« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の記事

2010年12月30日 (木)

水は凍りて霜降りて

Cimg4469

4時半でこの明るさです。山仕事の人達が暗がりで道具を片付けていた冬至も過ぎて、夕焼けの雲が流れて行きます。国道299、いつもはダンプが行き交うのですが、さすがにもう仕事納めで昨日は一台だけしか見かけませんでした。

アトリエの水が凍ってしまって三日目。この冷え込みが一旦緩まないと水は出ません。沢から引き込んでいる水は周辺の林が伐採されてからはよく凍るようになりました。露出した地面はコチコチに凍結するのです。

今日は薪を運ぶついでに飲み水をたくさんペットボトルに汲んで持って行こうと思っています。
「ボトルの水だって凍るでしょう?」とガハクに聞かれたけど、部屋の中に置いておけば大丈夫!毎日ストーブ燃して仕事しているのでそこまで温度が下がることはないのですよ。

ガハクの左脚も一年がかりで治癒してきました。だいぶ足腰に力が入るようになってきて、昼間はいっしょに山に入って薪にするために枯れ枝を足で踏んづけてはボキッと折ったり、ノコギリ引いたり太い丸太を運んだりしています。ほんとに良かった良かったhappy01
「ああやっと普通に動けるようになってきたなあ〜」と本人も感慨深げです。(by kyo)

| | コメント (2)

2010年12月28日 (火)

畑の白菜と村のコンビニ

Cimg4437

もう畑の白菜が凍ってしまうほどの冷え込みです。
今日は外側の葉っぱをかき寄せてそっと包んでヒモで結びました。
頭にも3枚載っけておきます。
こうしておくと、真冬でも(とてもゆっくりですが)育って行くようなのです。

あとまだ何回キムチを漬けられるだろう?
小さ過ぎる白菜でも出来るかしら?
何とか頑張って育って欲しい!

この山の村にひとつだけあったコンビニがとうとう閉店してしまいました。行きも帰りも横を走ったけれど、昼間はクレーン車が来て看板外していたし、夜はまっ暗で淋しかった、、、、
たぶん10年くらいやってたと思うけれど、一日も休まずにやっていたお店が無くなるってほんとに淋しいもんですね。すっかり取り外された看板の裏側のむき出しの蛍光灯ボックスがビニールで覆われていました。たくさんあった自動販売機も無くなっていて、何度も振り返って見てしまいました。

閉店する理由がampmとファミリーマートと合併によるしわよせ。
これまでは11時迄の営業でやっていたのが24時間営業しなくちゃならなくなる。
こんな田舎じゃとても採算がとれないし。
元締めの会社は街場への出店を勧めるらしい。
でも自宅で店を営むのと違って毎日通うのは大変だから断念。
厳しい業界ですね。

でもまた元の酒店に戻すとの事です。
私としてはその方がうれしい。
昔のままの、ちょっとした食料品が置いてあるお店です。
これからはもっと地元のお店で買い物をしようと思ったのでした。(K)

| | コメント (0)

2010年12月26日 (日)

メリークリスマス

Cimg4314

去年のクリスマスプレゼントと同じものを今年も頂くとは思わんかった。
もうあのケガはすっかり治ったものと思ってたからね。
でも事ここに至ると二年越しで病気を治してるとしか思えない。

今の状態を説明すると、
痛みは足首外側とふくらはぎの外側と股関節。全て左側。
深く身体を前に曲げる(背中側が伸びる)と蝶骨付近に重い鈍痛。

でも寝てれば殆ど痛み無し。夜中に痛みで目が覚めることもなし。
朝も寝床を出たらすっと起きて歩けるし座れる。
少し脚が痛いが犬の散歩だって行けるし山道だって登り降り。

後はもう少し身体の柔軟性と言おうか、
どっちに曲げたり伸ばしたりしても不安なく動ければ万全。
そうなれば完治でしょうが。笑。

自転車には年内に乗りたい。
まあいつでも乗るだけなら乗れるけど寒いから気をつけないと。

さあてと。
健康体ならできて当たり前のように思ってる事、
歩いたり走ったり座ったり…
それができなくなった時の辛さを知った事はホントに良かったと思う。
当たり前の事が当たり前でなくなる。
当たり前だとそれまで意識してなかった状態がとても幸運なことに思えて来る。
しかもその幸運を再び取り戻すことができるという確信は
その当たり前がとても幸福な状況に思えて来るんだ。

今年のクリスマスプレゼントは二年越しのこの認識だった。
想像して分ったつもりでも体験して初めてその真の意味が身体にしみ込む。
しみ込めば必ず血や肉や骨になるからね。(画)

| | コメント (0)

2010年12月23日 (木)

冬至の月に照らされて走る

Cimg4418

十六の月が冴え冴えと山の稜線を照らしていました。
走り出した途端ドドッと風が横から一度吹いて来たけれど、後はやさしいあたたかい風でした。

背中のザックには昨日焼いた炭(一度に900グラムまで焼ける様になりました)と、小さな大根。キムチの中に漬込むために収穫したんです。あまりにも小さいから皮まで使っちゃうのだ!無農薬だから葉っぱだって食べられる♪

月夜を自転車で走るのはほんとうに気持ちがいいですね。
特に満月は道が明るく照らされていてどこまでも走って行けるような、行きたいような気分になります。
冬の月は真上に来るから尚更。

家に帰り着いたのが11時。今月の一日に漬込んだキムチをパンにのっけて食べる夕食はシンプルで美味しい〜。シュンシュンと炭火にかけた薬缶が鳴り出したのでコーヒーを入れました。

さて冬至の夜は長いのだ!何てったって一年で一番長い特別な夜。
じっくり味わって楽しもうと、それからキムチ漬けの仕込みをしました。
今回収穫した白菜はやや小振りです。
冬の寒さでゆっくりしか育たないし、青い葉っぱばかりが目立ってあまり結球していません。
それでもやっぱり自家栽培の野菜は美味しい筈!
なるべく外側の葉っぱも漬けようと、丁寧に洗いました。
これはお正月から食べ始めるつもり。

ガハクへのクリスマスプレゼントは、サンタさんにしっかりお願いしてあります。♦kyo♦

| | コメント (0)

2010年12月19日 (日)

今年のクリスマスプレゼント

Cimg4318

もう いくつ寝ると お正月?笑笑笑

この一週間、寝て起きる度に脚の具合が良くなってる実感がある。
おかげで寝るのも楽しいし起きるのも楽しい。
起きたらしなけりゃならないことがあってそれが面倒くさいことだとしても
一日の始りに起きるのが怖くないというのはとっても嬉しい事だ。

こんなことは健康な時には気づかず。

去年の今頃に山で転んだのがこの不調の始まりだった。
いったん回復したのは今年の春だったが今の感慨はその時はなかった。
その時だってひたすら嬉しかったが
もう二度とこんなことはないだろうと高を括ってたんだと思う。
甘かったわけだ。判断が。人間が。

これで一つ成長したかな?期待しよう(笑。

後はMTBerとしていつ自転車に乗り始めるべきかの見極めだな。
長く寝てたし動くのにも何とかだったから相当筋肉落ちてるよ。

ちょっとやってみるスクワットも恐る恐るだし、走るのはダメ。
だいいちバネを使って脚ピョンピョンなんて恐ろしくて未だ無理。
やっぱりクランクをぐるぐる回す運動から始めるのが良いかな。
クルクルクルクル…あんまり得意じゃないけど。

思えば去年のクリスマスにサンタから大きなプレゼントがあったんだ。
寝てるしかなかった身体が起きて歩けたってこと。

今年のクリスマスプレゼントのお願いは勿論もう決まってるんだよね。
「自転車に乗って…」

去年からウォッチして頂いてる方には少し??かも知れないけど
まあ二年越しの障害だと考えて頂ければ
今回がホントの回復だと思って下さい。
僕はそう思ってますから。(画)

| | コメント (0)

2010年12月18日 (土)

ヘルメットとハンドルカバー

Cimg4305_2

夜の道路は霜で真っ白になり、それが月に照らされてキラキラ光っています。
頭が寒くて冷えて、クラクラするので
もう堪らずに今夜からヘルメットにビニールを巻き付けました↑

暖かい部屋から突然寒いところへ走り出るのは血圧高めな私には危険!think
ちょっとしたアイデアだけど、これけっこう効果ありましたよhappy01
夏に風通しが良いように作ってあるヘルメットですが、
寒冷地の冬のジテツーには絶対カバーが要りますよね!

Cimg4306_2

↑これは昨シーズン作って活躍したハンドルカバーです。
納屋にしっかり保管してあったのを引っ張り出して来ました。
これを取り付ければさらに万全sign03
手袋に直接風が当らなくて家に着くまで手元ヌクヌク〜♪

但しいずれも夜のジテツー専用で深夜限定使用。
昼間はそんなに寒くないから。
それにチープが目立って恥ずかしいし。♦kyo♦

| | コメント (3)

2010年12月15日 (水)

暖かいですね

Dscf0031

寒くなると云われながら中々寒くならない。
暖かいのは良いけれどあんまりいつまでもだと心配にもなってしまう。
霜が下りたのは1度?2度?いつもの年なら考えられない暖かさ。
神経痛には良い環境かも知れないけど。

脚の調子は少しずつでも確実に戻ってる。
少し無理して動かなきゃならなかった後でも
それ程揺り戻しのような状態にならないで済むようになった。
朝起床時にすぐ歩けるし座ってもいられる。人間に戻ったような気分。
10日くらい前まではこれどっちもできなかった。
四つん這いでも痛いし。何とか椅子に座って
飲んだ薬が効くまで耐えていたんだから。

だから布団から起き出すのが怖くてイヤだった。今はそういうことはない。

今日は薬も半分。というより一日4錠を朝の1錠だけ。
少し後半痛くなったが現在夜の11時。軽く痛む程度。

山道を登る時に膝と腰に力が入るようになった。
後は自信がつけばもっと巧く動ける様になるに違いない。(画)

| | コメント (0)

2010年12月11日 (土)

お寺の屋根も修復中

Cimg4164

近くのお寺の屋根の修復。
瓦が剥がされ始めた時にはこんなに大掛かりなものとは思ってなかった。
本堂の屋根を全部ふき替えるらしい。
ぴったりと全面防水パネルを敷き詰めてその上に子割りを並べる。
その上に初めて瓦を載せて行く模様。
瓦自体も前のより一回り大きい感じ。

以前の工法では瓦の下は木のサンが縦横に張られているだけ。
たから瓦の下には天井との間に隙間があったということになる。
それが空調を兼ねていたのかどうかは分らないが、
今ここで行われてる施工法はそこを全く閉じてしまっている。
こっちの方が理想なのかどうかは分らない。
とにかく雨漏りには強くなるだろう。

毎日数人のヘルメットの鳶さん達が滑り易そうな屋根の上で動いてる。
見てると時々覚束ない足取りの人がいるのは慣れてないのか?
こうやって遠くから見てるから感じないけれど、
実際あそこに上がったらきっと高度感そうとうだろうな。
脚が痛かったら尚怖いだろうな。
でもやっぱり羨ましいような。

とにかく元気に動いてる人見るだけで妬み深くてしょうがない(笑。

犬との散歩から帰った後倉庫に眠ってるMTBに股がってみた。
スタンディング巧くなってない。でも脚に力が入らない。
自信がないらしい。すぐ終了。
やればできると思うけど。いやここは大事にと用心してしまう。
どうしてここで乗らなきゃいけないの?何て妙な自問をしてしまう。
バカな話だ。誰もお前に乗れと言ってないし(笑。

トントンと踵を軽く鳴らしながら歩いてみる。
足首を柔らかく使って膝のバネを使って気楽に。
でも脹ら脛に軽く突っ張りや痛みを感じるとまだダメか…
リハビリっちゅうのは根気のいる作業だなあ(画)

| | コメント (0)

お出かけ前のスタンディング♪

Cimg4209

もう5年も乗ってるんだからピタッと静止できるようになりたい!
ハンドルこじらずにスッとカッコ良く、、、とは思うものの
「肩に力が入ってるよ!」とコーチの声が飛んできます。
ぐらついて来たら少しだけペダル濃いでまた停止するという練習をしています。

田舎のがら〜んと誰もいない歩道で押しボタン式の信号を押して待っている間とか、
国道から脇道に入る為に車が途切れるのを待っている間、
そのくらいなら耐えれるスタンディングのレベルです。♦kyo♦

loveletterPS:ガハクやっと回復モードです。ほっとしています。たぶんクリスマス辺りにはかなり元気になるでしょう♪

| | コメント (0)

2010年12月 9日 (木)

フリーライド

Cimg4194

山に行ってノコギリ引きをした。
枯れ木はストーブの薪と炭の材料。
今までkyoちゃんがやるのを支えたりする程度
彼女は全く逞しいオバさんなのだ。

それが今日は遂にボクもノコをギーコギーコ…。
ようやく脚や腰や背中や腕に力が入るようになった。
でも余り続かない。すぐ疲れるし
結局お腹が痛くなっちまったよ、情けなし(笑。

でも結局リハビリ順調なり。

さてさて自転車にはいつ乗れるか?
まあ時間の問題だからあまり焦らんでも良いけど。

乗れる様になったら何しようかな?
先ずは平地を走る走る走る…飽きそうだなあ。
どうしてツーリングに興味無くなったのかと言えば、
旅に出たいと思わなくなったのと関係ある。
住んでる場所だけで充分面白いし満たされてる。

だから移動する為の自転車じゃなくて良い。
トライアルと限らなくて
ただ自転車に乗って楽しいことができればそれで良い。
フリーライドって便利な言葉もあることだし。

人生という乗り物にフリーライドと行こう!。(画)

| | コメント (0)

自然治癒

Cimg4207

今日も裏山奥の神社に登った。

昨日より雲も多く風もあり気温低め。
でも頂上では一瞬日射しがこぼれた。
トワンを呼び寄せトナカイとサンタクロース。でパチり。

脚の具合はさらに良くなり、関節が柔らかく動かせた。
息も切れずそんなにしんどくない。脚の運びまずまず。
一緒の登ったkyoちゃんの方が風邪気味で苦しそうだった。

少しずつ治って来ると気力も戻って来るらしい。
焦っても仕方ない、というより焦る必要なし。
自然力に任せておけば大丈夫。守られてると安心してるよ。
「神を試してはいけない」んだよな。

途中で細い蔦を見つけクリスマスのリースにしようかと採取。
そして又下りかけた途端ズルッ!フラフラー「あぁっあぶないっ!」
でも大丈夫だったけど去年藤蔦をとっていてケガをしたんだよね。
やっぱり蔦を採る時は要注意だ。
こいつは山道整備と称して山中で根絶やしにされそうになった
蔦一族の怨念の一部かも。
気をつけよ。(画)

| | コメント (0)

2010年12月 7日 (火)

修復中?

Cimg4177

裏山散歩道現在改装中。
こんな風に階段がずんずんできている。
以前にも階段は一部にあったものの土止めのような簡単なものだった。
今回の改築はそんなものではなく、ずっと念入りだ。

これはもう容易には自転車で上がれないだろう。
ちょと残念。
まあ下る分には一つのセクションだと考えてみれば良いかな。

上部に出る別ルートもあるし、
そっちの方が遥かに楽しい道なのでそんなに痛くはない。
でもちょと残念。

工事屋さん、て以前から余り「良い仕事」をしてくれない。
彼らの美意識と僕の美意識は相容れないんだもん。
整備したつもりでしょうが、破壊と裏腹じゃないか?
これなら何もしないで放っといてくれた方が良いのに。
って思う事が多いんだよね。

ま良いや。自然の力は凄いから。
人がやった事をいつの間にか自然に見えるようにしちゃったりもするからね。
雨降って地固まる。の逆で
雨が降って流水が道を破壊し
それから自然の地形に強引に戻して行く
そっちに期待しよう。
自然破壊の破壊は自然回復という代数的論理。

ところでここまで登るのに相当体力が要るというのが現在の体調で、
でも神経痛は今日は相当おとなしくしてくれたので歩けたし
朝から具合良かった。もう苦しみ始めてから2ヶ月になるから
いよいよ回復に向い始めたかな?と。期待も。

もしかしたらブログで皆が心配してるかも知れない
と思うと病状を一々報告するのも申し訳ない。
かといって「復活しました!」と嘘は書けない。

でもようやく明るい光が見えて来た。と言えるんじゃないか。
やがてMTBにも乗れ、
楽しい報告が出来る日も近いんじゃないかと。(画)

| | コメント (0)

2010年12月 4日 (土)

暖冬の『秩父夜祭り』

Cimg4155

アトリエで仕事していると、7時過ぎた頃ドドドーンと低い地鳴りのような花火の音が山の向うから聞こえて来ました。今夜は秩父夜祭りだったのですよ。毎年12月3日にやるんですよね。

一度だけ見に行きましたが(一度で充分)ぎゅうぎゅうの人ごみの中でジッと待っていると山車が坂を登って来るんですよ。一番急な場所に差し掛かった瞬間がクライマックスで、大玉の花火が連発で空中で舞うのです。満員電車のような人達が一斉に空を見上げて「わあ〜♪」と叫ぶので白い息がふわ〜と上がるのが面白かった。そんな思い出があります。

夜の国道299、最近は深夜便のトラックもめっきり少なくなって淋しいんだけど、今夜は乗用車が引っ切り無しに東京方面へと走って行きました。さすがに自転車はいなかったけど。もう夜の10時だもんね。

↑写真は裏山のてっぺんにある小さなお宮への参拝に向うトワン。白いシッポが可愛いでしょ♪♦kyo♦

| | コメント (0)

2010年12月 2日 (木)

白菜でキムチ

Cimg4150

今年も白菜キムチを仕込みました。happy01
毎晩自転車のライトで照らしながら夜盗虫取りをやった白菜、3株で4キロもありましたよ。去年の倍の重さで大きくて立派で味も良いようです♪

キムチはふつう二週間くらい置いてから食べるらしいですが、室温での発酵は早いので(半分は冷蔵庫でゆっくりと熟成させて時間差を付けて)一週間したら味見してみるつもりです。notes

想えば去年キムチを作った時はガハクの看病をしながらで、出来上がったキムチだって布団に寝たままで食べていたのでした、、、あの時に比べれば今のガハクはずっと元気。神経痛でビッコ引いたりしてるけれど、まあ焦らずゆっくり休んで治せばいいのですよね。

キムチは寒い朝鮮半島の食べ物できっと冷えには効くはずなんです。実際に去年はこのキムチを食べながら復活したんですから。

平和祈願のキムチ。どうか戦争だけにはなりませんように。♦kyo♦

| | コメント (2)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »