« ビジュアル系のヘルメット | トップページ | 雨上がりのトレール »

2009年1月31日 (土)

前上がりのスタンディング

Cimg9900輪が上がった状態でのスタンディングがめっちゃニガテなので、20〜30㎝の高さの箱を置き、そこに前輪を乗せてスタンディング練習を始めた。昨日よりは今日の方がうまくなるからこれも慣れだろうとは思うが、前に全部の体重を乗せるべしと聞いているので、箱の方に体重を預けようとするが、どうもその感覚に疎いようだ。もう一つピンと来ない。

トレールでは、登りはずっとダンシング。坂道発進もスタンディングから。
これも最初は難しかった。
前輪の上がった状態でのスタンディングは前重心なのに、発進する為のトルクをかけるには後ろ重心にしないとオフでは簡単にリアが滑ってしまう。だからスタンディングしたら発進する直前に後ろに重心を移し、ハンドルを腰に引きつけつつペダルを踏み込む。前輪も真っすぐ前を向いてないといけないわけだし。

道の一部には雨でえぐれた深い溝がある。溝で別れた道のこっちからあっちにホッピングで跳び移ろうとして失敗。溝にはまってしまった。ゆっくりなスピードだったのでひっくり返りはしなかったが、口惜しいのでそこで練習。

コギホップもうまくなりたい。(画)

|

« ビジュアル系のヘルメット | トップページ | 雨上がりのトレール »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

コメント

前輪を段差の上に置いた状態で ハンドルをどちらかに切ってのスタンディングは、私も苦手で、やはり難しいと思います。 なので、無理してソレをやるくらいなら、段差の上に前輪を乗せた状態で、ハンドルは真っ直ぐで、小さな両輪ホッピングか、やはり小さな前輪だけのホッピングが やりやすいと思います。 トライアルの競技の映像などを見ても、前輪を段差の上や、ことに段差の上が水平でない岩の上に乗せた状態では、ホッピングを多用しているように見受けられます。

投稿: Danhan | 2009年1月31日 (土) 22:14

ありがとうございますm(__)mでも,,,
>ホッピング
やりたいんだけど,,それする前の段階なんですよお,,実はr(^^;)m。
最初から前輪真っすぐでした。
でも嬉しいことに、今日は昨日より少しうまくなりましたよ。続けてけば何とかなるかも^o^)♪という希望が湧いて来ました。

投稿: ガハク | 2009年1月31日 (土) 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビジュアル系のヘルメット | トップページ | 雨上がりのトレール »