« 蛍が飛ぶ川辺 | トップページ | ダウンヒルの姿勢 »

2010年6月10日 (木)

腿の裏が筋肉痛

Cimg1775裏山トレール200mを往復。

進歩を感じたのは息を切らさないで登って行ける距離が伸びたこと。
ペダルの踏み方、腰の入れ方、体重移動、ハンドルのひき方etc.色々試しながら登って行く。

さらに足首を使うというのもこれまで忘れていた。ペダルに立ち上がった自然な構えのとき踵が充分に下がらない、足首が堅くなってる。割と練習してなかった 。
それに靴がちゃんとしてないと脱げそうに思えて踵に体重をあずけられない。
しっかり靴ヒモを締めて練習しよう。

さてもう一つ前からの課題。
ダウンヒルでは後ろ脚の腿がひどく疲れる。これ色々ポジションを工夫してもなかなか直らない。
要は両足に均等に乗れてないということなんだろうか?後ろ乗り気味?姿勢が低過ぎる??やっぱり未だ分らなーい。

広場に行って片手運転の練習。シートに座らず立ち上がった姿勢で。目標は『両手離し』まで行きたいんだけど…。できるかな?

ここでも足首を柔軟に使う』をテーマに小さなホッピングの繰り返し。蹴る時にはつま先を充分に下げること。

最初はちょっと恐る恐る。以前なら痛くてできなかっただろう左足首。でも今は何ともない。回復(◉U◉)。良いねえ〜嬉しいねえ〜♪とうとうここまで治って来たかと一抹の感慨あり。

急に西の空が金色に赤く光り、やがて山の上に光の筋が現れた。(画)

|

« 蛍が飛ぶ川辺 | トップページ | ダウンヒルの姿勢 »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

リハビリ3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蛍が飛ぶ川辺 | トップページ | ダウンヒルの姿勢 »