« 憧れだったハグロトンボ | トップページ | チェーン外れ防止 »

2009年5月28日 (木)

漕ぎ跳びターン

09528_2雨の日は室内練習。例の輪を置いて『漕ぎ跳びでターン』。

真っすぐ前の輪にFタイヤを跳ばせば『オットピ=漕ぎ跳び』でホイールベース分跳んだことになる。これはセットさえウマく決まればほとんど成功。問題はターンだ。45度斜め前の輪にFタイヤを入れ、RタイヤをFが今ある輪に跳ばして来なければいけない。これがまだできない。20センチ?は足りない。

最大の原因は跳ぶ直前の停止動作に不安があるせいだ。充分に力を溜められないというわけだ。バランス感覚をもっと磨くべき。

聞いた話では、筋力はすぐに落ちないが感覚は短時間で失われるそうだ。
そこでガハク流解釈。
筋力は休み休み運動でも付くが感覚の方は継続的に訓練しなければならないと言えないか?

外を見たら雨が止んでいた。家の前の空き地に出かけてオットピ練習を始めた。排水路の上に置いてある鉄網をまたいでバイクを前に跳ばす練習。少し前上がりになる位置からちゃんと後輪が上がらないと鉄の網がガタンと音を立てるからすぐ分かる仕組み。

それが終わったら段差に前輪を乗せてオットピ練習。Fタイヤの位置までRタイヤを跳ばせれば完成。30センチくらいの高さの石に一度だけRを乗せることができた。

気を良くしてさらにやっていたら止んでいた雨がまた降り出した。それでもまだ小降り。と思う間もなく雨の粒が急に大きくなった。こりゃまずい帰ろうと線路の向こうのわが家へ。しかし警報が鳴り出し遮断機が下りる。ありゃりゃ,,,まだかいな,,,雨はさらに強くなる,,,やがて目の前をゆっくりと特急が通過。すっかり濡れてしまった。(画)

|

« 憧れだったハグロトンボ | トップページ | チェーン外れ防止 »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 憧れだったハグロトンボ | トップページ | チェーン外れ防止 »