« ペダリング、少し分かった | トップページ | ススキが原の風 »

2009年11月17日 (火)

裏山も今はきれいでしょ♪

Cimg8232maple<ここは家のすぐ前の山道ですが>
MTBで最初に見つけた遊びが、maple山にbicycle自転車で走りに行くことだった。それを『山サイ』というのだと後で知った。

実際には『走る』ことはほとんどなくて、ほとんどが『押し』や『担ぎ』。コースがMTBビギナーには難し過ぎた。しかしむかし山登りクラブ員だったこともあり、山に分け入っているだけで楽しかった。まあ修験者気分かな?

トラ練できないのでリハビリを兼ねてポタリング中、山道のどん詰まりにシングルトラックを見つけた。知らないルートだ。急に『山サイ野郎』の血が騒いでそこに入って行った。すぐに『押し』になり、急な階段状の岩場になったので『担ぎ』になった。ちょっと面白かった。またこういうのやりたいと思ってしまった。

<ペダリング>
okp師匠の助言のおかげでペダリングの新境地を見つけられたようだ。さらに練習を積み重ねます。

sign02ところで、ダンシングで今まで感じなかった戸惑いが。
ペダルが下に行ったとき足が外に向こうとしている。反対側の足に体重移動をしようとして腰を開くかららしい。SPDだと簡単に靴が回ってくれるし、平ペダルでも今までオフの登りで何の違和感も無かった,,,。

ゲージペダルにスニーカーの靴底が食い込んで全く回ろうとしないから脚の方から見れば足首が捻られるようで苦しい。急にこんなことになったのがちょっと変だが、足首の力が抜けないということだろうか?それともまだ体重が残ってる、ってことかな?(画)

|

« ペダリング、少し分かった | トップページ | ススキが原の風 »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペダリング、少し分かった | トップページ | ススキが原の風 »