ相応の筋力が不可欠なんだよね。

Coffee time スクワット、わが家ではずっと続けてますよ〜(画)

| | コメント (0)

2008年12月12日 (金)

上から見ちゃってた

1212

昨日と今日のお月さん。今日はもうホントに丸い。
「盆のようなお月さん」の意味は、満月が平板に見えるということだろう。確かに少し欠けたくらいの方が立体的に見える。
「月はちょびっと欠けたるが良し」moon1
その昔、誰かさんがおっしゃった有名なセリフだが、もしかしたら、満月よりも存在感はこっちの方があって面白いぞ、という意味があったかもしれないなどと、しがないエカキは思うのであった。ん?無常観≠存在感 マ逆じゃないの〜^o^;)

We<そんなお月さんに見守られながらのウィリー練習>

1)ペダリングが“ノーマル”と感じられるスピードだと20m。30mを超えるには少し早めに回さないといけないということが分かった。速度がなければそれだけ前への慣性が働かずバイクが左右に傾き易い。

2)視線の方向。
上から前を見ていることがある(態度がもともとでかいからかな^^;;)。首を伸ばしてハンドル越しに行く方を見ている。そういう時は身体が浮き上がったようになっていて、腕で上にバイクを引き上げようとしているみたいだ。
G自然な目の高さで前を見ようと思った。そうすると腰がサドルに落ち着き、腕が伸び、肩が降りる。この感じ。(画)

| | コメント (0)

自転車用スニーカー

Cimg8957新しい靴。リサイクルショップで500円。メーカー名?

3本のベルグロで留める形。踵もしっかりホールドするし、自転車用に今まで履いて来たスニーカーの中で一番足にピッタリしてる。靴底もゲージペダルと相性が良い。濡れても滑らない。

Cimg9065_2SPDシューズと比べてみて意外なことが分かった。

ペダルの中心を母子球で踏め、とは言われるが今まで滑るのが怖くて相当手前で踏む癖がついていたようだ。

そう思ってペダルに乗せてみると、確かにずいぶん前で乗っている感じがする。 でもそれで踵が下がるし足首も大きく使えるわけだ。

オカッピー師匠の『おまけのワザ』を見たら確かにそのようになっていた。

*/*/*/*/*/*/*/*/*/

08z12

You tubeに上げた動画に妙なコメントがついていた。

最初はイタズラかと思ったが良く見てみるとどこかの国の言語らしい。でもさっぱり読めない。

翻訳ツールも手に終えなかった。どこの言語か分からないと使えない。

因に画像はバニーホップ練習中。地面の上の小さな白い物がターゲット。

ですから踏んじゃいけないでしょう^^;;)(画)

| | コメント (2)

2008年12月11日 (木)

失敗を練習する?

Cimg9027最初の1本目が20m。2本目が30m。と出だしから好調ウィリーが続いたので、それなら、と20m以上を20本、と目標を決めて練習を始めた。

ところが結果的には目標をクリアーできず。18本が限界だった。

姿勢がどうも気になる。腕が充分伸びていない。例えば20mのウィリー中、理想的な良い感じの瞬間というのは、うーん、5mくらいのものだろうか?時間にして1〜2秒くらい。

そのスウィートポジションを出たり入ったりする。自分は今そんなレベルってことかな?。それにしてもどうしてあんなに失敗ばかりしてるんだろう?

練習方法として、失敗の連続は意欲を減退させるから、例えば3回失敗したらやり方を変える、または別のことをしてから再度やってみる、という方が良い。と言われる。(失敗を練習するな)

そういう冷静さがな〜。できないと口惜しくてたまらくなっちゃう。(画)

| | コメント (0)

2008年12月10日 (水)

冬の雨の中を自転車で歌う

081210ヘルメットで押さえ込んだ雨具のフードの先を前に引っ張り出してピンとのばす!こうすると雨が顔に当たり難いのです。

暗くて前がよく見えない。(ライトの電池、再充電しなくちゃ、、、)車のヘッドライトでメガネの水滴がギラギラと光るからでもある。

思ったより暖かい雨。落ち葉や小枝でコトコト振動するたびにハンドルにぶら下げてあるベルが鳴ります。
「わたしはサンタかトナカイか?」時期的にピッタリではあ〜りませんか!

♪な・ら・く・の・ものが〜あきのこずえから〜

歌が自然と口から出て来ます。ガハクがメロディーを付けてくれた曲。家がすっかり無くなる辺りで音量を上げて行き、サルがねぐらにしているジャングル横では一番大きな声になります。

歩道をいつもよりゆっくり目に走ったけど、だ〜れにも会いませんでした。K(K)

| | コメント (0)

直ったブレーキ

Cimg8945ディスクブレーキの鳴きがひどいのが直りましたよ。その顛末をば。

1>ローターを台所洗剤で洗ってみた。すると直後には鳴かない。がしばらくすると元に戻ってしまう。何度やっても同じ。

2>パッドをアルコールとサンドペーパーで研いだ
外したメタルパッドの表面をよく見ると、黒い縞模様がマダラについていて当たっている所と当たってない所が区分けされていた。これでは部分的にしか効いていないのでは?ギーギー鳴きの原因はこれかも知れない。

燃料用アルコールを耐水ペーパーにつけてスリスリ。最初は黒い研ぎカスが出るが、続けて行くとそれもきれいになって来る。油分が原因なら効果あるかも。

3>バイクに装着。
鳴かなくなった。でも同時に効かなくなった。(汗;;)
ならし?」と閃いて、ブレーキをかけながらダンシングで広場をグルグル。どの位続けたか?急に前ブレーキが効き始めた。それも鳴かないで。指1本でも簡単にジャックナイフ状態に。つまり完全復活!

4>久しぶりの転倒。
嬉しくなってダニエル跳びやってこませ!と思い切り踏み込みジャンプしたら、アッと言う間に後ろにドーン!

後ろブレーキが大アマの状態で後輪立ちしようとして前にズルッ、と行ったわけ。幸いまったくケガなし。環境か状況か運か、そのどれかまたは全部が良かったのでしょう。それにしてもマニュアル失敗以来の突然のできごとで。。ビビったあ。

ところで。後ろに倒れる時ってどんな具合になってるんだろう?ハンドルを持ったまま空を向いて地面に背中から落ちて行くところまでは覚えてるけど、その時自転車は?仰向けになった身体に降り掛かって来たことがなくていつも横に落ちているんだけど、、。まあ良いや。

5>水をかけた
リアだけどうしても変なので、試しに霧吹きで水をキャリパーごとかけてみた。すると、、、
急に鳴き出して、、、次に音しなくなったら、、これまた復活。
これで両ブレーキとも完全復活!したのだあ。

 ディスクブレーキの不思議(おいらには)でした。(^[^;;画)

| | コメント (0)

2008年12月 9日 (火)

「ケイリン選手がんばって〜」

Dscf0006谷筋のいつもの道を走っていると、どこからか子供の叫び声が聞こえて来るのです。

耳を澄まして聞いてみると、どうも、「、、、がんばって〜」と聞こえます。私に向かって言ってるんだろうか?ハテ?近くに家はないし道に人影もなし、、、キョロキョロ見回すと、道路脇の小高いところにある家のベランダに子供らしき二つの姿。

私に呼びかけているのがすぐに分かったので、返事の代わりに手を振ると、繰り返し叫んでいる言葉がはっきり聞こえて来ました。
「けいりんせんしゅ〜がんばって〜!」
思わずプッと吹き出してしまいましたよ。

道ばたで彼らに質問を受けたことがあるんです。キラキラした目lovelyでこちらを見上げてなんか言ってるので、自転車から降りて、「何?」Kと聞き返したら、
「ねえ、けいりんせんしゅなんでしょ?」ですって。

「そうかもね〜」テキトウに答えといたもんだからこんなことに。(K)

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

真っすぐウィリー

Cimg8955We手前の十文字からMTBのある地点までが40m。

ウィリーでそこまで行けたのはまだ1度だけだ。1度しかなくても「行けた」という事実は自信にもなるし、まだ行けるという希望にも繋がってる。

こうやって線を引いて真っすぐに走る目標にしてみると、何本もやっているうちに5mくらいのところからタイヤの跡が扇状に広がって行くのが分かった。

よく最近は 蛇行したりあらぬ方向にどんどん曲がって行ってしまうことが多いウィリーなんだが、その辺がまず一つのポイント地点なんだな。そこをまず注意しよう。

目線を遠く(20mくらい先)に置いてフロントアップを始める。
腕の力を抜いて、を真っすぐした背中でハンドルを引く。
フロントアップしたら直後に深呼吸をする。
尻でサドルを押す。

深呼吸は、それで普段通りの気持ちになれるように、焦って肩に力が入ったり、息が早くなったりして身体が硬くならないように。

ペダリングは 脚だけでなく腰からするように(サドルを押すことになる)。
そうすると足(ペダル)と手(ハンドル)の連動が感じられる。通常のペダリングってことだけども。

往きよりも元のスタート地点にもどる帰りの方が(気楽だからだろうか)ウィリーしてみると、腕の力が抜けた理想のフォームになっていることが多い。(画)

| | コメント (0)

2008年12月 7日 (日)

跳ぶのがMTB

Cimg8943_2We身体が軽くなった〜note
最近のジャンプ運動のせいだろう、きっと。

その場ホップもできた。
シーソースタンディングも続くようになった。スタンディング自体がうまくなったのと、上体の筋力も上がって体重移動が早くできるようになったらしい。

だけどまだダニエルはできない。
リアホップした後の姿勢が安定しない。
少し粘ることができてもそこからまた前進!なんてまだ夢だ。

今日は天気雨が降ったり風が強く吹いたりした。

夕方になって半月が高く出た。

「おお、お月さま、みんなを幸せにしてあげてください、わたしには美しいお姿をいつまでも見せてやってください、お願いします」

月を見るとどんな時でも何かを願ってしまう。
ウィリーもね^o^w)それにおいらは跳びたいんだ。(画)

| | コメント (0)

2008年12月 6日 (土)

氷雨でもジテツー

081206久しぶりに完全装備です。
いえね、雨の日はちょくちょくあったんですけど、いつも雨の合間をぬって出かけていたので。

さて冬至まであと2週間、だんだん日暮れが早くなっています。4時には薄暗くなって、5時はもう完全に夜です。午後も遅い時間だし、雨で見通しも悪いので赤色点滅灯を3カ所(ヘルメット、サドルバックのとこ、右腕)すべて点灯して出発dash
今日はレジ袋を2カ所使っています。ひとつはザックカバーとして、もひとつどこだか分かりますか?そう、ヘルメットカバー!

走り出してしまえば爽快な雨ですが、体力はいつもより2、3割多く消耗する感じがします。夜の10時頃、お腹ペコペコで帰還。ガハクがbreadパンを焼いてくれてました〜♪(K)

| | コメント (4)

いつの間にか治った脱臼

Cimg8763午後になって急に冷たい雨が降り出し、風も強く吹いて来た。練習場の広場に行く道にも落ちた山栗の葉がいっぱい。

雨の日は室内練習。
しかしこのブレーキ何とかならんかいな〜weep
ギーギーうるさいのよ。
スタンディングでブレーキロックしてギー!
後ろに荷重移動しようとするとギー!
ジャックナイフする前にギー!
ターンしてリアが落ちるとギー!
ハンドルを戻すとギー!

この前直ったと思ったのにまた同じ症状。気分悪い。効き自体が悪いせいだろう。も少し様子見するしかないか。

【本題=直った脱臼】(これ昨日気がついた)2年前の夏のこと。Sidiのシューズを買って嬉しくて仕方がない。降り出した雨のなか履いて出かけたちょい乗りで転倒。左手の薬指を脱臼してしまった。あっち向いてた指をその場ではめ(気持ち悪い話でごめんね)、その後ずーっと氷で冷やしたりしながら生活。医者にも行かずにそのまま暮らしていたが、しばらくはものがしっかり握れない状態が続いた。

暫くして力は入るようになったし日常でもそれほど問題ないところまで回復したものの、他の指のようには自由に動かなかった。この少し壊れた手のままで最期まで行くんだろうと諦めていた。
それがですよ。昨日バットの素振りをしていた時ですよ。全く違和感無いことに気づいたんですよ。
 あれ〜治ってる〜noteじゃあございませんか。

何事も諦めてはいけないなあ、と思ったですよ。
市の広報にありました、筋力は高年齢でも鍛錬すれば上げることができるとか。最近のジャンプ運動やKyoちゃんのコーヒースクワットがいずれ大きく効いて来ることをわたしゃ信じているですよ。(画)

| | コメント (0)

2008年12月 5日 (金)

Coffee time スクワット30回

Cimg8923cafeうちのコーヒータイムに、突如スクワットトレーニングが導入されました。

トラトラ道場の先生、オカッピーさんの影響です。コーヒー豆を蒸らしている間にスクワットを30回やるんです。

昨日から始めたんですけど、ちゃんとやるとポカポカハアハア身体が温まりますspa。30回やって1分ほど経過、蒸らしがいつもより充分だったようで、ビターな味がしました。

うちはふたりともコーヒー大好き人間。一日5、6回はコーヒーを入れます。

ガハクが入れてくれることもあるので、私がやるのは半分の3回として、サザンガキュウ〜、、、つまりスクワットを一日90回やることになる訳で。

みなさんも日常トレーニングに「珈琲タイムスクワット」いかがですか。happy01(K)

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

久しぶりに山の空気

Cimg8909裏山を走った。相変わらず静かな山の中、MTBを止めて辺りを眺め回す。冬の冷たい空気。枯れた草の色、白くなったススキがひらひらと風に揺れている。この季節なりの緊張感がまた気持ち良い。

頂上までは行かず途中で引き返す。ここまで全部ダンシングで登って来た。足つきは無数で何も自慢するようなことはないが、坂道発進も含めてサドルに一度も座らなかったのは偉かった。

下り始めるとブレーキの調子が変。やたらにギャンギャンと鳴る。

最近ダニエルでリアがズルルッと滑ったり、ジャックナイフで前輪が充分止まらんかったり、、、何だか甘くて指1本では頼りない感じだった。

それが下り始めてもろに来た。コーナーで、効くはずのブレーキが効かず、後ろに体を残したままバイクだけ前にスッと出てしまってちょっと慌てた。スピードが遅かったから何のこともないがブレーキがこれじゃ困るよ。

林道に出てからは作動具合を注意しながら下って行った。

ディスクが微振動してそれがフォークに伝わり共鳴して音が出ている。フルブレーキングしたり前後替わりばんこに緩くかけたりしながら下って行くと、ある段階から音が消えてグググとブレーキが効き始めた。

まるで“ならし”だね、これ。もう何ヶ月も使ってるよ。何度も“ならし”が要るんかい?これこそ『ディスクブレーキの不思議』じゃないでしょうか?

山から下りて広場に行き、ジャックナイフターンの練習。普通にブレーキロックできた。復活したらしい。コギ上げダニエルでのリアのロックも不安なし。ダニエル、早くできるようになりたいな〜^^;)

We今日のウィリー。
 30本中 20m以上 16本。成功率半分でした。30mなし。
 全体的に速度が遅くなってる。それだけ距離が出にくいんだと思いたい。(画)

| | コメント (0)

2008年12月 3日 (水)

ナイター練習場

Cimg8903気がついたら陽はもうすっかり暮れ。夕練が日課の身にとっては困った季節だ。

一年前の今時分はいつも峠が気になっていた。家の回りはぐるりと山に囲まれている土地柄MTBに乗っていれば自然に峠へと気持ちが向かうのは当たり前でしょ?(そんなこたあない?)

今ではウィリーがおれを呼んでるんですがな。だからとにかく外に自転車で出た。おいら乗らずにはおれない病気にかかっております。

近くの道路でウィリー始動!
でも〜やっぱり手元足元が暗いしどうも身が入らんなあ。何かケガしそうな気もしてきた。

cancerもしもしそこのあなた、ダニエルなんか良いわよ、狭い所でできるし。え?うまく行かないって?うまく行くことばかりが練習ではありませんことよ。失敗の連続のなかにも何かが生まれつつある、ということもあるのですから。そういう毎日の積み重ね、bud植物にも不断の観察と毎日のちょっとした手入れがその花を咲かせ、実を大きく結ばせることになるのです。sagittarius国取りの戦もまた同じこと。小さな気づきが積み重なって大きな野望の花を咲かせるのです。心が動いた時がまさに動く時なのでございますよ、立ち上がりなされ清盛どの!!fuji

というわけで家に戻り、玄関灯、作業場の灯りなどをつけてみる。こうすればけっこう練習できそうだ。ついでに隣家の窓の明かりも期せずして参加してくれてるじゃん。

そのまん中でダニエル練習。
まだできないけども、最近のジャンプ運動の成果が出たか少しずつ体が動くようになったみたいで嬉しかったあ。(画)

| | コメント (4)

2008年12月 1日 (月)

落葉直前のジテツー山稜

Dscf1128夕暮れの斜め光線がきれいだったので、自転車をとめてcamera写真を撮りました。その時はこれが今シーズン最後の紅葉になるとは知りませんでした。

この後アトリエに着いて、いつものように夜の静けさの中でコツコツやっていたら突然typhoon風が出て来たんです。ビュービューと山は鳴るし、アトリエの薪ストーブの煙突が時々ブルブルッと振動します。木枯らし一番ではないと思うけど、本格的なsnow冬の到来を告げる風でした。

帰る時間になっても風が止まないのでガハクにtelephone電話を入れて、
「用心して歩道を走って帰るから時間がちょっとかかるかも」と言うと、
airplane追い風で走りやすいかも知れないよ」
「ふ〜ん、そうかな〜」と、こんなやり取りをしたんです。

yachtヨットに乗っている人は無風状態と聞いたことあるけどあれがそうなのかな?
風がなくて漕がなくてもスイーッと自転車が転がる。いつもの調子でシフトレバーをカチッと上げてももういっぱいでいつもよりスピードが出ていたらしいのです。こっちの感覚がおかしくなってるのかと思ってしまいました。

杉の小枝やケヤキやmapleの葉っぱが散乱している中をゴトゴト。こういう時はbicycleMTBが最高!(K)

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »