« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の記事

2009年10月31日 (土)

ペダリングのコツ?

Cimg7977<ペダリングの諸問題を解決する>(笑)べく出発。

途端に砂利にタイヤとられて転けた。めっちゃ久しぶりのSPDの立ちゴケ。平ペダルから戻して最初の違和感がなくなったら今度はビンディングだということを足が忘れちゃったらしい。ほんとに不器用だなオレ^^;;)。今日は用心深く行きなさい、ってことだね。

さて、課題は?,,,
そうそう、『ケツで踏め!』だっ。
いやそうじゃなくて『尻の筋肉を意識して,,,』とか『足の付け根で踏むような,,,』だったな。

踏んでみる。。。あ、そうそう『切り返し』ってのがあった。クランクの上死点で踏んだらすぐに逆側に乗るんだよね。う〜〜ん〜〜,,,こいつはよく分からないなあ〜,,,踏んでる瞬間に逆側が上がって来るから思った時には既に遅し、って感じで意識が遅れてしまう。

「中野のコーさんが得意だったという切り返しかあ、“おれは脚力はあまり無い”なんていくら何でもウソだろ、言いたいことは分かるけどもさ」

踏んだらすぐに逆側!踏んだらすぐに逆側!,,,と何度も何度も繰り返したんだけど,,,
“上死点から踏む”なんてできないだろう、と思い始めた。その位置から踏むとは、実際にはペダルを前に蹴り出すような足の使い方じゃないの?と。もしそうならビンディングペダルだからできることだぞ、と。

しかしそこで、もう一つ似たようなことを思い出した、
『ウィリージャンプをうまくやりたいなら、あなたはもっと高い位置(12時の位置)からペダルを踏み込みなさい』というアドバイス(←by okp=岡村周治さん←正確に!)。おんなじことかも、と思いました。ただあれはバイクがウィリー状態だから絶対レベルからすればほんとに12時の位置なんだけども。

<要するに対応というか反応が遅いというキミの身体能力の低さ、それだけのことかも知れませんよ>

『付け根で踏む』とか『大臀筋』とか『上体リラックス』とか『脚全体で』とか『ナンバ歩き』とか,,,とにかくそんなことを色々やりながら坂道を登っていたら、いつの間にかけっこう高い所まで来てしまった。

脚の痛みは出なかったし、登る=頑張る、というストレスもなし。
自転車運動は楽しnote(画)

| | コメント (4)

2009年10月29日 (木)

リハビリの運動量って?

Dscf0738お尻がサドルの上でクリクリ動いてGパンでは始末が悪いのでレーパンを履いて出た。何せ骨盤回りにお肉がほとんど付いてないのでゴロゴロして気持ち悪いのだ。時間が長くなると痛くもなる。

すると今度はスルスル滑って具合が良いような悪いような(←どっちなの?)。このアソスのレーパンは高い(¥)だけあって使用感文句無し。金のある時にしか買えんわ(笑)。
とにかく脚は回し易くなり昨日より断然走り易い。愉快ユカイ。

サドルを目一杯高くしてもまだ大丈夫のような高度感。もっと上げても良いようだがもうこれ以上はポストの長さが限界。切るんじゃなかった。脚が伸びたのか肉が無くなったのか,,,。

さて、以前はハーハーゼーゼーの心臓破りの坂を今はポタリング(リハビリライド)ということになってるのでゆっくり登る。前ギア一枚だし脚も速くは回せないし。ゆっくりならば何にも苦しくない。さらに勾配がきつくなって痛めてるところに違和感が出て来そうに思いUターン。

朝は脚の調子が悪いのはいつもと同じだが今日は午後になって痛みがずいぶん和らいだ。
Kyoちゃんに、
「適度な運動、ってどのくらいのことを言うんだろう?」と訊いたら、
「ガンバらない、フーフーしない、汗かかない、くらいじゃない?」と言われた。「こんなもんで良いの?物足りない、っていうのを長い時間をかけて繰り返したら次のステップへ、って具合にね」

ずいぶん難しい運動の仕方に思える。今日は40分の楽しいプチヒルクライムだった。(画)

| | コメント (0)

今日は乗れたの?

Cimg7842<お尻の筋肉を意識してペダリング>
を→『尻で踏め!』にしてしまい、さらに
→『ケツで回せ!』と自分勝手に理解(曲解?)いたしまして、それでペダリングすると腰がフラフラ、サドルの上でくねくね動くので落ち着かない。しかしちょっと今までに無い柔らかな良い感じ。力がスムーズにかかるように思えた。シートも今よりもっと高くて良いような。

安定したペダリングと今まで思っていたのは間違いだったのか!?シートにかっちりと腰を固定して、静かに且つ着実に回すものだと思ってた。
それが右を踏めば右の腰が前に出、左を踏めば左腰が前に出る。これ要するに“ナンバ歩き”じゃないかしら。それで足がまたSPDで一点固定されてるもんだからクニャクニャと回り余計にナンバ歩きが容易になるってわけ。

でもさ、こうしてペダリングすると確かに力は入り易いんだよね。グングンと加速するしギャップにも強いようだし。
問題は今の脚の状態だ。こんなパワフルペダリングしてたらマズいんじゃないのか?。足腰のリハビリを兼ねた自転車運動なんだから、もっとゆっくりとペダリングしたいと思うのに。だったらこの動きのシステムのままゆっくりと回せば良いだろう,,,と思ってもそれができない。ある程度のリズムとテンポが必要らしい。

今日は身体の調子が比較的楽だった。昨日は一日中状態が良くないのでがっかりしたもんだ。神経痛には動かした方が良いようだし自転車にも乗った方が良いと思ってはいるがオーバーワークになるのが怖い。適度な運動が必要と言われるが、どの程度までが最適な運動量なのかまだそれが分かんないんだよ。

昔は「自転車ばっかり乗って,,,」と文句を言われたものだが、最近は
「今日は自転車乗れたの?」と言われるようになっている。(画)

| | コメント (6)

2009年10月27日 (火)

ピンチを乗り越えよ!

Cimg7824木陰でアイス舐めながら喜んでるKyoちゃんですが、彼女の歯は折れたの以外にもぶつかった衝撃でグラグラし始め未だに動揺が治まってないのが一本。それは今後元に戻るかも知れないし、残念ながらダメかも知れない。様子見の段階。

さてわたくしガハクの方は先日の『カタクリ山林道』はまだ少しオーバーワークだったらしく、翌日はいつもより脚が痛かった。登り坂が続くとやっぱり負担が大きくなるのは当然だろう。もう少し軽めのコースから徐々に行かないと。

痛いからと言って動かさないでいればいつまでも痛みが続くので動かした方が良いのは間違いない。というのは起き抜けの朝より一日活動した夜の方がずっと楽だからだ。とは言え寝ていれば痛くないならまだ良い方だよ、と経験者であるKyoちゃんはおっしゃる。ひどい時は寝ていても痛いそうだから。

スクワットは続けているが、ゆっくり曲げ伸ばしすれば痛みは無いのに動きを速くすると途端に痛い。つまり問題は速く動かす筋肉にあるみたい。だから痛めた原因は踏んばる運動じゃなく跳ぶ運動にあったんじゃないかな。

で思い当たったのが『立ち幅跳び』
自分でも思いのほか遠くに跳べたし、これで鍛えればMTBでもジャンプがうまくなる、と調子に乗って限界を超えた、あれが最後のダメージだったんだね。これがもし直ったら次からはもっと慎重に動かすようにしないといけないと肝に銘じました。

今はMTBerとしての“Kとガハク”に初めて訪れた最大のピンチみたい。(画)

| | コメント (0)

2009年10月25日 (日)

唄いながらペダリング♪

Cimg7870<ペダリング>
『オシリの筋肉を意識して踏め』と。そうすれば脚全体を上手に使える、か。わたくし流に思い切りつづめて言ってしまえば、
『お尻で踏め!』だな。

う〜ん,,,分かるような,,,
以前に教わった感覚表現『おへそから両脚が分かれている意識で』というのにも繋がるみたいな。

MTBレッスンに参加した時、目の前をサッと過ぎて行く二人のMTBerが。すると先生、
「あの人たちオリンピック出場選手ですよ」どうりでスムーズで軟らかい走り方だったわけだと納得したことがあった。あれももしかしたらペダリングのスムーズさから来ていたのかも知れないな、と今は思う。

とにかく今は脚に負担のかからないペダリングを追求してみるか、と。

<自転車で唄う歌>

最近のリハビリライドでは速度がノロいせいでしょう、のんびりしたリズムの歌がつい出てしまう。

うろ覚えみたいにメロディだけが出て来て歌詞がまったく付いて来ない。それでも何度か唄ってるうちに部分的に思い出した。
♪○○○と○○○はよ〜しだいしだいに丸くなるまるうく〜な〜る,,,♪,,,○○のとこなんだったっけ??気になりながらも何度も唄っていた。これ好きな歌だったよな。

次のライド中、思い出したのははじめの部分。○○○は安曇踊り(あずみおどり)だと分かり、これば安曇節だということを思い出した。むかし山岳部だった頃に教わった歌だ。しかし次の部分が思い出せない。

それを一昨日思い出した。
『みかづきさま』だった。な=るほど。

♪安曇踊りとmoon3三日月様はよ〜ぉ
♪しだいし〜だいに丸く〜なる
♪ま〜る〜く〜な〜る〜
♪ま〜る〜く〜な〜る〜
♪ちゃかほいこらほ〜い  bicycletyphoonnotes(画)

| | コメント (0)

2009年10月24日 (土)

久しぶりにカタクリ山林道

Cimg7866<ビンディングペダル>
腰のリハビリにはSPDが良いだろうと思いたち、いつものゲージペダルをビンディングに付け換えた。一方専用シューズを引っ張り出し履こうとしたが、SIDIのシューズ特有のプラスチックストラップが緩まないので焦ってしまった。どこか押すかなんかのワンタッチで緩むはず、とあっちやらこっちやらを押したり引っぱったり。でも緩まないんですよ。我ながら苦笑。

締め方は覚えていたが緩める方法を忘れていたのだ。過去に幾度となくやっていた動作を思い浮かべてやがて何とか思い出せたけど。。。こいつはボケの始まりか?そんなに長い間使ってなかったんだなあ。

<カタクリ山林道>
どこまで行くかは時間と体調で決めようと走り出す。最初は靴がクリートを中心にフラフラ動くのがどうにも気持ち悪く落ち着かなかった。やっぱりフラットペダルが良いな、と思いながら走っていた。

石ゴロの急坂になると、一点で固定されている具合の足裏の感触が増々不安定な感じ。飛んだり跳ねたりするには、やっぱり足裏全体で踏ん張ることのできるフラットペダルじゃないとダメだね。

しかし踏ん張ること自体がダメージになる今の身体だから仕方ない。

林道はやっぱり秋の気配濃厚。このルートは登るか下るかしかなく、フラットなところがほとんどない。だからペダリングの練習には良いと思う。踏むのは痛くなりそうだからできるだけ回すことに集中するようにした。

相変わらず人っ子一人いない寂しさ。でもこの静かさが好きなのよ。山側が崩れている場所が数カ所あった。崩れ難い最低限の幅の道にすればどうだろうといつも思う。多少崩れてもまだ通れる広さの幅を確保しようとしてるみたいだから。

「クリ園出合い」でUターン。
帰路の長い登り坂では左の股関節付け根が痛くなってしまった。まずい、このままでは歩く羽目になるかも、オーバーワークだったかと後悔したが、色々脚の動かし方を工夫してみたら見つけた。踏むというよりも回す、足先でペダルを押し付けるんじゃなく脚全体を伸ばしたり曲げたりすれば痛くない。要するに大きく脚を動かすことだった。SPDだから気づいたんだね。ペダルを換えても応用できるはず、肝に銘じておこうと思った。

鳥の鳴き声以外には動物にも人にも会わずの1時間ちょいのライドでした。(画)

| | コメント (2)

2009年10月22日 (木)

Kyoちゃんのアイウェア

Cimg7846「良い買い物ができますように、パンパンpaperannoypaper」(熊野神社にて)

eyeglassKyoちゃんのアイウェアを買いにmarumanomaさんに教わった川越のカニヤさんに行って来た。

店頭にカーボンロードが置いてある。わたしゃさっぱり無知なので分かリャナイが高そう^^;),,,きれいにしてあるがよく乗ってる自転車という感じ。しかしワレワレだって今日は覚悟を決めてしっかりクレジットカード持って来たんだぜ。

跳ね上げ式はどうですか?→クリップオンタイプも便利ですよ→→やっぱり度付きレンズはカッコいい!!!
でもこれがお値段相当なもの。しかしこの前の事故で得た教訓から迷いは無いsun

メーカー名 ZERO rh+(ゼロアールエッチプラス)
ワインレッドwineのフレームカラーと軽さ、かけ心地がKyoちゃん大いに気に入りこれに決めた。2週間後に送られて来る予定。

転倒事故の時かけていたメガネを見せたら、
「折れたツルは溶接で直りますよ」嬉しくなって修理を依頼。さらに仕事用メガネのレンズ交換もやってもらうことにして、できるまでの小一時間川越の街中をブラブラ。

Cimg7847もちろんこのお店はカニヤさんではありません。→

表通りは人が多くてイヤなので静かな裏通りをブラブラしてたら見つけたお店いくつか。割れ煎餅(220円)、アンパン(120円)、モンブランパン(120円)、格安靴下4足(89円/1足)を購入。しかしどれもおよそ一大観光スポット小江戸川越ならではの物とはほど遠い。

良いのよ良いの、これがKyoちゃんとガハク流だからさ。

一方、念願の川越名物『芋ソフトクリーム』は高くて手が出ず、そして蓮馨寺(れんけいじ)の団子(80円)2本は衝動買いだったmoneybagと後悔しております。(画)

| | コメント (2)

2009年10月21日 (水)

アガノ銀座の夕暮れ

Cimg7841緩い登り坂が一番脚に気持ち良い。

腰盤を立てるように意識している。腰が痛いと無意識にそうじゃない姿勢になってるらしい。やたらに路面の凸凹からの突き上げが響くのはそのせいなんだと改めて気づいた。

走り始め、腰にあった痛みが段々に移動するような感じで下に降りて行き、最後は左のふくらはぎの上外側が突っ張ったようになる。ペダリングに負荷がかかるとそこがピンピンと痛くなる。不思議なことにその時には腰の痛みはほとんど感じなくなっている。しかし最後にはそのふくらはぎの痛みもギアを軽くしてペダルを回し続けられれば消えてしまう。

こんなことを繰り返していけばやがて回復するんじゃないだろうか、と期待しているんだが。

今日もこの前と同じ坂を同じ地点まで登り、帰って来た。
スピードや回転数を気にしていた頃にはなかなか苦しかった坂も、ちょうど良い具合のトルクをその角度から頂いているんだみたいに思えたら何にもストレスは感じない。終わり頃は腿の後ろ側の筋肉にわずかに張りを感じた。

帰路、アガノ銀座を走りながらMTBの上から撮影。
この横断歩道。村の子どもたちは、中学生でもみなボタンを押し歩行者用信号が青になるのを待つんですよ。(画)

| | コメント (0)

2009年10月20日 (火)

歯医者さんまでポタリング

Cimg7823外は風もなくて長閑な秋の日射し。
こんな良いお天気なのにクルマで走ったのでは勿体ないよ、自転車で行こう!とガハクと出かけました。
ガハクは歯のお掃除、私は入れ歯の調整と他の痛めた歯の治療。

ガハクの診察が終わってから私の番。入れ歯はほぼ完璧、でも奥が当たるので少しだけ削ってもらいました。あとまだ充血している歯茎が一箇所。これもだんだんに自然治癒しているようです。

次回は折れた歯を修復する予定。そこはまだ根っこは残っているのです。そしたら3本の入れ歯が→2本の入れ歯になる♪不思議なやり方ですが、歯茎や骨の打撲の回復を待つ間にまずシンビ性を考慮してくださったんです。

診療が終わってから、
「先生走ってますか?」と聞いたら、パチパチパソコンにデータを打ち込みながら、
「22キロも走れるようになりました」
「おっ!今度はいよいよハーフマラソンにエントリーですね」
「東京マラソンは落ちました。競争率が9.5倍だったんです」とのこと。
先生も一年前に走っていて急に膝が痛くなったんだそうです。歩くのがやっとというほどに痛めてしまったのをサポーターを両膝に装着して少しヅツ走り続けて半年、やっと回復してきて今は前よりも強くなったそうです。

壊したことをきっかけに前よりも賢く逞しくなりたいもの。ガハクも左脚と腰の骨の回りにしっかり筋肉付けなきゃね!

帰りにアイスを買って眺めの良いところまでポタリングhappy01(K)

| | コメント (2)

ステキな季節

Dscf0697自転車に乗ってもそんなに汗をかかない素敵な季節。
でもどのくらい着てたら良いかちょっと迷う。意外と寒い感じもするんだよね。昔オートバイに乗ってた頃、一年で一番寒く感じたのが10月だった。涼しさに慣れず温度の変化についていけない身体。それに最近は近場で技の練習ばかりだったので遠走りの勘が鈍ってる。着ていくものの選択にちょと不安。

それ以外にも、サドルに座ったままのペダリングにはパッド付きのレーパンを履かないと無理と思ったのに、ステムを換えた次の日にはGパンでオッケーだったり。ポジションが少し変わった影響かなあ?とか。そういうところもまだ良く分かってないわたし。

身体を壊したおかげで、のんびり乗るのも楽しいじゃん、ってのがやっと分かったみたいな気分でもある。そんな意味では成長したのかも。

<Kyoちゃんの入れ歯>
今日はたくさんの子ども達の前で演説したにも関わらず発音に乱れ無し。馴染みの子ども達の耳にも普段と変わらず違和感無く聞こえたようでありますからまずはホッ^o^,)。実は明日さらに技巧が施される予定。

ジテツーも無事再開しております。
近日中にこちらもステキなアイウェアを調達しに行く予定。(画)

| | コメント (0)

2009年10月18日 (日)

リハビリライド

Cimg7785<左脚の痛み>
朝からなかなかしつこく抜けないのでどうしようかと迷ったが、動かした方が良いだろうと自転車で出かけた。

左のふくらはぎにあった痛みの中心が股関節あたりに移動している。脚を前に伸ばしたり腰を曲げたりすると痛い。それに腰が硬い。起き抜けなんか全然曲がらんし靴下履くのがエライ大変。

でも朝より夜の方がいつもずっと楽になるからやっぱり動かさんと。

サドルが今までの印の位置より段々高くなってポストサイズがギリギリ。これ以上は伸ばせない。腰に良さそうだからもう少し高くしたいけどしょうがない。

さて、ステムを長くしたせいもあり、ライザーバーでもサドルに座れば前傾したスタイルになる。その時にいわゆる『腰盤を立てた』自転車乗りのスタイルをとろうとするとピピッと腰に痛みが。でも少しずつ曲げて,,,落ち着かせることができた。すると緩い傾斜の僅かにトルクのかかるペダリングが何だか全体に気持ち良い。

途中小枝が道を横切っていたのでフロントアップ&リアアップで越えたがよく見たらヘビだった。茶色っぽい細かい模様。あんまり真っすぐだったので分からなかった。頭を道の中央に向けてノンキなものだ。人間の気配に気づいたのか見ているうちに川の方へ移動して行った。

<浅見茶屋まであと0.8km>
ここからグンと坂がきつくなるのでUターン。しっかり『猫背』の姿勢をとったまま安全速度で下る。周辺も走ったりしたので全体で40分くらい、後半はプチクライムだったが楽しいライディングだった。

こんな乗り方、最近ほとんどしてなかった。自転車って走る乗り物だったのよね。(画)

| | コメント (0)

2009年10月17日 (土)

Kyoちゃんの入れ歯ができた

Cimg7773bicycle乗ろうとした時間にちょうど雨が降りだし、ノンライド。
思うところあってステムを換えてみた。前に出し高くなった。今までにないポジションだったが結果は良いみたい。
禁断の技の練習をちょっとやってみた。
ウィリージャンプ。
スムーズに動くし無理が無い感じ。ジャンプした後のダニエルっぽい姿勢もとり易いnoteショートステムの方がフロントアップし易いと思っていたが、その後のバイクの挙動をコントロールするにはこっちのポジションの方が良いようだ。

壊した左脚の影響はこの段階では感じないが、ジャンプにもっと力を入れようとして踏ん張ると痛い。スクワットならそれほど痛くないがジャンプしようとするとほとんどダメ。ジャンプの為の筋肉まわりを痛めてるらしい。

<Kyoちゃんの入れ歯>
歯医者でピカピカおニューを装着。それをわたくしはすぐ横の治療椅子にて欠けた歯に詰め物をしてもらいながら観察。「ガハクさんはアゴの力が強過ぎて歯がいかれちゃうんです」などと言われながら。

さて、Kyoちゃんの歯は、結局2本が抜けて1本が欠損。入れ歯は今のところ3本になっているが、欠損した歯をこれから修復して最終的には2本が入れ歯ということになるそうだ。診療後は事故前より歯並びが良くなり、ウケグチも治って口元がきれいになったみたい。「2度惚れしたりして。ごちそうさま」と看護士さん。

とは言え本人にしてみれば飴をくわえたような状態。発音がうまくできない。帰りの車で早速発音練習をば。これも実は商売道具のひとつだからね。
「セレモニーセンター」「しぇれもにぃー しぇんちゃー」
「葬祭場の式場」「しょーしゃいじょーにょ しきじょー」
「石材の集積場」「しぇきじゃいにょ しゅーしぇきじょー」
こりゃそうとう苦労するぞ。。ソフトクリームを買い食い。
「うわ〜^o^おいしぇ〜^v^」食べる方はすっかり平気みたい。

night bicycleそして夜になって山のアトリエからジテツーで帰宅した頃にはすっかり違和感無くしゃべっていた。
「ほらね、ぜんぜんおかしくきこえないでしょ」Kyoちゃん曰く、ずっと大きな声で歌を歌っていたらすっかり元にもどったそうな。(画)

| | コメント (0)

2009年10月16日 (金)

事故現場に行ってみました

Dscf0711Dscf0638←ここが事故現場。

あの夜やっと立ち上がって後ろを振り向いたら、雨に濡れた黒いシルエットがうねうねと道を塞ぐように横たわっているのが見えたのですが、あれはこの腐った枝だったんですね。

*****<事故原因>********

1.仕事の帰りで疲れていた。
2.台風接近中の雨と風。
3.枯れ葉に隠れた石ころ、木の枝。
4.縁石の影で歩道ってけっこう暗い!
5.カーブの角度のせいでここだけ外灯の影に!!!
6.メガネが水滴で曇っていた上に対向車のライトがギラギラと反射。
7.鼻歌まじりの無警戒なスピードでもあった。
曲はビートルズの♪PAPERBACK WRITER〜

*********************************

これだけの悪条件での転倒だもの、
いつかは起きるべくして起きたんだと思います。
これからどうするか?どこを走るか?
ここを走るときはいつでも止まれるスピードと技術の範囲で走ろう!
もう雨の日はここは走らないって決〜めたsign03

それになんか魔が付きやすい怖い所だもの。実は以前ここで死亡事故(ダンプと乗用車が正面衝突)が起きていて、毎月お花が供えられて風車がクルクル回ってるんです。情報提供者に300万円の賞金を出すという貼り紙がはられてもいるんです。

Dscf0706Dscf0713
山側の歩道を今日は昼間に逆走しながらゆっくり走ってみたら、側溝のセメントのフタが割れて穴が空いていたり、脇の斜面に張ってある落石防止のネットに倒木が引っかかっていたりしてました。

もう3年半も走っていながら知らなかったな〜。

ガハクに指摘された『慢心』
+『油断』(カンファタブルナム)
=事故になったんだと思うと、この位で済んだのはまだ私も見捨てられていないということですよね。
ほんとうにhappy01ありがたいことで。


night bicycle
夜7:00初めてジテツーしたときのようにゆっくり走って帰って来ました。

ビクビクしてる自分が新鮮でした。(K)

| | コメント (2)

2009年10月15日 (木)

抜糸したのでジテツー再開!

Dscf0692ゆうべガハクったら突然、
「抜糸するとき麻酔するのかな?糸を引っ張り出すんでしょ」だって。
「えーと、外に出てる糸だけ切るんだと思うよ。そうそう去年手術した時そうだった」と答えました。

事故から一週間、顔の腫れもすっかり引いて今日は抜糸。あの夜に当直医だった女医さんが今日も診てくれて、
「きれいに治ってますね」と、ハサミでちょんちょんと皮膚の外に出ている糸を切ってくれる。(ほんとはずっと目をつむっていたのでハサミさえ見てないのですが)
「ぜんぶで何針くらい縫ったんですか?」と質問すると、
「ここだけで(1cmほどの傷)4針ですね。口の内側も縫ったから数としてはたくさんだけど、ケイセイ(形成外科)は細かく縫いますからねえ、外科で言う何針という言い方とは違うかな。外科ではこの位の傷だったら縫わないという先生もいますよ」という答えでした。

15針も縫ったと書いて脅かしちゃったけど、アゴに1センチほどのキズが三つです。今はそこに『マイクロポアサージカルテープ』が貼ってあります。日焼け防止と引き攣り防止、傷痕が残らないようにする為だそうです。塗装屋さんが使ってる紙テープみたいだけど、色が肌色で極薄で無光沢。3ヶ月〜半年くらいはキズ痕を隠すような感じで貼っておくようにと言われました。
「お化粧したい時とか、写真撮影する時は外しても良いですよ。そういう時は日焼け止めクリームを良く塗って下さい」
「はい分かりました」って、わたし化粧品持ってないけど素直に返事。

bicycle午後から一週間ぶりのジテツー。美しい秋のR299にはやっぱり自転車ですheart04帰りは夜になったけど、ライト類の電池をぜんぶ交換しておいたから明るくて前がバッチリ見えました。(K)

| | コメント (2)

2009年10月14日 (水)

雨の中を

Dscf0688昨日の反省から短いレーパンでライド。でも今日は少し温度が低いような,,,。途中で用意のハイソックスを履いてふくらはぎを覆ったら快適になった。

しかし薄曇りのはずの空からポツポツと来たじゃないの。やがて雨粒が大きくなり、ヘルメットから滴がしたたり落ち始めた。今日はハーフヘルメットで良かった。着ているジャンパーの肩の辺りを横目で見るとしっかり雨を弾いている。防水スプレーしておいたのは夏前だったのにまだ効いてるんだ、と感心。

カメラを入れたウェストバックが気になったので腰の前に回して移動。それでも心配になりジャンパーの中へ入れた。メガネに雨の粒が着くがオークリーのグラスは大丈夫。ああKyoちゃんにも良いアイウェアがあればあの日の事故も無かったかも知れないと思うと残念でならない。

視力矯正できるものが欲しいのに近くに良いショップは無さそうだ。やっぱり東京まで行かないとダメかな。

雨が強くなって来たので道路脇の物陰で雨宿り。時間潰しにスタンディングの練習。前を高くするとひどく難しい。って言うかもともとスタンディングがニガテだからどうしようもない。

少し降りが弱くなったと思えたので帰路につく。でも実際はここからが本格的な雨。やがてお尻の後ろサドルとの接点がビッショリと濡れて来た。泥よけもないから跳ねをかぶり放題、上着を伝って雨が落ち放題。気分悪い。それでもゆっくりゆっくり走った。考えてみれば一年以上も雨の中を走ってないんじゃなかろうか?たまには雨にも当たりズブ濡れにもならないと人間が軟弱になっちまう。

最後の方でトルクを感じながらの無理の無い快適なペダリングを思い出した。こんな感じを続けて行けば痛めた脚も治りそうな気がする。

Dscf0682<マガモに嫁さん>
何とメスガモがいっしょにいましたがな。しかも3羽も。一挙にハーレムに突入。

みんなで川岸の草の実をイッショーケンメイついばんでる。
「ここがぼくの縄張りだよ、いっぱい食べ物があるでしょ、オレってカイショあるだろ」って自慢してるみたいに見えた。

とりあえず、おめでとう!マガモくん。(画)

| | コメント (2)

今日も孤独に

Dscf0668マガモは川にいたのです。

でも図鑑で調べたら、これからが子作り営巣で、その為に結婚相手を探してる時期ということ。だから今は一人(羽)でも不思議なことじゃないらしい。連れ合いがいなくなっちゃったわけでも仲間からはぐれたわけでもないということでそれならまあ良かった。
マガモくん、良い嫁さん見つかると良いねheart01

bicycle<今日もボタリング>
昨日少しだけど乗ったのが良かったのかよく眠れたし、痛みが朝からそれほどない。これはしばらくこの走り方を続けてみようと思う。

サドルにどっかりと座って走ることがほとんど最近無かったせいか股がムズムズするのが気になったので、久しぶりにパッドの入ったショーツを履いた。まだ寒い時期でもないのに長ズボンの延長で冬用を使ったのが失敗。暑かった。でも股には快適。

思いっきりサドルを上げた。今までこんな上げたことはない。そうするとライザーバーでも前傾が強くなるし漕ぎ易かったが、よく見ればシートポストの長さがちょと不安。でも山道でもないし良しとした。

Dscf067050分くらいは走ったみたい。
最初は左脚全体の突っ張りが気になったが徐々に痛みの中心は左膝の後ろ外側だということが分かってきた。ここが問題か,,,坂道の上りなんかでトルクがかかると痛くなる。研究の余地ありだね。

お堂のあるところで引き返す。

途中の歩道でギャップをバニホで越えたら反対歩道にいた小学生の集団から「すげっ!!」と声援。振り向いて笑いながら手を振ったら彼らも愉快そうに笑ってた。(画)

| | コメント (0)

2009年10月12日 (月)

ブログ再開(ですかね)!

Dscf0662川にマガモのオスが一羽だけポツン。近づくと水に入って岩陰に隠れるけど遠ざかるとまた元の岩の上へ。誰かを待ってるのかなあ,,,探してるのかなあ,,,

ドしたんだろう?台風でパートナーが流されちゃったのかな?たしか,,,マガモってたくさんのメスを連れてハーレム集団のはず、それが孤独とは?,,,それともキミが!はぐれたのかな?

今回のKyoちゃんの事故は色んな方を驚かせたり心配かけたりもしてしまいました。原因は一重に慢心と油断だと思う。何針縫おうと歯が何本折れようと、この程度のケガで済んだのは幸運と言うべきでしょう。

でもホントに慌てちゃったな〜オレ,,,自分でもおかしいぐらいにバタバタしてた。ケガの程度の確認もしないで電話かけまくり。

===ま、もう良いや、事故の話は。これでしまいにしとこ。

bicycle<ボタリング>
久しぶりに乗った。左脚が痛いので練習はしないで近所をボタリング。ジッとしてると痛みがひどくなる気がして、かといって動かすのもほどほどに、となると平地を走るのが良いだろう。

フラッシャーをハンドルに付け、サドルを目一杯上げて出発。
最初は痛い方の脚に抜けるような感じがあったがすぐに無くなる。走り出してリアライトを忘れたのに気づいたがめんどくさいのでそのまま。

ペダルを押しても引いても(ゲージペダルにスニーカー)わずかな痛みに変わりはない。きつめの坂でペアローディを抜いた。空気ブカブカの太タイヤですぜこっちは。しかもダンシングなんかしてやんの。このヘタレ野郎ども。(悪ガハク←それが慢心じゃと言うに)

後半はマンホールのフタなんかを目当てにバニホしたりしながら帰宅。まあ15センチくらいだね。高さはあれじゃ。(画)

| | コメント (0)

2009年10月11日 (日)

台風の夜に転倒

Dscf0640K何が起こったのか分からず、雨の歩道にぺったり座り込んだままで近くに転がっているライトを拾った。取り付けようとしたけどなかなかウマく付かない、、、それもそのはずでハンドルがクルリと反対に回ってる。
もう一本のライトはヒモで結わえてあったんだけど、あらぬ方向を照らしている。
ヘルメットに付けているライトを手で探ると、後ろを向いてる。
「さてと」と立ち上がってみたらフラフラするからまたへたり込む。自己点検、頭はしっかりしているようだからゆっくりとぼとぼ歩き始める。途中で歯を一本吐き出して、何とか家に帰り着く。まず洗面所で顔を洗ってからガハクと対面、
「転んで前歯が3本折れた〜」やっぱり脅かしちゃいました。

埼玉医科大学病院の夜間救急、夜の9:30。
でも折れた歯よりもアゴに傷の方が大きかった、貫通創とか他にも深い傷が。下唇の内側と外側からぜんぶで15針くらい縫うことになったのです。でも「傷はきれいに治りますよ」と。

翌朝、今度は口腔外科へ。ここで歯の骨にはヒビが入っていないことをレントゲンで確認。夕方に掛かり付けの歯医者さんに相談。さすがに細やかです。びっくりなさりながらも、
「このままじゃ審美的に問題があるでしょうから、ちゃんとした入れ歯ができるまでの間、何か工夫して仮歯を作りましょうね」と言って下さいました。腕の良い歯医者さんが近くにいてくれて本当にありがたかった。

自転車保険(ゼネラリ保険)に入っていたので事故の夜中に電話したら、すぐに応対してくれました。通院は一日千円の保証ですが、それでもとても助かります。

ガハクが現場を見てきたそうです。すぐ脇の山の斜面のネットに倒木が引っかかっていて枝が数本歩道に転がっていたということです。もう夜はぜったい自転車に乗らないと言う私に、
「もっとゆっくり走れば良いんだよ、見えないのにでも大丈夫というのは慢心だよ」と。それから良いアイウェアは必需品だからといろいろ調べれくれています。かけていたメガネのツルが折れていましたから。

Dscf0639三日間寝ているときにときどき聞こえてきたのは、大きなキャンバスに絵筆が触れるときに出るポコンポコンという音でした。

「ブログもぜんぜん書く気にならなくて自転車にも乗りたくなくて何もする気にならなかったけど、絵だけは描けたよ」というガハクです。(K)

| | コメント (13)

2009年10月 6日 (火)

お出かけ前にスタンディング♪

09106dogうちのチアドッグであります。いつもワンワン大騒ぎで見送ってくれるけど、トワンはどういう気持ちなのかな?
「早く帰ってきてね、気を付けて行ってよ」なのか、それとも「何やってんだい。早く出かけなよ」なのか。まあどっちにしても賑やかに見送られるのは嬉しい。

bicycle<スタンディング>
前よりちょっと耐えられるようになりました。まだ1分もできませんがcoldsweats01MTBに乗り出して私ももう4年目。そろそろスタンディングくらいはビシッと決めたいものです。

fullmoon十五夜の月、みなさん見ましたか?わたしは夜のジテツーでお月見をしました。note
薄い雲がかかった空をすべるように動いて行く満月といっしょにすべるように舗装路を走るMTB。日曜日の夜の国道299は車がほとんど走っていません。6キロの道のりで出会ったのはほんの数台でした。(K)

| | コメント (0)

2009年10月 4日 (日)

お月見ウィジャン

Dscf0581Dscf0577<お月見>
十五夜の昨日は雨さえ降る天気でまったく見えず、そこでお月見のやり直し。

食べずに(って言うかたくさん作ったから食べきれない)とっておいた団子に、昨日は用意してなかったススキや小菊や家で穫れたカボチャなどの野菜を揃え、出窓に配置。他にもうちだけのキャラクターたちが総出で待つことに。でも朝の天気の良さから一変、夕方には雲も厚くなりどうなるか,,,と。

でもしっかり出ました〜、お月さん!fullmoon
12時を過ぎれば空をすべってきたお月さん、この窓が見える位置に移動してくるはず。お月さん喜ぶぞ〜。なんてねhappy01うちはこういうのがほんとに好き。まだ子どもだ。

bicycle<ウィジャン>
今日も跳びました。お月さんが出る前の話。石垣の段差を見つけてやってみたけどうまくできない、助走の難しさがここでも問題。少し距離が短かかったり、路面が荒れていたり、微妙に傾斜があったり,,,色々と変わる状況に対応できないということ。

緩いスロープに鉄の網がフタしてある場所で、スロープの上と下から何度も跳び越す練習が良かった。網の上に乗るとガチャンと鳴るのも都合がいい。最初はできなかったが繰り返しやってるうちに徐々に跳べるようになるからやっぱり慣れもある。

色んな状況で跳ぶ練習を繰り返そうと思う。(画)

| | コメント (0)

十五夜ウィリージャンプ

Cimg7748fullmoon<今日は十五夜>
ということでお団子作り。餅米と白米を半分ずつで炊きスリコギでつく。それを手で丸める。で〜きたで〜きたま〜るい団子。でもその頃にはすっかりお月さんは厚い雲の中でお休みになられてしまいましたよnewmoon

「あめふりおつきさ〜ん〜くものう〜え〜,,,」と犬の手足を風呂場で洗いながら歌っていたのが災いしたのだろうか。残念bearing窓から月が見えるはずの場所に机を出し、皿に載せたお団子を置き外を見ると,,,あ〜あ細かい雨まで降り出したrain

まあ良いや、お団子食べましょ。きな粉と醤油で食べたらやっぱり旨かった。自分で作る団子は旨い。残ったのは明日フライパンで油焼きにでもして甘醤油つけて食べたらまた旨かろう。思っただけでよだれが出て来るわい。lovelysweat01

最近聞いたビデオニュース『空腹力・・・』に共鳴、おかげで“食べなくちゃいけないという思い込み”から解放された。逆に食べるものが全ておいしく感じられる。番組は空腹でいることが生体にとっての理想の状態、というような論理なんだけど。

bicycle<ウィリージャンプ>
あいかわらずこればっか夕方はやっとりました。庭で枕木相手にしばらく跳んでいた。何もない所でならけっこうああやろう、こうやろう、と動きを反省しながら余裕を持ってできるのに、いざ目標を置くと急に冷静さを欠いてしまうのはどういうわけか?しげしげと枕木を見る。どこに視線を置くべきなんだろう?

「坂道でやってみたら」というのを思い出したので、スロープのある場所に移動。

upwardrightゆるい上り坂で試みたら、ちょっと面白い。
逆足漕ぎでFアップした瞬間、上り坂のおかげでバイクにブレーキがかかる。そこに利き足漕ぎ跳びする動作のタメが自然に生まれるということが分かった。ただ助走のスピードが難しい。速いとFアップに行くきっかけが掴めないし、遅いと無理矢理ジャンプで×。

downwardright次は下り坂。
平地のつもりで助走をすると、どんどん加速してウィリーに行くタイミングを逃してしまうので、停止状態からスタンディングして少し動き出したら逆足漕ぎにいくとか、一旦ブレーキで停止した後また動き出したらすぐにとか、そこがバランス良くできれば後ろにひっくり返る怖さがないので却って跳べたりする。

これもまた慣れか?いっぱい跳んで慣れるしかないか。(画)

| | コメント (0)

2009年10月 2日 (金)

ウィジャンは身体に優しい

09x01かなり涼しくなった。犬といっしょに森に入るとお山に行くbicycle季節の到来を感じる。虫もほとんど気にならなくなったし、この雨模様の時期を抜けたら山にまた上がってみなくちゃ。

note<自転車で歌う曲>
今はそういう(*?*;)自転車の乗り方をしてないのでライディング中に歌が出ることはないが、Kyoちゃんはジテツーの合間によく歌ってるらしい。今のフェイバリットソングが『ケンタウロスの子守唄』。

これ 浅川マキ なんだけど、みんな知ってるかなあ?昔懐かしいレコードの中から見つけたもの。高田渡の野放図な明るさの音楽ばかり聴いていた耳からすれば、この人の音楽は予期してたとは言えあまりにも暗い。でもやっぱり素晴らしい。『,,,子守唄』はジンとくる。涙が出てきまっせ。

自転車に乗ってるときだけでなく、music頭の中で常に曲が流れてるらしい。良い曲だから良いじゃないの。

bicycle<ウィリージャンプ>
どうやら感じが掴めてきたようだ。
漕ぎでジャンプする為にフロントタイヤを(逆足で漕いで)上げておく、と考えると一挙動になるような。逆足漕ぎ→利き足漕ぎでジャンプ、という風に分けちゃうとどうしても動作の繋がりがスムーズにいかない。だって逆足で漕いだ瞬間に利き足はクランク真上に来ちゃうもの。

利き足の漕ぎ出しは12時の位置から(師匠のアドバイスどおり)。そこを意識しておいて、全てのムーブはそのジャンプの瞬間に集中させる、と。跳ぶ前に腕が伸びてないとハンドルは引きつけられない、よ。あとは両足で上からポンと着地する、ってことかな。

一回だけ理想的に着地ができた。ちょっとだけどリア一輪でダニエル状態になれた瞬間があった。でもあんまり時間をかけなかった。後が怖いから。

腹筋が痛いのは立ち幅跳びの影響だ。他に脚全体が張っていて不愉快。座骨神経痛も出てる。でも幅跳びの練習はやっぱり効果あり、と確信した。もっともその幅跳びの方は205センチを超えたところで小休止。あちこちが強烈な痛みでできないんだ。

自転車の方がずっと身体に優しい。(画)

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »