« 犬の背中でウィリージャンプ | トップページ | 秋晴れと上弦の月 »

2009年8月26日 (水)

涼しくなったのに

Cimg3659ハグロトンボ
今年はこいつを良く見た。多いんじゃないかな?川のそばに行けばあちこちによく飛んでいる。エメラルドグリーンに青く光る胴体とつや消しの不透明な黒色の羽が美しい。

<ミンミンゼミ>
すっかり涼しくなったがまだミンミンと鳴いている。一時的にツクツクホウシと聞いたそうだがその後は聞かず、未だ交代時期には来ていないらしい。

<トリ>
『ガビチョウ』だってね、あのトリの名前。以前から大きなよく通る声で特徴的に鳴くし身体も大きいので目立った。最近では東北に行った時に聞いた『アカショウビン』のグリッサンドに似たような声で鳴くヤツも出て来た。何でも器用に真似する能力があるらしいからきっと東北帰りに違いない。あっちで仕入れて来たんだろう。

だれか有名な美術家を思い出しませんか?ヒント→ピで始まる名前です。

<ウィリージャンプ>
逆足で漕いでフロントアップ。そのとき身体が後ろで待機していないと前に出る(ジャンプする)余地がない。どうもこのポジションがうまく取れてないらしい。

気づいてみればこのスタイル、『ダニエル跳び(=漕ぎホップ)』の瞬間の姿勢とほぼ同一では?

そうなればここから漕ぎ足での一気の漕ぎホップとなるわけだ。そう考えたら前半のフロントアップと後半の漕ぎホップそれぞれの、ペダル(漕ぎ足)と身体の位置、そんな風に動きをいっぺん分解して考えてみたらすごく単純に理解できそうな気がした。

バイクが静止状態からのダニエルジャンプはバランス維持が難しい。それに比べてウィジャンは動いているから左右のバランスはずっと取り易いはず。これができなければ“ダニジャン”はモチロンできない。

フロントアップからさらにハンドルを引きつけて後輪ジャンプ。これはバニーホップにも繋がる動きなわけでして。

ウィリージャンプ、だからここでしっかり練習して身につけようと思う。(画)

|

« 犬の背中でウィリージャンプ | トップページ | 秋晴れと上弦の月 »

mtbダニエルへの道3」カテゴリの記事

コメント

そうなんです。
全ての動きは何処かで繋がってますよね。
1つの練習を、複数のことに役立てれるのは、ガハクさんの理解力の賜物だと思います。
頑張ってくださいねぇ!!

投稿: okp | 2009年8月28日 (金) 02:28

はい。がんばりますっ!
繋がってるからこそそのひとつができないと全部に影響してしまいますよね。
それにしても練習がうまくいかないとナンカ何もかもうまくできないオレ、と後ろ向きになりがちなんです。フと思えばスタンディングがうまくなってたり、フロントアップが苦じゃなくなってる自分もいるわけなのに。
でもそんなことは何故か励みにならない。おかしなことだなと思います。

投稿: ガハク | 2009年8月28日 (金) 08:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬の背中でウィリージャンプ | トップページ | 秋晴れと上弦の月 »