« 山道は下り優先だったっけ? | トップページ | 山梨の大木の下をジテツー »

2009年4月17日 (金)

練習のお供

Cimg1397犬の名前は「トワン」。実はインドネシア語から来ている。中国語にも同じような言葉があるらしい。意味を知ってる人にはオカシく思えるはず。→知りたい方はこちら

飼い主が庭で何かやり始めると楽しくなるらしい。木の棒が大好きでくわえて遊び始めたりする。一番好きなのは飛びかかったり噛み付く真似をしたりして走り回ることだ。闘争本能が強い性格なのかな。でも人に噛み付いたことは一度もないし、よその犬とも概ね友好的で大人しい。幼い頃から庭で放し飼いにしていたので近所の人気者だった。わざわざ噂を聞いて足を伸ばして見に来た人もいるくらいだ。

裏山トレールに連れて行くとガハク号よりもずっと速い。

<足首を軟らかく大きく動かす>
コギホップで大きく跳ぶにはガンと蹴る,,,でも考えてみると、蹴る支点が地面とペダルではだいぶ違いませんか?
相手が地面の場合は「つま先で蹴る」けど、一方ペダルの場合はペダルの中心、蹴ってるのは足裏の母子球の辺りなわけ。「母子球で蹴る」という感覚を覚えなきゃならないわけでしょう。結構難しい。

ペダルを踏み外してスネをガツンとやった。コギホップの練習中。ガードの上で何ともなかったが、着けてなければまた穴が開いてただろう。

プロテクターなんか要らないような走り方を目指すべきと先ずは教わったが、今こうやって練習していると、足首を思い切って動かせない理由に怪我をしそうな怖さがあるからかも知れないと思う。実際スネは傷だらけだもの。
練習内容によっては上手くなるお友だちかもね。(画)

|

« 山道は下り優先だったっけ? | トップページ | 山梨の大木の下をジテツー »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山道は下り優先だったっけ? | トップページ | 山梨の大木の下をジテツー »