« 2016年12月 | トップページ

2017年6月の記事

2017年6月26日 (月)

久しぶりのパンク修理

帰ろうとしたら後輪がペッチャンコ。久しぶりのパンクだ。早速修理に取り掛かった。万能修理工具はいつも持ち歩いている。スペアチューブもあるけれど、急ぐ旅でもないからパッチで穴をふさぐ事にした。

ところが、タイヤをリムから外す為にヘラでこじっていたら、手が滑って自分の顔にストレートパンチを食らわせてしまった。coldsweats02目の辺りだったので、青アザにでもなったら夫婦げんかしたみたいに思われる、、、すぐにバケツの水で顔を冷やして指で指圧して痛みを散らした。鏡を見たら大丈夫そうだったので、作業続行♪

ガハクのアドバイスを思い出した。自転車の本体の寝かせ方だ。
「そっとプーリーを痛めないようにして、ディレーラーを上にしておいた方がいいよ」というのだったな。

取り外したチューブに携帯用空気入れでエアを入れて、バケツの水の中に押し込んだ。パンクの穴はすぐに見つかった。一箇所だけだ。小さな穴だけど、立派にパンクだ。『イージーパッチ』というのがバックに入れてあった。半透明の絆創膏みたいな真四角のテープだ。紙やすりも一緒に入っていた。修理箇所をこすってからパッチを貼った。ヘラで圧力をかけて接着。便利なものだ。

あとはスイスイできた。このMTBに10年乗っていてパンクはこれで10回以上はやっている。今月はピンチだったが、ここを乗り越えれば楽になる。来月になったらタイヤを買おう。凸凹がすっかりなくなってツルツルになっている。よく頑張ったね、私もタイヤもheart04。(K)

F1000041


| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

峠のシングルトラック

アトリエにMTBで通うようになって早10年。片道6キロの道のりも10年の間に随分変わった。あちこち補修されたり広げられたり歩道ができたり。1年前にこの山道のシングルトラックもとうとうフェンスが張られた。急斜面の草原を見下ろすと、西武秩父線の線路がある。ハイキングの人が線路に立ち入ったりしないようにという配慮もあるだろうけれど、鹿やイノシシの横断を阻むためもあるのだ。

いつもは国道を走るのだが、今日は帰り道に久しぶりにこのシングルトラックを走ってみた。荷台にはアトリエの畑で収穫したジャガイモとキャベツが括り付けてあって重かった。なので、急な登りは自転車から降りて押した。これがなかなか大変で、すっかり残りのエネルギーを使い果たしてしまった。自転車は降りるもんじゃないな。やっぱりペダルを漕いで走った方がゼエゼエ息が切れても爽快なのだ。ときどきまたこの山道を走ろう。(K)

F1000040


| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ