« MTBトレーニングの意味 | トップページ | ウィリージャンプ »

2009年1月21日 (水)

MTBで雪山へ

Cimg9786レッスン場(と今日から練習場の広場を呼ぶことにしました)の横にある坂が凍っていた。

恐る恐る足を乗せてみたらツルツルだった。こりゃスニーカーなんかじゃまったくダメだ。

思わず閃いたのは、某掲示板で教わった自転車用スノースパイクタイヤのこと。何でも「まったく滑る気がしない」とのこと。ホントかしら?でも仮にこんな凍結路面でもスリップしないで走るタイヤの方は良いとしても、スニーカーじゃあ足を着いた途端に滑っちゃうでしょ?靴もスパイクがいるな、こんな場合は。

て、そろそろ雪が来そうな気がして来たよ、おいら。
去年は雪の裏山でさんざんMTB遊びをしたっけ。ガハク号のVブレーキをディスクに換えたのもこの時の雪道でVの役立たずが証明されたからだった。

そこで今気がかりなのはフロントのブレーキ。どうもフワフワして信頼感がない。そろそろ雪が来るでしょ、そしたらさっそく登るでしょ、そんな時せっかくのディスクがweep,,,じゃイヤなので、オイルを注文しました。エア抜き(オイル交換?)してみますわ。

リアの方はしっかり効くので、ウィリーにしろ今取り組んでいる技には危険は無し。なんだけど。

う言えば『ゆっくりウィリー』

難しいな,,,どうしても段々スピードアップしてしまう。そうでなければブレーキでバタン!! そのどっちかのケース。

そうそう、久しぶりに後ろに倒れてしまった。下が軟らかかったのと、腰と背中全体で落ちたのとでケガは無かったけど、ビビった〜^^;;。ヘルメットの後頭部の衝撃が一番驚いた。変に出っ張ってない方が形としては良さそうだなあ。

フロントが上がったところにリアブレーキ、そこで落ちかけたのを上げ直そうとペダルを漕いだ瞬間にグルンッ!!と行っちまった。ブレーキもコギもわずかに、の逆見本だね。(画)

|

« MTBトレーニングの意味 | トップページ | ウィリージャンプ »

山で出会うもの」カテゴリの記事

コメント

> ヘルメットの後頭部の衝撃が一番驚いた。

そうそう。私も驚いたコトがあります。流線型に後ろに
長いので、後ろに倒れると、しっかりアゴを引いても
地面に当たっちゃうんですよね(^^;)。

> 変に出っ張ってない方が形としては良さそうだなあ。

はい。それで OGK の クリフ を買いました。
http://www.ogkhelmet.com/bicycle/road_mtb/cliff/index.html
外国製など 他のメーカーのモノは、イマイチ 頭に
フィットしなかったんですよね~。
あゝ、悲しいほど日本人(^^;)。

投稿: Danhan | 2009年1月21日 (水) 17:07

やっぱりそーですかあ,,,,
今のヘルメットも3年は使ってるし、そろそろ新ヘルかな〜とも思ってるんですけどね。OGKも悪くなさそう。ああいう形のってけっこう安いのも嬉しいです。
でもDanhanのおっしゃるように実際に被って選びたいしなあ。
最初のヘルメット選びの時に、妙なあっちのメーカーのがしっくりしたので、
「これ良い♪」って言ったら、店長に
「それ子どもっぽいからダメ」と却下され、日本人向けでもあるしということで勧められた今のメット、正直言って頭に最期までしっくり合わずでした。
>悲しいほど日本人
良いじゃないですか。子どもの頃からイビツ形状のぼくはドコ人なんでしょうか?

投稿: ガハク | 2009年1月21日 (水) 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MTBトレーニングの意味 | トップページ | ウィリージャンプ »