« 音色にうっとり | トップページ | 快挙! »

2011年5月 1日 (日)

パッドがすり減ったまま乗ると

Cimg5717

kyoちゃん号も新しいUNEXのパッドに替えた。
でも効きがそれほど良くない。特に前輪がパットしない。おやじギャグ?
そこで観察してみましたkyoちゃん号の前輪のディスクローター。
画像じゃ判然としないがヘヤーラインは一部にしかなくて
他の部分には錆びた時できるようなぶつぶつがいっぱいある。
つまりこれはブレーキパッドがしっかり当っていないと云う事だ。
以前パッドがすり減って完全に無くなった状態で乗車していた。
そのツケが回ったって事だろう。
因にこの裏面はディスク全体にばっちりヘヤーラインができている。

そこで、ディスク全体を耐水ペーパー#130でスリスリしてみた。
もっと荒いのでも良かっただろうけど手持ち無し。
30分以上やったかな、ぶつぶつもだいぶきれいになった。

セットしてみたが制動力、上がったか?
上がった様なそれほどでもない様な…まあこれで暫く乗ってくれ。

一方ガハク号はすっかりブレーキが効く様になったので楽しくて仕方が無い。
村内一周した後、広場に行きスラロームやったりリアスライドしたり
土手降りをやったり…色々遊んだ。
しかしジャンプは絶対やってはいけないのだ。
広場の隅にオブザーバー。
Cimg5719


|

« 音色にうっとり | トップページ | 快挙! »

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音色にうっとり | トップページ | 快挙! »