« 犬の散歩に行けました | トップページ | 裏山に上がったよ »

2011年2月12日 (土)

雪の中を散歩

Cimg4967

とうとうまた雪降りましたねえ!
朝から細かい雪の粒が降ったり止んだり。森の木に白い綿がたくさん乗って庭もまっ白に。でも草の上や木の葉が白くはなるがアスファルトの上なんかはどんどん融けて中々積もらない。裸の地面も黒いままだ。全然降りそうもない天気が続いたと思ったら突然の雪。雪降る時っていつもこんな感じ。唐突に降る。

トワンと散歩に出た。目標の犬との散歩二回目。
川に行ってから森に入った。足はよく動くし息切れもしない。これなら復帰も近いと希望が膨らむ。

トワンが去年一時行方不明になったのは大雪が降った三月のことだった。雪の中イノシシを追いかけて行って帰り道が分からなくなったらしい。雪は融けてしまえばあった筈の臭いを水に流して消してしまうということだ。5日間死ぬ思いをした経験は彼の中にどの位記憶されてるんだろう?

こちら→トワンの失踪顛末

あれ以来山の中でも呼べばすぐに戻って来るし余り遠くに離れて行かなくなった。
この雪は去年の失踪遭難以来のものじゃないか?これ見てどう思うんだろう?苦い思い出が蘇って来るだろうか?暗い山の中で味わった飢えと寂しさ死の恐怖を思い出すことがあるだろうか?

遭難以来の体の衰えは数ヶ月してやっと復調したように見えた。最近はまた以前にも増してがっちりした体格になってる。数日の遭難による消耗を戻すのに犬でさえ数ヶ月かかるのを思うと自分の病気回復がそう短期間にできるはずもないと今更ながら思える。(画)

|

« 犬の散歩に行けました | トップページ | 裏山に上がったよ »

リハビリ3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬の散歩に行けました | トップページ | 裏山に上がったよ »