« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の記事

2010年9月29日 (水)

涼しくなればこっちのもの

Cimg3247

動きの始まりから終わりまで気を抜かずにいる、というようにはいつもやってない。

「行くぞ」と始めて幸運にもうまく動き始められると、連続して気持ちもついて行けるものだ。でも最初の入り口でちょっとでも失敗すればもう次が無いから気持ちの連続も当然ない。

これが失敗の繰り返しばかりしてると悪い癖がつくと言われてる理由の一つだろう。

つまり簡単に入れば簡単に抜けてしまう。ってことだ。
何度でもトライ…と言えば聞こえは良いが、入り口ばかり広くして出口が狭くて見当たらないような場所に大雑把に入り過ぎるんだ。だから入ったは良いが行き先が見えずに中で途方に暮れてしまう。

まあそんな高級なものでもないけれど。

そこでひとつ気づいたんだ。
準備動作っていうのがあるよねその動きを導く為にある動作のこと。
例えば漕ぎ上げて段にフロントを載せる動きをするには、その前にフロントに加重するという準備動作がある。でも準備動作ってのはそれだけじゃない。その前に静止する、またはフロントを真っすぐにするという準備動作がある。さらには漕ぎ上げる地点まで来る間に距離やタイミングを計るとか、どのくらいの高さに前輪を上げるかをイメージするとか、、。

準備動作にはその準備動作が、さらにはその準備動作が、という具合に一つの動作にはたくさんの前動作がひと繋がりにある、ってことだ。

そういうひと繋がりの準備動作の最期に技と言う動きが出て来る訳だから、その入り口をどれだけ手前から入ることができるか、気持ちの集中を始められるか、が動きの正否を決めるんじゃないか。と。

これ意識して明日から練習だ。一回一回身を入れて回数じゃなく中身の濃い練習をしよう。

と思いました。(画)

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

ホッピング

Cimg3163

フロントアップに適当な高さのもの探索中(笑)。
あまり高いのもダメだし低過ぎても練習しづらいし。さらに理想を言えば上が広い面になってて欲しいんだけどそんな所はなかなか見つからない。

<ホッピングを集中練習>

 ❶平地でのホップ>左右と回転→連続
 ❷平地でのコギホップ>連続前進
 ❸平地でのコギホップ2>リアを左右に振る(回転)
 ❹前を高くしてホッピング→後ろへ下がる→前に出る

特に❹は前が高くなっただけで姿勢を安定させるのが困難。でもダニエルできるようになるにはこの練習が有効だと思って。

ただこう書くとずいぶんガハクも巧くなったものだと思われるかも知れないので一言。

❶〜❹はこれからの練習メニューです。笑(画)

| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

涼しい

Dscf0914

以前シッティングでしか登れなかった坂をダンシングで登れた。

だいぶ慣れて荒れた路面でも足がペダルから外れないようになってる。リアがずるっと滑っても大丈夫。車体のバランスを崩さなければ再度構え直して登っていける。

毎回こう行きたいもの。

前のギアが32Tしかないので限界はあるものの、つまったらそこをトラ技で突破。というのが理想の登り方なんだよね。

昨日はスネガードをつけてトラ練。この前ちょっと何かやろうとして途端にスネ打ったから。

<ホッピング>
左右への移動。その場回転。漕ぎを入れて前進。坂道で前進前進。
全てが安定して連続でできるようになれば。。。

<バニホ>
フロントアップの高さと上げるときの速さかな?問題は。高くなければ後ろも浮かないし、高く上がったとしてもそこまでにかかった時間で勢いが無くなってしまえばやっぱりジャンプできない。

40分超の練習。ハーフヘルメットでも頭に汗をかかない涼しさだった。(画)

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

中秋の名月

Cimg3151

久しぶりにトラ技練習を集中的にしたせいか背中脇が痛い。ただ走るだけとは違う場所の筋肉を使うのか。それとも緊張で体が硬くなるせいか。

トラ練が「走らない」練習なら今日は「走る」練習にした。
フロントアップばかりやってると必ず腰を痛めるから2日に一度くらいが良いんじゃなかろうか?

プチ峠を越えてさらに林道を工事中断地点まで行って帰り国道に合流。それから舗装路を走り、中学校前の村で一番の激坂を登る。主に体力作りみたいなメニューだ。

以前きつかった傾斜もずいぶん楽に登れるようになってる。こりゃ体力よりスキルアップのせいだね。
もっともっと上手くなりたいなあ。

坂の途中でブレーキング練習やダンシング、スタンディングなどをして、ふと見上げたら月が昇っていた。

中秋の名月だ。(画)

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

トラ技練習再開

Cimg3091

家を出ていつもの練習コース。プチ峠への途中にある橋。西武線の上を横切る。

最近はダンシングでパワーストロークを試行錯誤、ああでもないこうでもないとやってるうちにいつの間にかコースを走り終えるというのもあるので坂道が苦痛ではない。むしろ多少緩やかな傾斜の方が良い練習になるのでそっちにバイクを走らせる方が多い。

まあ一種の病気だね。

病気といえば…トラ技練習を始めることにした。

シンガードをつけハーフヘルメットを被るとちょっとそれっぽい意識になるのは良いね。広場に行って何となくホッピングやら漕ぎ上げやらをやってるうちに時間が過ぎ今日は終了。

さて何をどう系統だてて練習するか、これからの課題。(画)

| | コメント (0)

2010年9月21日 (火)

ホッピングの心得

Cimg3128

この写真は登ってるけども……下りではホップを練習する。
ホップする時の心得としては、バイクが上に跳ねようとしてるかどうかを感じるようにすることだね。

なんて分ったようなこと言っちゃって。笑

でも無理矢理跳ぼうとしても全然バイクは跳んでくれない。ダートを下りながら不得意な右方向へのジャンプをしようとする時、特にそう感じる。地面に一度プッシュして瞬間的に跳ね返って来る感じを掴めば意外と軽く跳び上がれる。

どんな時でも無理強いは良いこと無い。力任せの悪い習慣がつくし体壊すのはそういう無理の積み重ねもあるし。

ダブルトラックを普通に降りてもつまらないので、フロントブレーキだけしか使わないとか。課題を考える。流水でできた浅い溝を伝ってゆっくりと下るのも面白い。大小の石が露出してるし段差もある。溝の両側は小さな壁になっていて前輪がとられる。

こういう場所をゆっくりと走るのはスピードを適当に出して一気に走り降りるよりスキルアップになるんじゃなかろうか。(画)

| | コメント (0)

2010年9月19日 (日)

クネクネ走行

Cimg3119

買い物にクルマで出かけた。連休の土曜日らしく国道299に自転車多かった。季節も気候もサイクリング日和。

ロード、クロス…MTBは見なかったな。
車道脇の歩道を走ってる人が多かった。ここ299は道幅狭く、車道を走るのはけっこう勇気がいる。僕は普段ほとんど歩道走行ばかり。歩行者がほとんどいない歩道、大型が多い車道。

ただロードで歩道を走るのはかっこ悪いし、車道に比べてがたがたしてる。溝もあれば段差もあるからそんな所をロードで走るのは気持ちよくもないだろう。

MTBで遊ぶつもりなら溝も穴も段差もトリックの練習と思えば悪くない。
マイペースマイMTBレッスン。
普段より交通量の多い国道の横にあるいつもの林道をダンシングで登る。

<ダンシング時の両足とバイクの傾き>

ゆっくりのダンシングでは踏み込んだ側のペダルが下死点に行かない前に反対側の足に重心移動する。早めに踏み込み運動に入る為だ。

重心移動したら即座に腰もそちらに移動、足や膝の力だけでなく腰から上体の重みをペダルにかけるように踏み込んで行く。

だから踏み込む度に体は左右に動く格好になる。
この腰の動きとは逆の方にバイクを振ってやると体重移動が楽になりペダリングもリズミカルになる。

さて>
パワーストローク練習で学んだペダリングはこれとは逆の動きになるような気がするんだがどうだろう?
(本当はよく分ってない でも書いてみる↓)

足の回転を速くしようとすると、上記のダンシングの仕方ではすぐに限界が来てしまう。バイクを左右に倒すのも、腰の移動の速さも。

腰を左右に移動させずにその場で足を可能な限りグルグル回す。するとバイクは踏み込む度にそちら側に倒れ、自然にハンドルは逆ハンになる。この繰り返しで走るとバイクは全体にクネクネと蛇行しながら走る(ように見える)。

フリーライダーの写真を見るとそんな格好でガンガン漕いでいる。
これが最近のマイテーマ、パワーストロークの形なのかな?(画)

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

プチホッピング解禁

Cimg3113

急に涼しくなったし、日も短くなった感あり。
出かけたら一挙に暗くなって来たので林道走りはやめて家そばの広場に向かった。夏草もお彼岸に向けてきれいに刈られているのを知ってたから。

<ホッピング>

かなり脚も回復して来た。今日から軽いホッピング練習。

連続ホップ。走りながら小さくホップ、ホップ、ホップ…。
次に横へホップ、逆側へホップの連続。小さく、小さく…。
進む方向に真っすぐに上がり真っすぐに降りるというのが案外できてない。左側にテールが流れ易い。足の構え方から来るクセだろう。修正しないとスピード出してのホッピングは着地の時に車体が横に捻れてしまいがち危ない。

右に跳ぶのがニガテ。
→ジャックナイフターンでリアを右に跳ばすようにして体の使い方を覚えさせる。

前しか上がらない時がある。
→後ろだけを上げるつもりの小さいホップを繰り返して自転車のどこに乗るか、体の位置を覚えさせる。

ホップの度に車体を回転。
→自転車の真ん中に乗って自分がまず回転。

これらはあくまでも小さいホッピング。最低限の動きだけで楽にできるようにすることが目標。(画)

| | コメント (0)

2010年9月17日 (金)

ダンシングで高ケイデンス

Cimg3104

猿に荒らされなければもう少し大きなのが穫れただろうに残念。
今年kyoちゃんがアトリエの横の畑で育てたスイカ、残ったのはこの一個。

でも食してみたら結構香りもあり甘みもある。黒い種も入っていた。小さいながらもちゃんとスイカだった。
アッと言う間に食べてしまいましたぁぁ。自分が巨人になったような。

今日はさしもの夏も遂に去り、急に秋になった感あり。寒いぐらいの天気だった。
雨の一日。降ったり止んだり。で、自転車練習はなし。
天気だけじゃなく、背中の両脇が痛いから休みは適当かと。でも痛いのは昨日のジテンシャのせいか…試しにちょっと小さいその場ジャンプを両足でやるとピンピンと響く。う〜ん、昨日ジャンプ練習したっけ?林道をノンストップヒルクライムはしたけど…

そっか!ダンシングで思いっきりケイデンス上げて走ったっけ。
ダッシュしてる感じだった。あのせいだな、この脇腹の痛みは。

<パワーストローク>
未だにピンと来ず。
右ペダルを踏み込む時に左ハンドルを引く。次に左ペダルと右ハンドル…と。一応形はできたみたい、でもこれが何なの?と言う感じ。

ただ分ったのは、右ペダル踏み込む時に右ハンドルを引くという普通の立ちコギでは、腰が左右にぶれる感じなので速くペダルを回すのは難。ケイデンスを上げるには腰をある程度その場に止めて股関節でぐるぐる回す。

こういうこともできるまでに脚の力も回復したってわけだ。(画)

| | コメント (0)

2010年9月14日 (火)

夏草はどこへ

Cimg3031

前日まで背の高い夏草をかき分けながら走っていた林道がこの通り。すっかり刈られて幅広い道路が出現。元々小さな峠を越えて村向こうに出るはずの道なのに工事中断してもう何年にもなる。

情報ではこの奥にゴルフ場を作る計画があったとか。折からの不況で開発が止まったらしい。山や森を潰すのは嫌だからそれは良かった。不況のおかげだ。でもシングルトラックくらい通してあっても良いのになと勝手に思う。道は中途で行き止まり、全くその先薮ばかり。踏み後も何もないんだからどうしようもない。

だから突き当たったところまでで往復する。登って降りるだけ。500mくらいのもの。
でも夕方のポタリングリハビリ練習ライド(長い命名)には適度な運動かも。流水でできた溝なんかにわざわざ入ってゴロゴロのところを乗車してみたり、荒れた路面でダンシングを試したり、コーナーでスライドターンやってみたり、ジャックナイフターン、ロックウォーク練習したり。誰も来ないからやりたい放題。

パワーストロークは未だ掴めず。(画)

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

暗くなってkyoちゃんジテツー出発

Cimg3027

【ブレーキング練習】

❶両輪ロックで制動距離を短く。かつ着実に止まる。を目標に。
ポイントは必ず車体(ホイール)は路面に対して直角。
「舗装路→未舗装路→砂利道」
「低速度→中速度→高速度」
と難易度を上げて行く。どこでも自信持ってブレーキロックで安定して止まれるように。

❷フロンとブレーキのみで止まる練習。
前ブレーキロック。徐々に速度を上げて、安定的に止まれることを確認したら後ろBを加える。姿勢が良くなってるのが分る。
バリエーション>山での緩い下り、ゆっくりの速度では前だけでスピードコントロールを試してみる。

【パワーストローク】

こんな感じかな?という段階。
腕の引きつけを意識しないでペダリングだけに集中してみた。

①左に傾いたバイク。右足ペダルを踏み込んでバイクを起こす感じ
②バイクが起き上がり垂直になった後
③右に倒れるバイク
④左のペダルを踏みバイクを起こしてやる。(=①)

この繰り返しでやってみたら少し進歩したか。脚を思いっきり速く回すとダッシュ練習のようだ。
問題は膝が伸びないので休む瞬間が持てない?。いや瞬間的ダッシュならこれで良いのか⁈(画)

| | コメント (2)

2010年9月 8日 (水)

ほんの少し涼しくなったか?

Cimg2892

3日ぶりのライド。

<ダンシング>
慣れて来ると、坂道が割と楽に登れることが分かった。サドルに腰掛けっぱなしよりパワフルでスピーディだし効率も良い。何よりも走りが開放的になる感じ。

パワーストローク。形だけならちょっと感じ出て来たかな?でもパッとその姿勢に入れない。少し考えてからでないとやれない。笑。

<山道>
下りではサドルをベタ下げするよりも適度の高さがあった方がバランスをとり易い。膝や腿の内側でちょっと触れてるだけでもバイクを制御し易い。登り時と同じ高さでもベタ下げより走り易いのが分かった。

ホッピングはし難い。下手すると○○な所を強打。怖い。

峠付近にある小さな登りのギャップで漕ぎ上げホップ練習。
全体が登りになっていて助走スピードを出せない場所でのギャップは平地の倍の高さになると思ってれば良いか。

一度もクリアできず。大汗。

段差のある別の場所を見つけたが50センチ以上あり、いざと前輪を載せた所で急にビビリが入り中止。もう少し低い所から練習したいなあ…。

<とりあえず>
自転車に乗るだけが現在のマイミッション。その他はおまけ。(♣ガハク)

| | コメント (0)

2010年9月 5日 (日)

再びディスクを洗浄

Cimg2926

♦kyoです。
ブレーキの効きがちっとも改善しないとガハクに言ったら、またディスクを洗剤で(今度は入念に)洗ってくれました。おかげで昨夜のブレーキング練習はビシッと人差し指一本でもロック!こうでなくちゃ。happy01
元々ヘイズのディスクブレーキは効きが良いそうですね。

さらにタイヤ交換もやってもらいました。後ろのタイヤにバースト寸前のキズが発見されたのです!何かにぶつかった跡のようでそこだけ薄くなってヒビも入っていて、そのまま走っていたら危ないことになっていました。coldsweats02
「たまにはタイヤも洗わないとね」
メンテナンスやっといて〜の乗りっぱなしのわたしです。

使っていない有り合わせのタイヤを填めてもらったので、前が2.25のボントレガー、後ろが2.1のリッチーになりました。前のタイヤが太いとフリースタイル、後ろが太いのがトライアルだそうですね。私はジテツー専門だからこれでオッケーnote

大理石に乗っている人はだいぶ出来上がって来ました。リジッドフォークのBMXでフリーに天を翔るケルビムです。(K)

| | コメント (0)

2010年9月 4日 (土)

ブレーキング練習しながらジテツー

Cimg2923

今日はチェーンの繋ぎ方を見学!講師はガハク。
やり方だけでも見ておいたらいざという時何とかなるかと思ってのことでしたが、古いピンの再利用で微妙な手技は手加減が難しそう。グリグリねじ込んではちょっと覗き、またグリグリ、、、

チェーンは度々チェックしておくべきものだそうで、私のバイクにもチェーンオイルを注したりしてもらいました。洗車までしてくれたのかと思ったら、
「ディスクの効きがちょっと悪いみたいだったから洗剤で洗っといたよ。途中で試してみて」とガハク。

言われた通りに道々でブレーキング練習。
人さし指一本では私の力がないのか、あんまり効きません。指を二本がけにしてやっとロック。パニックブレーキ練習になりました。街灯で明るく照らされた路面で見通しの良い所がある度に、キューッとブレーキをかけると同時に腰をシートから外して後ろに引く!これを繰り返していたのでした。(タイヤがすり減るのがちょっと心配?でもこんなもので簡単には減らないよと影の声)

しかし昨日と特に変わらないような気がしたので家に帰ってからガハクに報告すると、
「そういうこともあるよ。だんだんディスクが馴染んでくると反応が良くなるから」とか。そういうものなのですか〜gawk

写真の奥に見えるのは仕事場のフォークリフト。これも愛車ですheart
点検は自分でやっています。広場をぐるぐる回ってブレーキオイルを循環させて気泡がたまらないようにしたり、フォークを作動させてチェーンオイルを注したり、バッテリーが上がらないように車のと交換したりとかです。

今夜はまた熱帯夜が戻って来ました、ただいま気温26度。(K)

| | コメント (3)

2010年9月 3日 (金)

チェーン切れ初体験

Cimg2894

チェーンが切れた。
中学校裏の激坂登ってる時で、ぐっと体重をかけたらガクッと来た。最初ギアとびかと思った。それでもう少し回せばまたかかるだろうと腕を引いてさらに踏み込んだらバチンとクランクが空回りしてしまった。

(最初の衝撃で降りれば膝を打たずに済んだのに)

やっぱりギアが抜けたんだろうとバイクを見てみると、チェーンがダランと垂れていた。

あらま切れたのね。ツーリング行く時にチェーンカッター持ってくという話を聞いて、ええ⁈そんなもん要らんやろ。と思ってたがこうなることもあるんだね。初体験。

勿論何の道具も持ってないので家まで歩き。時々下り坂では股がる。
ジャンプしてみるとチェーンのガチャ音がないのは良いもんだ。何とかノーチェーン自転車ってできないもんかなあと妄想してみたり。

緊張するような大事な場面で切れたらどんなことになるだろう?
完成された道具、自転車の泣き所だな。

Cimg2898

家からそんなに遠くない場所だったから不幸中の幸。(画)

| | コメント (0)

2010年9月 2日 (木)

パワーストロークと急制動

Cimg3009

<パワーストローク>
どこへ行っても試してる状態。少しずつ慣れては来てるんだけど。なんかぴったり来ないなあ…へ;)
家の前の未舗装の林道の登りで試してみたらリアが滑ってしまう。パワーストロークたる所以かも知れないがこれでは実用にならない。さらに研究しますぅ。

村の中学校の裏側にかなりの激坂があるのを思い出した。

初心の頃はあまりの斜度にビビってしまったものだ。行ってみたら今ではそれほどのこともない。立ちコギでギアも下から3枚程度で難なく登れた。路面には所々苔が生えているがコンクリートだから多少滑ってもリカバーは容易。

ここでパワーストローク(逆手引き)を使ってみようとしたが…ん?手応えが…よく分からん。

下り。ブレーキはコントローラブル。滑って転倒という恐怖感もなし。
体力というより操縦技術が上がってるということ。

<急制動の練習>
最近は技の研究を少しお休みにしてる。その分プチヒルクライムで脚力をつけるような走りを毎日やってる。
それから必ずやるのが、ブレーキ練習。

両輪ロックで瞬間的に停まる練習。主に下り坂で、コントロールできるスピードから徐々にスピードを上げて挑戦。停まった直後に足を着かないのもポイントで、バランス訓練にも良さそうだ。

舗装路からダートまでどんな所でも瞬間制動が出来るようになれば走りの安定感、人車一体感も相当高まるはず。(画)

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »