« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の記事

2010年4月30日 (金)

久しぶりに乗りました

Cimg0958自転車に乗った。

朝からの変わり易い天気も午後になったら安定。暖かい風を感じたら少し乗りたくなった。kyoちゃんの彫刻アトリエまで6キロをポタリングすることにした。

まずタイヤの空気を入れる。もうスカスカ。これじゃトラ練でも低すぎる。フラッシャーをハンドルに固定。サドルを一番高く上げる。

漕ぎ始めたらすぐお尻がもぞもぞしてくる。いつもサドルにほとんど座らないからシッティング状態に慣れない。というだけじゃなく尻のお肉が減っちゃったのか?

少し力を入れると左足指先がぴりぴりしてくる。リハビリライドということで軽めのギアでクルクルと。足の『抜き』を意識してみるが感覚を忘れてる。

さっきまでの雨もあって所々に水たまり。跳び越すのは無理なのでぎりぎりで避ける練習。何だかぎこちない。段差をFアップ&Lアップでパスしようとするとこれも不安定。体が硬いのかMTBが重く感じられる。

彫刻アトリエに着いたらkyoちゃんは里芋植えの最中。それが終わったら次に畑にかける防虫防猿ネットの準備。彫刻アトリエは農業アトリエでもある。

久しぶりのライド。尻は少し痛かったがやっぱり自転車は気持ち良かった。
これから暫くはこんな調子でリハビリライドと行きましょう。(画)

| | コメント (0)

2010年4月28日 (水)

苺の花と歯のギブス

Cimg0939bud苺の花がやっと咲き出して背が伸びてきました。これが赤く実る頃がガハクの誕生日なんですけど、今年はどうだろう?ちょっと遅れているような気がします。

昨日歯医者さんに行きました。歯の点検とお掃除。(虫歯一本発見、それも治療)
10月に転倒して入れ歯にしたところはもうすっかり慣れたけど、その横の無事だった歯がいまだ不安定。
しかもひと月ほど前グラグラして来て痛みも出たので、両隣の歯と接着してもらいました(ギブスみたいなものですね)。それからはぜんぜん楽になりました。この調子で早くくっ付いてくれれば良いんだけどなあ〜。

「チンガード付きのヘルメットを外国のサイトでdollar安く買いました!」と先生に言ったら、
「ぼくもwatch心拍計付きのサイコン(マラソン用)を海外のサイトで買ったんですよ」と。4〜5万円するのが3万円代で買えたとか。なんでこうも違うのかしら?

その後街に買い出しに行ったら、スーパーでトワンの命の恩人に偶然会いました。山で迷っていたトワンを発見して何度も電話してくださった方です。
「ワンちゃん元気にしてますか〜」と向こうから声をかけてくださいました。
「こんどワンちゃんと山越えしていらっしゃい」とこれまた優しいお言葉。

庭の苺が実ったら苺ジャムを作って、ガハクが焼いたパンに挟んでお弁当にして、皆で山越えして飛村まで行ってみようと思います。前坂まで登るのに300メートル、そこから200メートル下ればトワンが4泊も逗留した森があるのです。きっとトワンはまだ覚えているでしょうから、どこでどう過ごしたのか聞いてみたいと思います。(K)

| | コメント (0)

2010年4月27日 (火)

珍しい鳥

Cimg0793Cimg0850最近庭に珍しい鳥が来る。

上がオオルリ。下がシメ。
どちらも一度森の中で会ったことはあるが庭では見たことがない。

オオルリはきれいな声で鳴くが、この時は無言だった。
小雨降る庭の苺畑に降りて何か啄んでは木の枝に戻るを数回繰り返していた。

シメが現れたのは今日。
暖かく明るい春の日射しの庭。ガレージの屋根に飛び上がった。口に何かくわえている。巣材だろうか?

お昼前に仕事に出かけた。
電車に乗って街の方へ。久しぶりに上着がいらないくらいの暖かな陽気。

プラットフォームで電車を待ってると反対側の電車は満員。
「はて?今頃どんなトレンドが?」なんて思ったが、乗ってる人たち年配者が多い。年寄りの国日本を思ってしまう。もちろん自分らも含めてだが。

街に半日出ていたら痛くないはずの左足がまた痛くなり、帰りにはビッコをひいていた。街はきらい。(画)

| | コメント (2)

2010年4月25日 (日)

お仕事犬

Cimg0829_2ぜんぜん乗らないMTBerです。

でもスクワットにすっかり凝っちゃってMTBに乗らなくてもハンドルを持つと、そのかがんだ姿勢をやってみる。
「うん、いい感じ」これで今は我慢ガマン。

練習始めはウィリーからかな。ホッピング?バニホ?プッシングターン?ま楽しみにしとこう。

今日の空はすっきりと晴れ大気は乾いていた。春の山は明るく暖かい。

でも風が強かった。こんな日の向かい風の中を自転車で走るのは辛い。そんなことを思いながら山で薪拾い。

相変わらず活発に動き回るトワンは最初はそこら辺を走り回り嗅ぎ回る。最後には作業が終わるのを傍に来て待つ。その姿の意味は「もう帰りましょうよ」。

登る時は一輪車を牽引してお手伝い。今日もやりました。
昔仕事を手伝う犬がいるという話を夢のように聞いたりしたものだ。kyoちゃんは実際にそういう犬を近所で見たそうだが。

今や現実にこのトワンがそんな犬なんですよね。(画)

| | コメント (0)

2010年4月22日 (木)

いちばん美しい春

Cimg0770なんとフンワリと軽やかな色!どの木の枝にも小さな若葉が付いているから山全体が淡い緑に包まれて、ペダル踏みながら上ばっかり見ています。

アトリエに着いて温度計見たら20度もありました。夕方だったのにずいぶん暖かい!ザックの中にはもう冬用手袋は入っていません。帰りも薄い手袋で大丈夫とみて持ってこなかったのです。

この冬はストーブ燃しながら炭焼きをしたので、部屋の中にだいぶ煤が積もっています。机と彫刻だけはときどきパタパタ叩くけれど、窓を開けずにやるからまた舞い降りて来て、その繰り返しをやっていました。それも春が来たからもうおしまい。また次の冬まで炭焼きはしません。だって熱くて仕事にならないもの。

ガハクは自転車に乗るのをガマンしています。あんなにヒドく腰を痛めたことをほんとうに反省していて、しっかり治す覚悟のようです。昨晩スクワットの実演してくれましたが、
「そこまで出来るのにまだどこか痛いの?」と聞いたくらい立派な姿勢とバランスでした。

犬のトワンの失踪と生還は忘れちゃイケナイことだけど、ガハクが寝たきりになってまた元気になったことはもっと忘れてはいけないことで感謝しなくちゃいけないよね。
こんなに美しい春は見たことがない。(K)

| | コメント (4)

2010年4月21日 (水)

あったかい春はまだか

Cimg0744Kyoちゃん雨の中自転車でご出勤です。

ダブルライト、メットの前と後ろにフラッシャー、あちこちに反射材、フルフェースにもすっかり慣れた様子。これで歩道を走るんだからどんだけ用心深いんだろう。でもあの雨の日の体験は二度と繰り返したくない忌まわしい記憶。だからこれで良いのだw。

さあて・・・ガハクのMTBer人生は終わったのか・・というくらいさっぱり乗れない日々。倉庫にただ一人MTB。

でも確実に足は良くなっている。もう少し。もう少し。スクワットも毎日やってるし、柔軟(ヨガチック)もできるようになってきた。アグラかくのもできなかったんだからそれを思えば、ね。

仰向けに寝て脚を股関節の付け根から大きく円を描くように身体の前で回す運動が効果あるみたいだ。グルグル回してたら面白いことに気づいた。いつもの「左の足首」の痛みが「左脚」を回す時は痛くない。逆に「右脚」をぐるぐる回すと痛い。これは・・・どういうこと??左脚を痛めた原因は左側のどこかではなく、右脚側にあったのか??

調子良くはなってきたとは言え、多く身体を動かした後は必ずちょっと痛い。左足指の先端にヤケドしたみたいな痛み(ビリビリ感)が出て来る。

やっぱり暖かい日は調子良いみたい。リハビリに良い季節はこれからかな。(画)

| | コメント (0)

2010年4月19日 (月)

ゆっくりやって来る春

Cimg0663わずか300メートルの標高の山だけど、上と下では気候がずいぶん違います。一昨日の雪だって家では雨混じりだったのに、ここには翌日まで雪がうっすら残っていました。

でも日射しはだいぶ強くなりました。ここまで登るともうすっかり春です!うちの庭よりポカポカします。太陽に300メートル近いだけでこんなにも違うものかしらねえ。

bicycle
急に冷え込んだので、ジテツーにはまだ冬用の手袋を使っています。行きは薄手で、帰りはスキー用の二重手袋です。耳当ては使ってません。なぜなら、チンガード付きヘルメットは耳も温かいからなのです。口元の穴から空気が流れ込んで来て思ったよりも鬱陶しくないです。あとは夏場どうなるかだけですね。

ここんとこ連日深夜のジテツーです。帰りが10時半ともなると、クルマが突然すっ飛ばして来るから怖い〜〜〜
自衛的に歩道に入ってソロソロと走っているのですが、急接近するヘッドライトに、
「あのクルマ、ガードレールを突っ切ってこっちに向かって来るんじゃないか」と想像してしまいます。で、さらに歩道の隅に寄って走ってみたり。

一週間前、春雨に濡れながらポツンと道のまん中に座っていたガマガエル、また寒くなったので引っ込んでしまいました。また冬眠始めたのかな?今年の春はゆっくりですね。(K)

| | コメント (0)

2010年4月18日 (日)

山に桜が増えた

Cimg0665裏山に登る。

昨日からの雪混じりの雨は上がった。でもまだすごく寒く感じたのでいっぱい着込んで出かけた。暗い杉木立の林道を抜けるとポンポンと雑木が広がる斜面になる。高い所に出るに従い日射しも強くなり暖かくなってきた。

山道のどこを見ても春だ。どの木からも新しい葉が噴き出している。
「これは何の木だっけ?」「イボタの木」「これはキブシ」「これは?」「マユミはどこにあったっけ?」
ときどきトワンが見えなくなる。でも呼ぶと遠くから鈴の音がしてすぐにやって来る。迷子になった時の恐ろしい記憶は彼の中にまだ残っているんだろうか?

遠くの山を望むと針葉樹の緑なかに薄ピンク色の花がたくさん見えた。毎年増えているみたい。ぼくらがこの地に越して来た頃は山は濃い緑色が相場で、雑木林なんてどこにもなかった。その森に近年少しずつ落葉樹広葉樹が増えている。

杉や檜の植林が金にならないので止まったことと、手入れをされなくなったおかげだ。皮肉にも。

林道を登りながら身体の点検。
少し左の股関節に痛み。でも邪魔な灌木なんかを切りながら登っているうちに忘れてしまった。徐々に斜度がきつくなり、登る足の踵が下がるせいかちょっと左足首(前の外側)が痛くなる。

それも下りには消えていた。

林道に入ったとき、ふと足元にたくさん桜の花びらが落ちている。思わず見上げると岩の上に張り出した山桜。(画)

| | コメント (0)

2010年4月17日 (土)

門の呼び出しベル

Cimg0602冷たい雨の一日。夜になって雪も降って来た。

あまりの寒さに外に出してあった花や野菜の鉢をみんな中に入れた。ビニールをかけて小さな温室を作っておいたのにそれから寒い日ばかり。

昨日は一日パソコンの前でホームページのデザイン変更をしていた。見てやって下さい↓
『ぞうけいのにわ』

写真はわが家の門につけてる呼び鈴。無線で室内のスピーカーが呼び出し音を出す。いくつかの音の種類があって切り替えができる。『犬の吠え声モード』とか。

犬の絵を描いたのはジョークのつもりだった。

呼び出し音も『犬の声』だし。というのは嘘で、実はこれはもうとうの昔に壊れて鳴らない。それを知らない訪問者はボタンを押す。するとトワンが吠え始める。家の中にいるときはまさに『犬の吠え声』モード。

庭に出ているときはトワンが門までお迎え。

だから壊れてるとは誰も思ってないに違いない、というそれだけのお話。(画)

| | コメント (0)

2010年4月15日 (木)

スクワットジャンプ

Cimg0582<スクワットジャンプ>

はジャンプした時の姿勢で着地する。もとの姿勢にもどる、そこがポイント。

着地のショック吸収は膝ではなく体の屈曲(股関節の曲げ)でする。それだけ股関節の柔からさが必要になるわけだ。上体が突っ立ったような姿勢で膝を曲げて着地するというのが一番いけない。足首にも腰にも負担がかかり易い。

地面の上でやっているスクワットの形をどう自転車に応用するか。ポイントは膝の曲がり具合、足より前に膝を出さない曲げ方、というところ。

自転車のペダルは前後しているわけだから、後ろ膝は曲がり、前膝は立ち気味になるわけ。だから「そのつもりで曲げる」感覚。あくまでも体が覚えた姿勢の感覚で股がるしかないな。

背筋を伸ばして胸は自然に開いた姿勢。股関節を曲げ、伸ばす力で上にジャンプする。

という感じでMTBでも『スクワットジャンプ』をやってみてるわけです。

さて自転車の上で実際にやろうとすると、この姿勢じたいバイクの中心に乗ってないとできない、って気づいた。姿勢がとれなければジャンプもできっこないわけで。反対に中心に乗れてれば思ってる以上にバイクが跳ねてくれる。一回だけ空中で引きつけ動作ができた。ちょっとだけど初めてのこと。

何事も基本にもどって行くということか。

///////////////

<Kyoちゃん制作中の大理石像>

自転車ライダーここにあり。自転車このサイズだとBMX?(^-^ゝ。少しずつ人の方も小さくして行ってるんだそうだ。

大理石も種類によってずいぶん質が違う。このアメリカ産の大理石は軟らかくて脆い。実はこの制作中の像は今まで人物の首が3回とれている。それでもどんどん像は改良されて行くという。もはや神秘ですな、これは。♪(* ̄ー ̄)v(画)

| | コメント (0)

2010年4月14日 (水)

昔のポジション

Cimg0569<毎年春になると>
山の中にできる池に産まれるオタマジャクシたち。この中から何匹がカエルになるのか?脚が生えてるとこまでは見ることはあってもその後がない。いつももう少しすると雨の降らない時期がやって来るのだ。そうなると池の水が見る間に減ってしまう。あの子どもたちはどこへ?

でも毎年ここで産まれるんだから無事に成人(成虫?)したカエルがいるってことでしょ、とKyoちゃんは言う。
そうなのか(^-^ゝ

<郵便局までMTBで行く>そしたら乗ってるポジションが変?

突っ立って後ろよりに乗ってる感じがした。ずっと前、長いステムで前にかぶさったような姿勢で乗っていたのを思い出したからだろう。

しばらく乗らないでいると、ずーっと以前の乗り味を思い出すということだろうか。不思議なことだ。体のどっかにその感覚がしまわれているらしい。つまり廃棄はされずに上書きされてる、っとことだ。アーカイブしてインストール?

今の感覚と昔の感覚が最先端に並ぶということでしょうかね。(画)

| | コメント (0)

2010年4月13日 (火)

プチオットピ

Cimg0527雨が降り続く中を今日もジテツーのKyoちゃん。バイバ〜イ、いってらっしゃ〜い。

公道は危険がいっぱいということでヘルメットも替えたしタイヤも換えた。これでもう大丈夫、っちゅうのがイカンのだ。油断は禁物でござる。

さてわたくしの方は、、、最近はまってるのが『スクワットジャンプ』
前も書いたが、スクワットの形からジャンプして着地で元のスクワットの形。これ何度も練習して体で覚えると体の使い方としてとても良さそう。

今日は脚の調子が良かったので、MTBに股がって試してみた。

雨なので室内練習。テーマは小さなオットピの連続。と言っても狭いスペースなので連続3回が限度だけども。

ペダルの漕ぎは意識しない
スクワットジャンプの形だけを意識する
(股関節の曲げ伸ばしだけでホップする)

これなかなか愉快だ。
特に力を入れなくてもけっこう前に跳ぶ。後はもっと足首を柔軟に使うとか。後ろから前に向かう動きを意識するとか。そういうことまでできればもっと高さも距離も出るかもしれない。

久しぶりに練習できたのがうれしかった。(画)

| | コメント (2)

2010年4月11日 (日)

お休みの日はかりんとう

Cimg0494Cimg0492<Kyoちゃんの手作りかりんとう>

小麦粉。
塩少々。
お好みの分量の砂糖(入れなくても)
ふくらし粉をちょっと入れておく。
(すりごま←おすすめ
今日はきな粉も入れた)

水(牛乳でもOK)で硬く練る。
まな板に延ばし、包丁で1センチくらいの幅で切る。
油できつね色になるまで揚げる。

---出来上がり。

ドーナツ揚げようと思ったら牛乳がない。急遽かりんとうに変更^^)v

シンプルな味でおいしいよ。(K)

| | コメント (0)

2010年4月 9日 (金)

五部咲き?

Cimg0401この辺で一番暖かいとこでこの程度。五部咲き?今年の花は長いな。

股関節こそが自転車に乗るときの運動の中心だと分かった。自転車に股がろうとする瞬間から、普通にペダルを漕いだり自転車を止めて地面に足を着くまでとにかく大活躍。地面からのショック吸収も衝撃が大きければ大きいほど股関節が働かなきゃどうしようもない。

自転車じゃなくても運動の中心は股関節だろうか。

というのを身体の痛みで理解した。

毎日暇さえあればスクワット。それから股関節運動をする。あまり熱心にやり過ぎるのも元の木阿弥。筋肉運動って一度にたくさんやっても細切れの積み重ねでも効果は同じなんだってね。

Kyoちゃんのヘルメット。『メット・パラシュート』
耳からアゴまでカバーしてるガード。こりゃ安心感はあるだろう。本人は大満足で毎日ジテツーしてます。ストリートこそ危険がいっぱい。(画)

| | コメント (0)

2010年4月 8日 (木)

タイヤ交換して雨のジテツー

Cimg0367←タイヤ交換中。ボントレガーを→リッチーに履き替えてもらっています。道路ばっかり走ってるからなんでしょうか、真ん中ばかりが擦り減るのは。

「リッチーは軽くて走りやすいと思うよ。静かで音がしないんだ」
「ふ〜ん、でもそんな微妙な違い私に分かるかしら?」

今日は小雨降る中を出発!
タイヤを交換してもらった理由は、途中にガラス片がキラキラしている所があるからなのです。擦り減ったタイヤはガラスを拾い易いみたい。この前もスローパンクしていてチューブを新しいのにしたばかりなのです。

おニューのヘルメット>
MET Parachute MTB Full Face Helmet Green 54-57cm ここ一週間毎日使ってみた感じは、丈夫でしっかりした作りという感じ。私の頭のサイズは57cm、フィット感も良好!

バイザー付きのメットってのも良いですねえ〜!雨粒がメガネに当たらないし、夜の対向車のヘッドライトが眩しくない。キャットアイ400をいちばん上に取り付けました。あちこち試してみたけど、ここが一番取り付け易くて光線の角度も良いみたい。

Cimg0373今夜も帰りが遅くなっちゃった。

雨はすっかり上がった、でも気温は下がって風は冷たい。でも雨具を着ているからぜんぜん平気。国道に出たら道はガラ〜ンと空いているのでぐんぐん漕いでみた。

やがてセンターポールが立ち並ぶカーブにさしかかった所で、後ろから大型トラックが接近!
どうせ抜けやしない道幅なので堂々と真ん中を走り、カーブを出た所で脇によけて手をあげてお礼の合図。大きく避けながら追い抜いて行ったのは、タンクローリーに大型ダンプにパネルトラックでした。

うちに帰ったらパンが焼けていて、トワンが足を洗ってもらっているところでした。

「バイザーって良いんだね」
ガハクはバイザーを手作りしたことがあります。『峠オヤジ』をしていた頃のこと。

山登り用のヘルメットは庇がなくて眩しい。そこでバイザーを革で手作りしメットに接着。気持ちよく下りのカーブを滑り降りていたら、強い向かい風を受け突然折れ曲がり顔に張り付いた。視界ゼロ。カーブのためハンドルから手が離せないのであわてて顔を上げバイザーを元に戻す。でものけぞっていると前が見えない、顔を伏せるとまたバイザーが目に張り付く。。。

手作りはダメだ〜笑
「ぼくもバイザー欲しいよお!!」とガハク。(K)

| | コメント (3)

2010年4月 6日 (火)

はなおこし

Cimg0320Cimg0307昨日までのホダ木作り。けっこう体動くじゃん”と思ったのも束の間、やっぱり左脚の先が痛い。困ったもんだ。
/*/*/*/*/*
やっとサクラが咲き始めた。連日の雨が『花起こし』になったらしい。ハナオコシ、と聞くとお菓子(オコシ)?って思ったりして。

庭の木にも春の気配。今日はほんとに暖かでした。死にかけたリンゴの木に新しい芽が出てきた。

ところが去年の同時期のブログ記事を見ると、やっぱりリンゴの木の復活のことが書いてある。それからぼくがひどく体調を崩して数日寝ていたことが書かれていた。そこからまた起きられるようになった後、裏山を歩きながら//ここをこう走って、とか、この斜面なら怖くないぞ、とか、登れるかな?とかそんなことを考えている。

なんだ今と同じじゃんかよ、なんだよ〜リンゴもオレも毎年おんなじことの繰り返し〜?、、いやそうじゃないですよね、そんなことない。そう見ればそういう風に見えてしまうもの。類型化だよ、認識の。『類は友を呼ぶ』みたいな。そりゃ解釈まちがい。

/////***===***///

ま、とにかく。今年はケガのリハビリをじっくり暖かくなった中でやっていきます。自転車に乗ることがいつまでも楽しいものである為にも。(画)

| | コメント (0)

2010年4月 5日 (月)

続・ホダ木

Cimg0287ホダ木とりにジイさんは山へ。バアさんもいっしょ。洗濯はどうした?もう済ませてきた?!

というわけです。

でもそんな都合良く材料が転がってるかねえ、、それでもその気になってあちこち見回すと。。。あ〜あるじゃないのお。この前の雪で倒れたやつがあ。

けっきょく採取したのは、クリとカシの木。
クリの木は分かるけどカシも使えるんだって(バイウェブ)。ホダ木のランクとしてはクリとカシは同じ。ただ皮が薄いため水の管理に注意が必要ということだ(バイウェブ)。

根っこから横倒しになってる大きな倒木でも手ノコで切るしかない。手で苦労なく切れる太さでギーコギーコ、、、ほんとはもうちょっと太いのが欲しいんだけど。

でも無理しちゃイケナイ。『頑張らない』が新しい家訓なので、常に疲れない程度の作業で終了。だからみんなあまり太くないホダ木ばかり。

二人で家まで運び下ろす。カシって重いねえ。

ドリルで穴を開け椎茸菌の駒を打ち込む。あれれ、まだいっぱい菌が余っちゃったよ。こりゃもっとホダ木をとってこないとなあ。予報では明日は雨だとか。

「ちょっとくらいの雨なんか平気だよね」←バイKyoちゃん。(画)

| | コメント (0)

2010年4月 4日 (日)

椎茸用のホダ木

Cimg0251ストーブで作る炭の材料を集めるために山へ。右の方に犬が見張ってるのが見えますか?

トワンはすっかり元通り。前より元気になったくらい。山道を登るも下るも動きが軽快。呼べば何度でも登り返して来る。少し脚も首回りも太くなったようだ。

ボクの方はと言えば、徒歩で山道を登ったり下ったりは特に痛みも出なくなったのが嬉しい。

ジョギングみたいに片足ずつ跳ねるような動きは左脚が痛くてうまくいかない。両足でなら軽いジャンプは可能。着実にもどってるようだけど、なかなか時間もかかりそうだ。

椎茸栽培用の菌をネットで注文。明日あたり宅配が来るかな?栽培用のホダ木を準備しなければ。この前拾ったクリの木だけでは足りない。倒れてるようなクリの木は都合良く見つからないので、たくさんあるニセアカシアが使えないかと考えてる。(画)

| | コメント (0)

2010年4月 2日 (金)

花はまだまだ

Cimg0260サクラがようやく開いて来た。

クルマで街まで買い物に。沿道を眺めていたらけっこうサクラの木が多い。
「こんなにあったっけ?!」
川っぷちや道脇に並んでいたり、ポツンと大きな樹形が広い場所にあったり、庭の生け垣の上に枝を出していたり。夫々が曇ったグレーの空を背景に少し赤みがかった蕾みをつけた枝を伸ばしている。でもどの木も花を見るというにはほど遠い状態。

その代わり白い花が目立った。こんなどんよりした天気の日には白い花が目立つものだ。
ハクモクレン。あれは?コブシ?、、にしては小さいし繊細過ぎるような、、、タムシバ?それは山の木だと思うけど庭に植えてる人もいるんだろうか?
「いるかもしれないよ、わたしたちだってヤマボウシなんか庭に植えてるじゃないの」とKyoちゃん。

帰ってから自転車に乗って川っぷちに行ってみた。南向きで暖かい場所。枝垂桜の蕾もだいぶふくらんでいた。

久しぶりにMTBで出て来たんだからと、近くの山道に行ってみる。リアギアはローから2〜3枚目でダンシングでゆっくり登る。距離にして200mくらい。そこから下る。下りはブレーキの練習。惰性で下り、適当にブレーキ。ほとんどロック状態でどこまでコントロールできるか?

これで終了。あっと言う間だ。

脚の調子はまずまず。ただ登る方はダイジョウブなのにいざ下り始めると脚に突っ張りを感じるし何となく重くなる。それがちょっと不思議。でも体の動きはだいぶスムーズになってきてるみたい。(画)

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »