« 雨の裏山トレール | トップページ | カルガモヘビトンボチドリ »

2010年5月13日 (木)

胸が痛くなりました

Cimg1206昨日のこと。
夏のような雲だ。でも風が強い。

朝は灰色の雲がやってきたり雨が降ったりした。午後になってすっかり晴れた。

今週は体調良好で脚の痛みが薄いのでとうとう自転車に乗った。乗ったという意味は練習した、ってこと。

スタンディング少しウマくなってた。上り坂で前に少しずつ進みながら時々後ろにも下がる。ほんのちょっとしか後ろに下がれないが全体に安定感が出た。練習してないのにこんなこともあるんだね。

調子に乗ってフロントアップ、ウィリーをやろうとしたら股関節に違和感。脚を開くからかも知れない。すぐに止めてホッピング練習。リアが左に流れないように走りながら調整。あまり高く跳べないけれどホッピング。とにかく無理な力を入れないで練習。

ジャックナイフからフロントアップの連続(シーソースタンディング)練習しようとしたら、Fブレーキの効きが悪く滑ってしまう。自転車を休ませているとこういう症状になることが多いのはどういうわけか?

とりあえずキャリパー回りに水をかけてやって練習。急に制動力が復活するからこれも不思議だ。

でも何だかMTBが重くて仕方が無い。胸の筋肉が痛くなった。

奥さんとの会話。
「もう練習ができるようになったの?」
「腕立て伏せやったりしないとダメだね、筋力が落ちてる」
「無理しないでポタリング程度に走るようにしたら?」
「ポタリングかあ、ぜんぜんやりたくない、ただ走るのはいやだ」
「じゃあ山行きなさいよ、林道を先まで登って降りてくる、みたいな」
「その方がよっぽど疲れない?」
「そのくらいのをやってから練習すれば?」
「その方がずーっと過酷じゃん!?」(画)

|

« 雨の裏山トレール | トップページ | カルガモヘビトンボチドリ »

リハビリ3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の裏山トレール | トップページ | カルガモヘビトンボチドリ »