« ジャックの森でタイトターン | トップページ | 冬の風物詩(ガハク編) »

2009年1月17日 (土)

歩く速度でウィリー

Cimg9761イキングコースにもなってる山道でオフの上り下りの練習。

<登り>
坂の途中でスタンディングからの坂道発進。途中停止してからの再発進。ゆっくりしたスピードでは最後の所にギャップがあって乗っ越すのが難しい。4回トライしてクリアは1度だけ。

普段練習しているコギホップと送り出し(みたいな動き)を自然にやっていた。チョと自信。

<降り>
ちょっとドロップオフ気味にギャップを降り、少しなだらかになった場所でジャックナイフターンとフロントピボットでの方向転換に挑戦。

ところがなかなか行くタイミングがつかめない。というのも狭い上に左は山、右は崖なので得意回りの左ターンは崖に正対する為怖くてできず、逆回りで失敗転げそうになる。1回で諦め。

ウィリー。課題の「ゆっくりウィリー」

どれくらいのスピードが“ゆっくり”なのかは基準が無いが、まずは歩くくらいの速度が目標かな。

サドルを一番下まで下げてやってみた(普段のウィリーではちょっと上げている)。少しペダリングがしづらいが、まくれる寸前までフロントを上げるとなると前後のバランスゾーンが広くなる感じがする。

ゆっくりウィリーでのブレーキタッチは微妙なんだけど、その一方で、ペダルの力もダイレクトに伝わる。下がりそうになったフロントを漕ぎで上げ直すのは簡単だと思った。

帰宅したら背中の筋肉に張りが。(画)

|

« ジャックの森でタイトターン | トップページ | 冬の風物詩(ガハク編) »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

ウィリー10」カテゴリの記事

コメント

いい感じのコースですねー。自分も今日はMTBを街のり用から、山用に組替えるつもりです。

先日の某掲示板の書き込みしましたが
厳しい内容ばかりで 書きたくない内容でした。
きっちりルールを周知するのはあの掲示板しかない思ってますんで、ここで 厳しくかかないともうグダグダになると思ったもんで・・。
実際のことは自分できちんと判断して行動するべきものですけどね。ちょっと変な人が混じってたので特にああいったことを書いてしまいました。本音をちょびっと。

投稿: なんぱく | 2009年1月18日 (日) 07:37

あの某掲示板はこんな殺伐とした時代によく生き残っていますよね。
それもなんぱくさんや門岡さんのような方たちがいらっしゃるからだと思っています。
書き込まれない方が大勢いるのでしょうけど、良識のある人たちの視線を感じますから、そういう力も働いてるのかな。

この写真の峠道を(行きだけですけど)毎日走っています。国道からそれてここを抜けると2、3分ほど遠回りになりますが、愉快です。

投稿: Kyoちゃん | 2009年1月18日 (日) 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャックの森でタイトターン | トップページ | 冬の風物詩(ガハク編) »