« 梅雨明け | トップページ | へも・ぐろ・びーん! »

2011年7月14日 (木)

山道でのペダリング

Cimg6154_5

山道をダンシングでゆっくり登っていて思いついたペダリングのコツ。

殆ど歩く様なスピードで登る。
その時に片側ペダルが下まで降りきってしまうとリアタイヤが止まり自転車も止まってしまう。逆側のペダルを踏み込む時は坂道での途中発進の状態。だから滑り易い。それはそれでバランス練習になるし良いんだけども、毎回ずるずる滑るのをこらえながらも辛い。

そこでペダルが下死点に達しないうちに逆ペダルを踏み込むには?と考えた。

踏み込む?
未だペダルがクランクの後半部にあるのにそれは物理的に無理。ビンディングペダルでもないのに回転力を伝える事はできない。

そこでできるだけ早い時点、高いペダル位置から踏み込む事が肝か。

ところが。
高い位置にある足に力をかけようとして身体を起こしてしまうと逆側のペダルから力が抜けてしまう。早いタイミングでペダルを乗り換えようとすればする程この現象が早く起きる。
クランクの回転を止めない為に力を最大限まで使う事を犠牲にしている訳か?

解決法。
ペダル乗り換えの時、腰の位置はそのままに股関節の曲げを強くして膝だけ上げる。
下に降りてく足には腰から体重をかける為に股関節を伸ばし、これから踏み込む足は股関節を曲げて膝を上げそこに体重をかけて行く感じ。これでOK!ついでに言えば下のペダルは靴裏で引き上げるのも意識すると。

股関節が軟らかく動かないとダメだな。ストレッチはそこんとこも意識してやっていかないと。(画)

|

« 梅雨明け | トップページ | へも・ぐろ・びーん! »

ペダリングのコツ」カテゴリの記事

コメント

いよいよMTBライフ始動ですね!

僕も以前 負担がかかり過ぎると 股関節がズキンと痛む事があったのですが
歩き始める前のストレッチを徹底する事で 改善してきましたよ。
数年かかっていますけど。

投稿: ニコ | 2011年7月20日 (水) 10:17

やっと気持ちよく乗れるようになりました。
体力も乗ってればそのうち何とかなるでしょうw。
ストレッチ、筋トレと少しずつ毎日続けてます。
強い身体は月単位年単位でしか作れませんね。
MTBライフは永遠なり。

投稿: ガハク | 2011年7月20日 (水) 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨明け | トップページ | へも・ぐろ・びーん! »