« 壊れたチェーンカッター | トップページ | 蛇がいない山 »

2009年4月22日 (水)

チェーンカットは素手で

Cimg1587工具が壊れる原因になった箇所(中央のピン)。
アウターリングにチェーンピンが完全に渡っていない。この状態からさらにねじ込もうとしてカッターのピンに無理がかかり横にねじれて折れたに違いない。

チェーンなんてよっぽど古かったりしない限り切れるもんじゃないと思っていた。だからツーリングに持ってかなくても良いのでは?と以前ショップのマスターに聞いたら、20人ほどで出かけた時1人切れたことがあったとのこと。多分こういうところから切れるんでしょうね。

さて直そう。まずはチェーンを灯油で濡らしたボロ布できれいに拭く。こうすれば素手で触り易くなる。いつもは素手でやっているのに何故か昨日に限って手袋してたからいけなかったんだ。

Cimg1591チェーンカッターはもう1個あるのだーsign03別に自慢じゃないけど。

トピークの携帯工具。あまり使ったことはないが6角レンチなんかは普段使っている黒いやつ(ホームセンターで売ってたセット品)より精度はずっと良く思える。それに随所に施された工夫には感心するばかり。

さて問題のチェーンカッター。これも使うのは初めて。チェーンテンショナー(て言うのは別のもの?)も付いてる。ハンドルは付属のタイヤレバーが兼用になってる。取り外しできるわけでこれはそれなりに便利でもあった。ピンを押し込んだ後、レバーを外してボルト部分を指で回すと簡単にチェーンから工具を外せる(この説明で分かるかしら?)。ま、どうでも良いかも知れんけど。

また壊したらもう代わりの工具はないと思うとちょっと緊張したが、使い勝手はそれほど悪くなかった。壊しちゃった工具よりも軽く作業が出来たし手応えも分かり易かった。

ほんとはフロントギアは1枚で良いんだ。けどチェーンが外れ易くなっちゃうからな。(画)

|

« 壊れたチェーンカッター | トップページ | 蛇がいない山 »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壊れたチェーンカッター | トップページ | 蛇がいない山 »