« 古武術に学ぶ | トップページ | ジテツーにも水ボトル »

2009年5月22日 (金)

パラレルへの道

Cimg2176sign02なんて大言壮語な題名なんだ。
いまだダニエルもできないのに後輪ホップで横跳び(パラレル)なんてできるわけもない。しかし一応その準備運動と言うかそのトリックへの基礎編ということでご勘弁を。

<漕ぎホップで90度ターン>
(=前輪は真横へ、後輪は前輪のあった位置まで跳ぶ)

『トラトラ道場』の今月の課題は<180度ターン>なんだけど、ガハクにはとんでもないテーマなので最初から見送り。<90度>は前回の課題。ひと月遅れではあるけれども。

さて画像の説明です。
地面に描いた右の前後2つの○(横倒しのバイクのタイヤ付近、前の○はタイヤ痕でちょと分かり難い)が最初の前後輪の位置。こっちを向いているバイクがピョンと跳んで、前輪が右横(こちらから見れば左)の○、後輪は前輪が元あった位置まで移動。その結果バイクは90度ターンして横を向く。それが目標。(分かりますかねえcoldsweats01

だから○は3つで良いんですが、<90度>はまだとうてい無理なので45度くらい横向きにできれば、つまり前輪だけは手前の○でもまずはOKということで。(分かりますかねえcoldsweats02

地面に描いた○ですが、『,,,道場』主催のオカッピー先生お勧めは水道ホース。短く切って端をテープでつないで丸く輪にしたもの。どこでも置けてしかも少し高さがある。絵としても見映えが良い。しかしホースはガハク家の生活必需品の為短く切るに忍びずこれまた見送り。まあこれでも良いでしょ。すこし分かり難いけど。

<結果>
前輪を目標まで跳ばすことはできた。しかし後輪は前輪の跳ぶ方向につられてずれてしまう。だからターンというよりも何となくそっちの方にバイクが跳んでいる感じに近い。

とは言え練習と言うのは正直だ。あんなに全力で跳んでもやっとこさのオットピが、そんなに力を使わなくても跳べるようになったから。平地なら前輪の位置まで後輪を跳ばすのは今はそんなに難しくない。

ホップの瞬間、足首を返す練習をしたらバイクがピョンといきなり跳ねた。両足で跳ぶ感覚も掴めた。でも足首を返す、って今までやろうとしても出来なかったんだよな。

しかし久しぶりに手の平が痛くなった。(画)

|

« 古武術に学ぶ | トップページ | ジテツーにも水ボトル »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古武術に学ぶ | トップページ | ジテツーにも水ボトル »