« 夜のウサギ | トップページ | 新しい練習場 »

2009年11月21日 (土)

左右バランスの克服

Cimg8294bicycle<ペダリング『抜き』>
適当にトルクのかかる緩い坂道が一番練習し易い。今のところ『抜く』という感覚よりも、上がってくるペダルに足を添わせるようにするとうまく行くように思う。

『踏む』と『抜く』が同時にあるわけだけれど、両足にセンサーを張るのは無理なので、片足ずつ『踏む&抜く』の動きを練習してから次に両足で『抜く』だけをやってみたりした。

けっきょく踏んだら休むということの繰り返しなのかな。

<ダンシング>
近くのお寺のけっこうな登り坂でダンシングで『抜く』をやってみた。
踏むのは体重をかけるだけ、反対ペダルは添わせるようにしようとする、と,,,
踏んでから反対ペダルに乗り移るタイミングが遅くて『抜き』ができない。て言うかもっと早く(踏んだと思ったらすぐに)乗り移らないと、ペダルは失速状態になっていて体重で乗っかるだけでは力が足らず、手でハンドルを引っぱらんとダメ。

でもそう意識して、早く、早く、と乗り移るようにしていったら,,,happy01できましたがな。そうやって坂を登って行くダンシング、疲れることもなく頂上に到達。愉快だった。

痛めた脚に悪いと思って積極的にやってなかったダンシングだけどもこのやり方なら大丈夫だ。まったく痛みはない。

ngそれにしても、けっこうな<思い違い>をしてたようだなあ。
今まで踏んでる足にはもちろん体重をかけてましたよ。でも反対側の足に体重をかけてるわけないでしょ。そんな要らん力を使うほどオレ不器用じゃないよ、と思っていたが、これが、どっちもそうでもない、ってこと。

意外や意外、反対側のペダルも踏んでいた(みたい)。そんな訳わからんこと?
左右のバランス取りに自信がない?それで無意識に防御本能が働いてるのかも。

考えてみれば、自転車って、覚えたての頃は左右に倒れそうになるのをどうやって克服するかが課題だったもんなあ,,,もしかしたらその頃に覚えた苦し紛れの解決法からやっと抜け出し始めたのかも。(画)

|

« 夜のウサギ | トップページ | 新しい練習場 »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

ペダリングのコツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜のウサギ | トップページ | 新しい練習場 »