峠に上がると、秩父側から風がどおっと来た。誰もいない。
(新)正丸峠はいつも大変な人だという。
このツーリング記録はこちら