こんな何でもない道が好きだ。周囲がすっきりと見渡せるよりも、視界が利かないことで囲い込まれている安心感を感じる時もある。子どもの頃の思い出に繋がる何かがそこにはあるのかも知れない。