« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年4月の記事

2014年4月24日 (木)

山道押し登りに新技

細道の押し登りにストレスがなくなった。
というのも新しい方法が見つかったからだ。
て言うか既にあったんだろうけど、またはどっかで見た事があるとか。ツイッターでご教示頂いたのはオートバイトライアルの技術で「カトー」というのがあるそうでそれの応用でもあるとか。

バイクの左側に立ってるとすれば左手はグリップ、右腕をハンドルのステム寄りに下から通して肘の内側で脇に囲い込むように持つ。そのまま山道を登れば自然にバイクは自分について来るというもの。
これは楽チン。

もう一つは「逆持ち」
バイクを進行方向逆向きにしてフレームのサドル近くを片手で持ち後輪から持ち上げる方法。
前輪はキャスター角?の為に進行方向に自然について来る。大きな段差はこれで比較的楽に登れると分った。

さあこれで明日からもっと楽チンな押し登りができるぞww(画)

Dscf5093


| | コメント (0)

2014年4月20日 (日)

スローパンク

アトリエに出かけようとしたら、後輪がぶわぶわ、、、、やっぱりパンクしていました。ゆっくり3日くらいかけて空気が抜けるんですよね。スローパンクです。

水を張った洗面器にチューブを沈めてパンク箇所を探したら、米粒ほどの泡がのんびり浮かんで来る程度のほんとに小さな穴。ガハクがサンドペーパーをかけて直してくれました。

夜になって雨が降り出したので、今夜は久しぶりに雨具装着での走行と相成りました。秩父から行楽帰りのクルマに次々と追い越されながらちょっと緊張(いつもはガラガラの国道299なのです)。これからゴールデンウィークにかけていつもと様子が違うので、慎重にジテツーしなくちゃね。(K)

F1000001


| | コメント (0)

2014年4月18日 (金)

いきなり2日目

今日も乗った。というか押し登りしてダウンヒル。
脳内シュミレーションでここはこういう風にコースをとれば行けるはずと思ってもいざ自転車で下り始めると一瞬で通り過ぎてしまう。
後ろ重心にならないようにとすると前のめりが怖くてブレーキを思いっきりかけられない。
後ろに体を移動すると車体のふらつきをとめられない。
ブレーキングと重心移動の難しさ。
キツい段差はしっかり下車していますです。(画)

Dscf5091


| | コメント (0)

2014年4月16日 (水)

いきなり山道ダウンヒル

春の穏やかな夕暮れを眺めてたら自転車に乗りたくなった。
自転車を出しヘルメットとグローブをつけていつもトワンと散歩に登る山道に向かった。
先ずはすぐの裏山の林道をゆっくりと立ち漕ぎで登る。
大丈夫。コース自体が慣れてるからなんてことはないけども以前から毎回敗退しているゲキ坂で当然の如くやっぱり敗退し引き返した。
それからこれも散歩で毎日登りながら自転車で降りる時のコースを脳内シュミレーションしてた山道を自転車を押しながら登る。息が切れるのはどうってことないが担ぐときにフレームが肩にあたってヒドく痛いんですけど。
頃合いを見て自転車を180度回して股がりゆっくりダウンヒル開始。
思ったようにコースとれないねやっぱり。
予想よりも体が動いた感じはするが腕に相当の力がかかってたみたい。
脚はなんともなし。やっと自転車に乗れた(乗る気になった)という満足感。(画)

Photo


| | コメント (0)

ニホンカモシカが現れた!

桜が舞い散る中をMTBで走るのは愉快です♪

アトリエに着いてふと畑を見ると、、、やっと伸びて来たルバーブがツルツル天にむしられているではありませんか!何者の仕業かと観察すると、どうも草食動物のようでした。猿だったら、あちこちに食べ滓が散乱しているはずなのです。お行儀が悪いのが猿の特徴。その点、今日の食べ方はきちんとしています。

すっかり辺りは暗くなってアトリエの中でコツコツ石を彫っていたら、、、
外からフォゴフォゴフガフガ、、、聞き慣れない音が!

Dscf5072

自転車で走っていてイノシシには何度も遭遇したことはあるけれど、カモシカは初めてです。(K)


| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年6月 »