« “生け贄越え” | トップページ | 自転車のペダルは前後してる »

2009年7月20日 (月)

ハンドル引きつけジャンプ

Cimg3157また夕焼けの季節ですねえ。
って、もちろん夕焼けは一年中あるけれど、何と言っても夏の夕暮れのが最高だと思えて。なんかノスタルジックだし心にシンと来るでしょう。と思うのはオレだけ?

こんな夕焼けを見ると数年前だったら自転車で上がった峠を思い出していたに違いないんですよ。毎日のように山や峠に走りに行っていたから。

坂道を上がるのは苦しくても頂上に着けばまた登って来ようと思う。一気にダウンヒル、帰り着けばまた登りたいと思う。喉元過ぎれば,,,。

一方、視界の効かない山の中なんてどこが面白かったのか。今でも人に説明できるかな?人気のない暗い森のなかの道?を担いだりもしながら,,,自転車といっしょにいることが面白かった。別世界への憧れ?現実逃避ということも。

今ではだいぶ遊び方が変わっちゃったな。

09719<フロントアップ>前輪の高さを変えて。

前が低い方がやり易い。理由はスタンディングが安定するせいだろう。フロントアップだけなら最初から前輪が高い位置にある方が容易なはずだし、低い所にある前輪を上げるのは体力要る。

しかし前を高い位置に置いてから繰り出す技の多いことを思うと、その姿勢でのスタンディングがニガテじゃだめだろうなあ。

最近のフロントアップ練習で痛感したこと。
難易度の高い技はそればかり練習していても習得は難しい気がする。先生に見てもらえれば良いけど一人でやってるとできない時に初級者にはなかなか本当の問題点が分かり難いからじゃないか。それに頭で理解できたとしてもそうイメージどおりに身体は動いてくれない。

そうなると、できないオットピターンできないロックウォークできないバニホできないダニエル,,,

それぞれの技を分解してみるというか、できるだけ単純なテクニックだけに限定して練習してみると良いかもしれない、と思えてきた。この場合共通の問題点は『ハンドル引きつけ(ジャンプ)』。

とすれば自転車の前を大きく立ち上がらせる練習?うーん。(画)

|

« “生け贄越え” | トップページ | 自転車のペダルは前後してる »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “生け贄越え” | トップページ | 自転車のペダルは前後してる »