この階段、この横を何度通っただろう。一度も上がったことがない。自転車を担いで行けばいつでも行けるはずだが、今度ね、と言う感じでいつも通り過ぎてしまう。