« 蝶骨回りの柔軟性 | トップページ | チェーン切れ初体験 »

2010年9月 2日 (木)

パワーストロークと急制動

Cimg3009

<パワーストローク>
どこへ行っても試してる状態。少しずつ慣れては来てるんだけど。なんかぴったり来ないなあ…へ;)
家の前の未舗装の林道の登りで試してみたらリアが滑ってしまう。パワーストロークたる所以かも知れないがこれでは実用にならない。さらに研究しますぅ。

村の中学校の裏側にかなりの激坂があるのを思い出した。

初心の頃はあまりの斜度にビビってしまったものだ。行ってみたら今ではそれほどのこともない。立ちコギでギアも下から3枚程度で難なく登れた。路面には所々苔が生えているがコンクリートだから多少滑ってもリカバーは容易。

ここでパワーストローク(逆手引き)を使ってみようとしたが…ん?手応えが…よく分からん。

下り。ブレーキはコントローラブル。滑って転倒という恐怖感もなし。
体力というより操縦技術が上がってるということ。

<急制動の練習>
最近は技の研究を少しお休みにしてる。その分プチヒルクライムで脚力をつけるような走りを毎日やってる。
それから必ずやるのが、ブレーキ練習。

両輪ロックで瞬間的に停まる練習。主に下り坂で、コントロールできるスピードから徐々にスピードを上げて挑戦。停まった直後に足を着かないのもポイントで、バランス訓練にも良さそうだ。

舗装路からダートまでどんな所でも瞬間制動が出来るようになれば走りの安定感、人車一体感も相当高まるはず。(画)

|

« 蝶骨回りの柔軟性 | トップページ | チェーン切れ初体験 »

mtbとれーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蝶骨回りの柔軟性 | トップページ | チェーン切れ初体験 »