« 雪の記念日 | トップページ | 防寒用ハンドルカバーを手作り♪ »

2010年2月 2日 (火)

雪道は体に優しい

Cimg9170<犬と裏山に登った>
家のまわりの様子から大したことない積雪と思ったら、高度が上がるにつれけっこうな深さになっていた。これだと2年前にKyoちゃんと二人でMTBで遊び回った時とほとんど変わらんじゃないか。

(因にその時の様子は↓の動画)

その時の体験から、雪道ではVは無力、やっぱりディスクブレーキだ、と交換したのにガハク号での雪道走行はまだ一回もしてません。今回は二人ともMTBではない。ボクは現在“こんな”だし、Kyoちゃんも去年の事故以来まだ歯が完全ではない、ハシャギ過ぎは厳禁ということで。

裏山の木はあの時に比べてまた伸びたし森は成長してるはず。そんなことを思いながら歩く山道はどんな時でも楽しい。
登りでは長靴の下から雪の冷たさが滲みて来て足が冷える。それがケガに障るんじゃないかと気がかりだった。でも帰る頃には体も足も温まりポカポカ,,,ちょうど良くなった。しかも足の下の雪は柔らかくクッションの上を歩いている感じで楽チン。すっかり体がこなれた。

まるで雪がリハビリを優しく応援してくれてるようだった。(画)

|

« 雪の記念日 | トップページ | 防寒用ハンドルカバーを手作り♪ »

リハビリ3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の記念日 | トップページ | 防寒用ハンドルカバーを手作り♪ »