« フォークのガタの原因 | トップページ | ヘンな虫 »

2009年9月25日 (金)

立ち幅跳び

09925<立ち幅跳び>
三日前に思いついてやり始めた。最初は自分がどのくらい跳べるものなのかちょっと知りたいと思ったのね。自転車でジャンプ練習をしていて、こんなにうまく跳べないのは自分にジャンプ力がないからだろうと考えてたから。

試しに床に線を引いて跳んでみた。dash測ってみたらつま先から踵後ろまでで150センチ以上は跳べたようだった。手応えとして身長くらい(168センチ)は跳べるだろう、と数回跳んでるうちに『跳び方』というのを思い出した。高校生の頃教わった「立ち幅跳びのやり方」だ。若い頃教わったことっていつまでも覚えているものだなあ,,,ある意味恐ろしいpig

教わったのはkey
『腕で跳べ』後ろから前に大きく振る、前方にまっすぐ伸ばす。
『腿を腹につけろ』身体が反った反動で足をできるだけ前に出す。着地点を尻もちつかないぎりぎりの遠くまで届かせるため。膝を引きつける。空中で腿が腹につけば相当前に足が出せるはず。

そういうことを意識しながらやった今日の記録は205センチ。意外と跳べたのでちょっと満足。heart
脚の引きつけは結局腹筋力だと判明。幅跳びには幅跳びのテクがある。「ジャンプ力」とは単純に筋力のことではなく、遠くへまたは高く跳ぶ身体の使い方のことだ。

bicycle<ウィリージャンプ>
この後自転車に乗りウィジャンをやってみた。思ってもいなかったことに、ジャンプに行く時のバランスが良い感じがしたし、ハンドルの引きつけが格段にうまくなっているではないかsign02そーか、身体の使い方というのは何でも同じなんだな、と納得。

問題は腿と腹がくっつかないこと、若い頃はできてたはずだが。こりゃ練習もだが腹筋力もつけないとイカン。new100歳までMTBに乗ってる為の課題がまたひとつ。(画)

|

« フォークのガタの原因 | トップページ | ヘンな虫 »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フォークのガタの原因 | トップページ | ヘンな虫 »