« 回復の兆し | トップページ | 練習のお供 »

2009年4月16日 (木)

山道は下り優先だったっけ?

Dscf0005の近くの峠道。ここからは急な下り、右側は深く切れ込んだ崖になっている。最初は怖かったこの道も、慣れた今ではそれほど緊張しないで乗っていける。

ハイキングコースにもなっているし、今は1年でもハイカーが多い時期だ。先日もここで10人くらいの集団に出会った。コーナーを曲がってからご対面。こちらは下り、向こうは登り。

「じてんしゃ〜」という注意を喚起する声で列が坂の途中で止まった。ハイカーに山道で出会ったら降車して道を譲るべしと言われているし、ぼくもそうするようにしているが、みんながこっちを見上げて通り過ぎるのを待っている。

そのまま会釈しながら降りて行った。全員山側に寄ってるから崖側にしかルートはない。こっちは慣れてるから良いがそうでなければ怖くて通れなかっただろう。心でつぶやく「もっと寄らんかい」。最後尾のリーダーらしき女の人の前でピタッと止まって、
「ありがとうございました」と笑顔で会釈。向こうもお辞儀。

bicycledashそこからビューンとすっ飛ばして溝をジャンプしたりしてこれ見よがしに下り降りたが、嫌みには感じなかったかな?(画)

|

« 回復の兆し | トップページ | 練習のお供 »

山で出会うもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回復の兆し | トップページ | 練習のお供 »