« 炭づくりで遅くなる | トップページ | 春の雪 »

2010年3月 8日 (月)

デジカメで水紋を撮ろうと

Cimg9663crown川面に雨の滴が落ちて丸い水の輪をいっぱい作っていた。頭上に張り出したクルミの枝から落ちる滴だ。王冠っていうの?ポチャンッと上がる形、それから広がる輪。あっちにもこっちにもできるのが面白いと思ってデジカメで撮ってやろうと。
cameraでもうまく撮れない。失敗の連続。
そりゃそうか、見ている方は連続してできる水紋を見ているのに、カメラはその一瞬しか切り取れないからな。キャメラなんて今更ながら不完全な代物じゃ。

art絵を描いてる経験から言うと、カメラの画像というのは決して本当の像を表してなんかいない。知ってる人は知っている既知のこと。
『写真みたいにそっくりな絵』なんて言い方、実は逆なんです。
ぼくたちは人間の見え方に似せた記録装置を作って、人のそれまでの視覚的記憶(絵)と置き換えただけなんです。(急に力こぶ)

run河原では必ずスクワット。それから股関節のストレッチ。この両方に今は凝っていて暇さえあればしょっちゅうやってる。

スクワットは身体を起こしながら息を腹から大きく吐くようにすると腹式呼吸の練習にもなるし、股関節のストレッチを立って脚を大きく回すと太腿の筋肉運動にもなるし。どっちもおいらには足りない運動だから。

hospitalただし回数やると故障箇所に響いて来るみたいで気をつけています。(画)

|

« 炭づくりで遅くなる | トップページ | 春の雪 »

山で出会うもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 炭づくりで遅くなる | トップページ | 春の雪 »