« 毎晩凍ってはまた融ける | トップページ | 初夢(には遅過ぎる) »

2009年1月 9日 (金)

パーフェクトを求める

Cimg9600ウィリーばかりやっていると、右の膝が痛くなって来る。

たぶん後ろへの体重移動があまりスムーズにできない時、コギ上げる力でフロントアップをしてしまっているせいだろう。それでもできちゃいますからね。

全ての動きがパーフェクトでなくてもどこかがその分をフォローすればできてしまう。その代わり本来ならフォローしなくても良いはずの所にしわ寄せが来るわけです。

全体がそのしわ寄せを当然としたシステムになってしまえば当面はそれでも回るだろう。でも理想から言えばパーフェクトとは呼べないそのシステムはいつか必ず壁にぶち当たるに違いない。

(あれ?オレなんか別のこと言おうとしてる?時事ネタ?)

さてウィリーはともかくシーソースタンディング。
こっちが問題だ〜じぇんじぇんでけへん^^;;
   色んなことをしてるのもパーフェクトなものを追求してるからこそだい。

ホッピングの練習は階段を登ると良い、と『トラトラ道場』にあったので、近くにある工場の階段に行く。階段を登るとすぐ向こうを電車が通る場所。

いざ登ろうとすると、登れない、やっと一段,,二段,,,でもこれそうとう,,,,疲れるう,,,;;;)バランスとタイミングがとれない上に、とにかく相当なパワーが,,,,ほんとにできるんかい;;;。(画)

|

« 毎晩凍ってはまた融ける | トップページ | 初夢(には遅過ぎる) »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎晩凍ってはまた融ける | トップページ | 初夢(には遅過ぎる) »