« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の記事

2011年1月31日 (月)

かなり冷え込んだ

Cimg4826

今朝の冷え込みは相当なもの。水道が凍って給湯器の湯が出ない状態。
これだと昼過ぎ迄出ないだろうな。
トワン用に置いてある外の水もかっきり凍ってしまった。
それを見せるとびびって近づかないトワンという図。

さて僕の病気も再発してからひと月。
やっと鎮静剤を飲まなくても生活できるようになった。
ここんとこ頻発して煩わされていた胸の痛みも
昨日はほとんどなかった。

ひと月前の再発する寸前の身体の状態を思い出すと、
その頃は今より動けていたんだからずっと元気だった筈なのに
夜は脚が痛くて中途覚醒なんかしてたんだから変なもんだ。

兆候を見逃すなということかも知れない。
上昇中なのか下降中なのか知るべきということかも知れない。
とにかく無理は禁物ということかも知れない(笑。

「絵があの頃は描けなかったでしょ?今は描いてる」とkyoちゃん。
そうなるように又試練が与えられたんだよという解釈。
多分そうだと思う。去年のほぼ同じ時期の病気に始って今回まで
ずいぶん長い間色んな事を考えさせられた。やっぱり一番は絵の制作のこと。

最近MTBに触ったのは数日前。
kyoちゃんのバイクが変な音がするというのでメンテ。
チェーンにオイルを注したらほとんど終了(笑。
この寒い中を彼女はほぼ毎日ジテツー。
今ではすっかり被り慣れたフルフェースのメットも
一昨年の台風の日の転倒を機に購入したものだった。
ここ一年半位の間に二人とも色々あったなあ。トワン失踪とか(笑。
僕はまだMTBに乗れない。
乗らないでいる期間がこんなに長いのも初めてだ。
いつ乗れる?犬の散歩に出られるようになれば乗れるかな?
焦る気持ちは全くない。MTBとのつき合い方もこれで多分変わるだろう。(画)

| | コメント (0)

2011年1月29日 (土)

氷も融けて春近し

Cimg4809

いつもガハクが自転車の練習していた広場を犬と毎日ぐるりと散歩するんだけど、山の影がだんだん引き下がってようやくお日様が全体に当るようになりました。もう春が来ている感じです。

アトリエまでジテツールートで見つけた川っぷちの氷や氷柱もだんだん融けてきました。沢から仕事場まで引いている水のパイプもやっと融けたし、太陽熱が地面を温め始めているのを実感!

水が凍っている間は次々と雑巾を換えては溜めこんでいたんですが、バケツにいっぱい水を張ってじゃぶじゃぶ洗って干しました。それが次の日はすっかり乾いていてカラカラになってる。もうほんとに春なんだね♪

ガハクはお家の中で活動中。パンを練ったり絵を描いたりゴロンとしたり。ときどき横になるのは脚の痛みではなくて胸の辺りの痛みのせいで、どうも肋間神経痛が出てるみたいです。そういう時は脚の痛みはぜんぜん意識していないんだそうで、まるであちこちに痛みが分散して行ってるみたいな不思議な感じ。

ゆっくりとですが着実に治っているのがうれしいです。(kyo)

| | コメント (0)

2011年1月23日 (日)

あと少しです

Cimg4700

やっと立ち上がって仕事できるようになった。
キャンバスの前に座ってるだけで疲れるということも発見w。
身体を直立させる為に背筋も使うらしい。背中が痛くなった。
それから腕を使い出したからだろうか胸の筋肉が痛い。
最初は筆を身体の前に持ち上げるだけでしんどかったからな。
立った生物体である為に人間はかなり無理してるということ。
ああこのまま寝ていたいよおぉ(笑
元々のだらしない性質が病気のおかげでさらにだらしなくなりはしないか?
ということを心配してるのは回りの人だけで、本人には全くそんな自覚はないのです。
痛みが消えればどんどん色んな事をやりだすに違いないのです。

夜はすっかり安心して寝られるようになった。
痛みの為に起こされ寝付けないで悶々とするということはなくなった。
寝ていればほとんど気にならない程度の痛み。
朝の寝床の中では治ったか?と思う程。

もうちょっとでしょう。(画)

| | コメント (0)

2011年1月19日 (水)

月光浴

Cimg4755

明け方の4時過ぎに目が覚めました。窓のブラインドの隙間から光が射し込んでいて、ああこれがゆうべガハクが言ってたのだとすぐに分ったので、布団から出てブラインドを上げに行きました。
「すごい強い光だから何かと思ったら満月だったよ」と。ちょうど布団に光がかかったからしばらく布団はがして月光浴をしたそうです。

窓辺に近づいてブラインドを巻き上げると、確かにちょうどガハクが寝ている布団を照らしました。月と窓とガハクが一直線に並んでる。寒いのでブラインドは上げたままにしてまた布団に潜って光が動くのを眺めていました。

だんだん光の角度が低くなって頭から足元までスーッとちょうど悪い方の左半身を照らすと、それから少しづつ弱くなってやがて消えました。月が西の山に沈んだのです。

というわけで、寝る前にガハクが、
「今夜も月天子に癒してもらおう」と言ってた通りになったんですよ。(kyo)

| | コメント (0)

2011年1月17日 (月)

プラットホームから冬富士

Cimg4704

今日はひと月ぶりにガハクと二人で出かけました。
武蔵浦和のホームから富士山が!
ずいぶん遠くにある山なのに、さすがに大きいですね。
頂上付近に雲が引っかかっている様に見えるのは、風が強くて雪煙が舞い上がっているからでしょう。

ガハクは冬の富士山に三回も登頂してるのですよ。
私はと言うと、やっと8合目辺りまで。
山登りをする人には二つのタイプがあって、よく嵐に見舞われる人と、いつもスイスイと予定通りに登って降りて来れる人に分れます。私は雨女らしい。

結婚したばかりの頃二人で白馬連峰の縦走をしたことがあります。ところが入山翌日からすごい暴風雨に見舞われて山小屋に避難して三日間動きが取れずに停滞、やっと下山したけれど夕暮れでバスもなく延々と歩き続けて最後はタクシーを呼んで終電にやっと間に合ったという散々な山行き。それですっかり懲りてあれから大きな山には行ってません。

今日はガハクの脚に都会のアスファルトがどう響くかと心配でしたが、何とか無事に仕事を終えることが出来ました。でも帰りの電車に乗り込んだ途端、知らないオジさんがサッと立ち上がってくれて席を譲ってくれたりしたから、脚を引きずっていて痛そうに見えたのでしょう。

ガハクは先に寝てしまいました。左脚もだけど、久しぶりに使った背筋や腹筋それと胸の筋肉が疲れたもよう。明日はもっと回復しますように。そして少しづつ丈夫になりながら楽しく愉快にやって行けたら良いなあと思っています。shine

| | コメント (0)

2011年1月16日 (日)

少しずつ回復

Cimg4680

初雪。朝日に山が光る。
古傷が再発して以来、寝るのも起きるのも随分早くなり
最近はすっかり朝型の健康生活。
こんな事でもなければずっと夜型の人生で終わったかも知れない(←大げさ?。

バファリン飲んでれば痛みも遠のいて普通の心理状態で暮らせる。
でも未だ身体は全く戻ってない。再発が怖いので非常に用心深くしている。
運動と言える程の事はしていない。ようやく軽いストレッチをし始めた。
散歩もしていない。庭をゆっくり歩く程度。
部屋の中で立ったり座ったり横になったり。

昨日はパンを練ることができた。
大きなボールを膝の間に挟んで粉を片手でこねる。
何十日ぶり?こんなに力いるのか?腕と肩甲骨が酷く疲れた。

そして今日は油絵具練りの作業ができた。
大理石板を前にして少し前屈みの姿勢での作業だ。
パン練りよりも時間も力も要る。途中で休んだが一色練れた。
何よりも二階のアトリエに上がり窓から外を眺められたこと。
描いた絵に囲まれて過ごす時間。
贅沢な時間を自分は又取り戻しつつあるという喜び。

外をずーっと歩くこと。自転車に乗って走ること。
この二つが次ぎの目標だな。(画)

| | コメント (2)

2011年1月15日 (土)

エナガは朝早くやって来る

Cimg4581

90%以上が山林のここらでは野鳥にとって庭も山も関係ないんでしょうね。エナガは小さめで、私にはスズメと大して違わないように見える、割と大人しい優しい鳥です。

ピラカンサの赤い実が寒さでしんなりとなっているけど、ヒヨドリは毎日やって来て食べています。他の鳥を追い払うほどで、あのちょっと熟した実が美味しいらしい。
ツグミも食べにきますが、ヒヨがイジワルなので地面に落ちた実を拾って食べているのが不憫、、、、それとも地面を歩くのが好きなのかな?

ガハク室内でやっと日常感を取り戻しつつ社会復帰。この2週間は長かったけれどだいぶ痛みの正体が分ったように思います。つき合い方もこれからのこともいろいろ分ってきたし、ガハクの云う事も少し変わってきてびっくりもしているのです。(by kyo)

| | コメント (0)

2011年1月12日 (水)

雲堤に月

Cimg4637

出かけるのが遅くなったけれど、今日もやっぱりbicycle自転車にしました。
車で10分早く着いたとしてもストーブを燃やして部屋が暖まるまで時間がかかる。
その点、自転車ならば背中がちょっと汗ばむくらいの自家発電♪

今夜は山の向うに雲の堤が広がっていました。
冬型で日本海側は吹雪いているのでしょうか?
雲のカーテンを押しやったような群青色の空にうす雲に包まれた月が冴え冴えと浮かんでいました。
いつもこうやって月を眺めているのだから、月の方もこっちを見ているんだろう。
ガハクが月なら、そのちょっと下に光っている星が自分だと思うとちょっと楽しくなりました。

ガハクはやっと治りかけた股関節をお風呂の中で変なふうにひねったらしいのです。
本人の感覚では三日後戻りしたような痛みだそうで、これじゃまるで双六、振り出しに戻らぬ様に今はじっとただただ辛抱の時です。(by kyo)

| | コメント (0)

2011年1月 8日 (土)

光る川

Cimg4545

今朝は−4℃、この冬いちばんの冷え込みですが、うれしい朝です♪
なぜならばガハクがやっと起き上がって動けるようになったから。

トワンの水も毎朝ガラス板のように凍っていますが、川の水は凍りません。
新春の光を反射してキラキラしながら流れて行きます。
この高麗川はやがて荒川になり東京湾へ注ぐのです。
昔はここらの山の木が筏に組まれて江戸に運ばれたとか。(by kyo)

| | コメント (0)

2011年1月 6日 (木)

北風の向かい風

Cimg4531

ガハクの脚の痛みがだいぶ和らいで来たので、私Kは昨日からジテツーを再開!
今日は風が強くてなかなかスピードが上がりませんでした。
ギアをひとつ低くしてみたけどノロくてやってられないので、度々立ちコギbicyclesweat01

私が自転車でアトリエに通い出したのがちょうど5年前の大晦日なのです。
この5年の間に人間の方は何度も故障しているのに、、、MTBってほんとに丈夫。
でも体重が軽くなったのとバランスが良くなったので人力駆動するのには楽になりました。
それにもう絶対に転ばないように慎重にやってますから、そこら辺は前と違ってずいぶん知恵がついたと思っています。

さて、ガハクもまだまだ完全ではないことだし明るいうちに帰宅しようと、5時に道具を片付けて走り出したのが5時15分。しかし山の夕暮れは早い!
すでに山は黒い影になっていて西の空だけが少し明い程度でした。

家にだんだん近づくと、窓に灯りが!
痛い脚を引きずって電灯を点けてくれたらしいです。
それを犬のトワンが驚いて見上げていたとか。

痛めた股関節を動かさないようにじっとしているのは随分辛いことのようです。
それでもそうやって治すしかないと、病院嫌いのガハクはよく耐えていました。
ここまで回復して来て本当にうれしいです。
実は私の方が弱音ばかり吐いていたんですよcoldsweats01(by kyo)

| | コメント (2)

2011年1月 3日 (月)

お正月の空

Cimg4486

犬と散歩しながら空を見上げると、どんどん白い雲が流れて来るのが見えました。

この辺の山は植林された杉が多くて中を抜ける山道も暗いのですが、雑木林に出ると急に空が開けてからんとした良い気持ちになります。

今日は犬といっしょに裏山のてっぺんにある小さなお宮まで初詣に登りました。ほんとうはガハクといっしょにみんなで元旦に行くつもりだったのです。それがこんなことになっちゃったので、
「ガハクの脚をどうぞ早く治してください」とお願いしてきました。

山のお宮はきれいに掃き清められていて小さな鏡餅もお供えしてありました。竹と松のしめ飾りにまっ白の御幣がキリッと回りの空気を引き締めていました。(by kyo)

| | コメント (2)

2011年1月 1日 (土)

またもやビビッと痛みが!

皆様明けましておめでとうございます。
今年も『 Kと画伯のMTB』をどうぞよろしくお願いいたします。

2011年の幕開けはこちらは風もなく穏やかなお天気でした。
↓町田康のパンクロック聴きながら(犬といっしょに?)歌ったりしているガハクであります。

実はガハクは一昨日にまたもや治りかけの股関節を痛めちゃったのです。山で薪を拾っている時に太い丸太を持ち上げようとしてビビッと痛みが走ったとか。

本人もですが、私もほんとにガックリしました。でも大晦日はじーっと布団の中で痛みに耐えて大人しくしていたおかげで元日の今日はやっと起き上がることができました。これなら重症にならずに回復しそうです。

慎重に行動していたつもりでしたが、思っている以上に寒さの中での筋肉への負担というのは大きいようです。冬場は入念にウォーミングアップしてから動かないといけませんね。
「調子に乗り過ぎた。せっかく階段もススッと歩けるようになっていたのになあ、、、」と反省しきりのガハクです。まあでもおかげでゆっくりといろんな話をして過ごした年越しでした。

この一年ガハクが布団の中で過ごした日数を数えたら一体どのくらいになるでしょう?
「横に広がる思考は縦に積み重ならない」のだそうですが、さて彼のこの経験が何をもたらすか?楽しみでもあります。

二日くらいには自転車に乗って走っているところをブログに載せたいと思っていたのですが、まだもう少し先になりそうでごめんなさい。でも元気ですよ二人とも。(by kyo)

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »