« 懐かしい火鉢 | トップページ | 山のアオサギ都会のシラサギ »

2009年11月29日 (日)

ダンシング開眼したあ〜♪

Cimg8357<ダンシング>
ってこんなに楽なものだったの〜?
感動したあ!
okp師匠からアドバイスされた通りにやってみたらまあ快適なこと。

★アゴとFタイヤの接地点を垂線で結び、その位置を保ったままバイクを左右に振る(倒す)★

をやってみただけで体の動きが自然になり、どこかに力が入ったり突っ張ったりしないで楽にペダリングができる。そう言えばダンシングする時、どこを見たら良いのか分からないでいた。それは顔の位置が決まってなかったからだ。

それともう一つ
★倒していくタイミングと漕ぐ=ペダルを乗り換えるタイミングがバッチリ決まるとペダリングが軽く(『抜き』ができてる)感じる★

これもその通りだった。
バイクは一挙に倒すんじゃなく、前に来たペダルに最大トルクをかける瞬間が最大の角度になるように倒していく。

全行程を通して「アゴとFタイヤは垂線上」。これですよ!!これでおいらも立派なダンシングマンというわけ。あ、後ままだ『腕の引き&持って倒す』の課題が残ってたっけ。

<観察すると>
バイクは踏み込みの力と拮抗して倒れるのを止め、ペダルが下がるに連れて起きて来る。ペダルが下死点になっちゃうと乗り移り難いのでできるだけ早い時期に反対側に乗る。

で、ここからは推測ですが、バイクが完全に起き上がった(垂直)瞬間というのはペダルがそれぞれ上下死点に位置してるんじゃなかろうか?
で、そこからバイクの倒し込みとペダルの乗り換えが始まる、と。

<それにしても>教わる、というのは有効なものだなあと改めて感じた。「??→!!」となり、「苦→楽」となる。

実は最近ギターの左手の使い方が間違ってるのに気づいた。ヘタ(それも全くのドシロート)でも触り始めて15年にはなるんだから、今まで気づかなかったのは誰にも教わらなかったからだ。今回教則本を入念に読み、写真をよく観察した結果発見した。その結果今までどうしても遅くなる指使いがスッとできるではないか!?独習というのはこういうところが怖い。

<因に>
Kyoちゃんもダンシング、教わった通りにやったそうだ。ジテツールートで一番の急長坂が非常に快適に走れたと喜んでいた。そんなものなのだろう。

いや〜岡村周治さま、ありがとうございましたあ!(画)

|

« 懐かしい火鉢 | トップページ | 山のアオサギ都会のシラサギ »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

ペダリングのコツ」カテゴリの記事

コメント

お役に立てたようで何よりですhappy02

ガハクさんやkyoさんは
普段からたくさん自分で工夫し
いろいろ試しながら考えて乗ってるので、
言葉でストレートに伝わるのがうれしいhappy01

実は、ガハクさんにアドバイスする上で、
今まで強く意識してなかった事を、
自分で再度実験・確認し、言葉にすることが
ものすごい自分の勉強になってます!!

投稿: okp | 2009年11月30日 (月) 17:06

ダンシング、ほんとうに楽しかったです。山の早い夕暮れのなか暗く寂しい近所の坂を何度も登ったり下ったりしながら一人でホクホクしてました。
教えていただいたことを実行してみてできなかったことができたりすると、やっぱりプロは違うなあ、と。(←すみませんm__;)
でも上手にできる人がそれを上手に教えられるか?というと、そうでもない、「教える」というのはそれはまた別の技術なんですよね。絵を教えていていつも思います。そして、ウマい絵描きがウマく教えられるとは限らないけれど、教えるのがウマい人は例外なく良い絵を描くというのも事実です。

okpさんのティーチングテクニック熟達のモチーフになるということで教授料免除してもらえますかしら?

投稿: ガハク | 2009年11月30日 (月) 20:56

授業料なんていりませんよ〜。
だって、こちらが勝手に書いてるだけですからあhappy01

>「教える」というのはそれはまた別の技術
ほんとにその通りですcoldsweats01
自分の経験してきたことや、
自分の身体にある感覚って伝わらないですね。
何年やっててもそう思います。

ただ、答えは1つではなく、完成形は無いのだ、
というように考えてます。

目的に合わせてピンポイントでお答え出来るようになるには、あと何年かかることやらthink

投稿: okp | 2009年12月 1日 (火) 22:57

頭の位置、私もすぐに試してみました。
ペダルの乗り換えのリズムがうまくとれると、
グイングインとスムースに回っているモーターに
乗っかっているみたいで愉快です。

この頃やっと私『ぞうけい』の子たちが大好き!になりました。
いつまでも甘えん坊だったり生意気な生徒さんばかりなのです。
でもそれがまた可愛いんですよね〜lovely

でも大人って難しい。
理詰めがいい人もいれば、
感情的な言葉の方がピンと来る人もいたり。

『トラトラ道場』はいつもビシッと緊張感があって
それでいて楽しい雰囲気で毎回勉強させてもらいました。
近けりゃちょくちょく出かけたいです『okp寺子屋』へ。
先生というものは生徒が育ててくれるからダイジョブですよhappy01


投稿: Kyoちゃん | 2009年12月 2日 (水) 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懐かしい火鉢 | トップページ | 山のアオサギ都会のシラサギ »