« 強くなった太陽 | トップページ | 上達の必須アイテム »

2009年1月28日 (水)

冬のカタクリヤマ林道

Cimg0029タクリ山林道を久しぶりに走った。

元はと言えば歯医者までMTBで行ったこと。家から6キロくらいの行程なんだけど、最近は家の回りばかりで遠くへ走りに行くことがほとんどなかった。

スカーフを耳まで覆う形で頭を覆ってその上にヘルメット。でもやっぱり走り出すと風が顔に冷たい。自転車の前傾姿勢での寒さ対策は首回りがポイントだな。どんなに厚着していてもここから風が入ると始末が悪い。(そんなことを思い出したのも先日の歯医者さん行だったっけ、そのくらい遠乗りしてない)

そこで帰りに久しく走ってないこの場所を走ることにしたわけです。

り始めはちょっとしんどく、こんなんで走りきれるかなと弱気になったが、しばらくすると調子が戻って来てしんどさも無くなった。そんなもんなんだね。

山の北向斜面をトラバースする形の道なのでこの時期凍結なんかしてないかと少し気になったが、全ルート完全にドライで、まったく心配無しだった。むしろ崩れた土砂が道に堆積していたり、倒木が頭上に倒れかかったりしていたところもきれいに片付けられ、前より走り易かった。

ところどころで合流するシングルトラックの入口を横目で見ながらパス。時間ないから今日はガマン。でも写真は撮ろうと立ち止まりトレールの中を覗いていたら、目の前をミソサザイの焦げ茶色の身体がポロンと横切った。

ミソサザイという鳥を皆さんご存知でしょうか?ほんとにほんとに小さな鳥で、その小ささは大きなセミかと思うくらい。暗い林の薮の中なんかで明らかには姿が見えない。でもはっきりした通る声で鳴く。姿は控えめで目立たないが可愛いし品がある。

おいらもあんな風になりたいなあ、と大それたことを思うガハクでありました。(画)

|

« 強くなった太陽 | トップページ | 上達の必須アイテム »

カタクリ山林道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強くなった太陽 | トップページ | 上達の必須アイテム »