« とにかく手が冷たい | トップページ | 鎮痛剤なしの一日 »

2010年1月31日 (日)

工事が置いていったもの

Cimg9128去年の夏から続いていた線路脇の崖工事がとうとう終わった。その間ガハクのトライアル練習用の広場(って勝手に思ってる)は連日工事車両で埋まっていた。

最後の2ヶ月はこっちもどうせケガで練習ができなかったからどうでも良かったけど、終わってみると何だかちょっと寂しい気もしたりして。
広場全体の地面がいつになく広く平らになってる。周囲の草刈りも入念にされて広々としてる。こうして丸太なんかが転がっていると、「さあこれでまた練習してください」と言われてるみたいだ。

夕方MTBで出かけた。
広場をダラダラ走り回る。それからスタンディング練習。転がっている丸太や石に向って壁当て。ケガする前はナゼか左足前でやっていたが痛いので右足を前。何だかさっぱりうまくいかない。これは逆足だからではなくペダルを踏んでる足に力が入ってないのが原因だ。ペダルに立ち上がるのもまだしっくり来ないもの。

気がついたら東の空に黄色い満月が大きくボワンと出ていた。(画)

|

« とにかく手が冷たい | トップページ | 鎮痛剤なしの一日 »

リハビリ3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とにかく手が冷たい | トップページ | 鎮痛剤なしの一日 »