kelvim.cocolog-nifty.com > Kと画伯のMTB写真集

セミの羽化

セミの羽化

いつも家に帰り着くと、まず犬のトワンが出迎えてくれる。でも今夜はもう1匹、生まれたばかりのセミが待っていてくれた。

家の外壁に小さな黒い影・・・・・蛾とか、毛虫とか、嫌いなものばかりを想像しながら、自転車のハンドルバーからライトを外して、そっと照らしてみた。

そしたら、羽化したばかりのセミが!

うすい若草色をしていて、まだ殻から出て来たばかり、逆さにぶら下がっている。
すぐに画伯もやって来てみんなで深夜の撮影会だ。
Kyoちゃんが照明係、画伯はカメラマン。

煌々と2方向からライトアップされたセミは(自転車用のライトを使用)、見えているのか見えていないのか分からない真っ黒なビーズ玉のような目を開けて、微動だにしない。
きっと血が全身に行き渡り、命がみなぎるのを待っているのだろう。

| トップページ |