« ピンチを乗り越えよ! | トップページ | リハビリの運動量って? »

2009年10月29日 (木)

今日は乗れたの?

Cimg7842<お尻の筋肉を意識してペダリング>
を→『尻で踏め!』にしてしまい、さらに
→『ケツで回せ!』と自分勝手に理解(曲解?)いたしまして、それでペダリングすると腰がフラフラ、サドルの上でくねくね動くので落ち着かない。しかしちょっと今までに無い柔らかな良い感じ。力がスムーズにかかるように思えた。シートも今よりもっと高くて良いような。

安定したペダリングと今まで思っていたのは間違いだったのか!?シートにかっちりと腰を固定して、静かに且つ着実に回すものだと思ってた。
それが右を踏めば右の腰が前に出、左を踏めば左腰が前に出る。これ要するに“ナンバ歩き”じゃないかしら。それで足がまたSPDで一点固定されてるもんだからクニャクニャと回り余計にナンバ歩きが容易になるってわけ。

でもさ、こうしてペダリングすると確かに力は入り易いんだよね。グングンと加速するしギャップにも強いようだし。
問題は今の脚の状態だ。こんなパワフルペダリングしてたらマズいんじゃないのか?。足腰のリハビリを兼ねた自転車運動なんだから、もっとゆっくりとペダリングしたいと思うのに。だったらこの動きのシステムのままゆっくりと回せば良いだろう,,,と思ってもそれができない。ある程度のリズムとテンポが必要らしい。

今日は身体の調子が比較的楽だった。昨日は一日中状態が良くないのでがっかりしたもんだ。神経痛には動かした方が良いようだし自転車にも乗った方が良いと思ってはいるがオーバーワークになるのが怖い。適度な運動が必要と言われるが、どの程度までが最適な運動量なのかまだそれが分かんないんだよ。

昔は「自転車ばっかり乗って,,,」と文句を言われたものだが、最近は
「今日は自転車乗れたの?」と言われるようになっている。(画)

|

« ピンチを乗り越えよ! | トップページ | リハビリの運動量って? »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

コメント

前回のコメントでも書いた通り、自分も理解しきってないんですが、、、
要は大臀筋を意識して回そうよってことで、
力いっぱい踏め!!ってことではないと思います。。。

大臀筋を意識するということは、
足首、ヒザという関節にくわえ、
股関節を動かす意識が加わり、関節一つに対する負担が減ると思われます。
また、同様に、脚部だけの筋肉に頼ることなく、きれいにペダルを回すことができると思います。

・・・今、踏み台に片足を乗せて上ってみましたが、やっぱり大臀筋を意識したほうが姿勢がよく、軽く上がるような気がします。
意識しないと、上半身が定まらないし、ヒザに体重が乗る感じになりますね。

これ、トライアルでも使えそうですので、もうちょっと僕も研究してみようと思います(笑)

長々としたコメント失礼しました。

投稿: okp | 2009年10月29日 (木) 22:32

毎回お世話になります。
ボクも今椅子に片足かけてやってみました。
確かにお尻と腿との付け根の部分?の筋肉を意識して椅子の上に乗ろうとすると、意識しない時より姿勢も良くスッという感じで乗れますね!
まあそれほど「曲解」でもないな、と(笑)安心しました。
どこかの関節だけに大きな力が加わるということなく脚全体が使えるということだと。
ただそういう意識で実際にペダリングしてると気づくのは、自分の足首が硬いことです。気がつくと力が入っていて固定されてるような感じ、あわてて力を抜いたり。何だかピタッと決まりません。
まずはこの辺が自分の欠点か(トライアルでも)。

>トライアルでも使えそう
そうそう、それを初心者ながらわたしも考えてました。どこかに応用できるんだろうかと。
是非お分かりになりましたら理解できる範囲で教えてください。m(__)m

投稿: ガハク | 2009年10月29日 (木) 22:53

関係することかもしれませんので、横からコメントをお許しください。

もしかして同じことかもしれませんが、私の場合は、足の付け根(大腿骨の付け根)から、踏むような意識でペダリングしています。

その時、上半身を硬く固めず、柔軟にして、踏み込む側へ、上半身の重みをのせていくと楽に踏めます。

あと、ポイントは、その重みをペダリングとあわせて左右で切り返すのですが、ペダルの下支点まで、重みをかけ続けるのではなく、上支点あたりで重みをかけたらすぐに違う側に切り返すような意識でやると、うまく回転させることができる感じがします。

この踏み方だと、足のみに負荷が集中しないので、楽です。

私の住んでいる場所は、坂道が多く、ストレスに感じてましたが、この踏み方を覚えてから、ずいぶん楽になりました。

あとトライアルですが、足の付け根でバランスを取ったほうが、付け根から先の足が柔軟に動かせるような気がします。これについては、まだまだ、怪しげですが。

長々と、すいません。参考までに。

投稿: mtfuji | 2009年10月30日 (金) 19:38

上半身を軟らかく使うとか重みをのせるとか、たいへん参考になります。
ペダリング&トライアル,,,
(こまったな〜わたしまだリハビリ中なのに〜。笑)
>足の付け根でバランスを取る
さっそく水平ペダルで試してみたら、なるほど、でしたあ^^)v腰でペダルを踏むという感じ(腰が決まる)になり姿勢も良くなるみたい。
>ペダリングでの切り返し
課題がまたひとつ積み重なった→楽しいww。うちの近辺も坂ばかりですから最初どうなるかと思いました。→ヒルクライムバンザイエリア(笑)
同じことだとしても感覚表現が違うところが面白いですね。

投稿: ガハク | 2009年10月30日 (金) 22:07

体調が本調子でないのであれば、無理をなさらないように、お気をつけて。

そういえば、この間、居合をやっている友人に話を聞いたら、うまくいった時の動作というのは、力感がまるでないと言ってました。

私も同感で、いま180を練習していますが、たまにですが、まるで力をこめていないのにもかかわらず、びっくりするほど、自転車が回るときがあります。このあたりがポイントのような気がします。つまり、どこか力が入っているのであれば、その動作は、よろしくないのではないかと。

あと、切り替えしですが、あの有名な競輪の中野浩一選手が、何かのインタビューで、「おれは、脚力はあまりないけど、切り替えし誰よりもうまかったんだよ」と言っていたとのこと。

そうそう、以下のHPは、自転車の動きというわけではないですが、体動かし方、全般ということで、参考にしています。
http://www.namiashi.net/category/1258839.html

よければ、参考にしてください。では。

投稿: mtfuji | 2009年10月31日 (土) 00:11

重ね重ねありがとうございます。
「180」ですか!すばらしい。そんなのいつになったらできるやらshine
居合の話題が出て来るとは思いませんでした。わたしも昔つきあったことがある(笑)ので他所ごとには思えません。「力感」というもの自体を居合をやっていて感じるものか、と改めて興味深く感じました。
ご紹介のHPおもしろそうです。ナンバ歩きも紹介されてますね。武道もまた基本にあり、か,,,。

投稿: ガハク | 2009年10月31日 (土) 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンチを乗り越えよ! | トップページ | リハビリの運動量って? »